ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

漫画の作者のコメント ( 海外フォーラム ) 

元記事:Mangaka manga comments
http://myanimelist.net/forum/?topicid=63122



Cihan ( 男 )
漫画雑誌や単行本の最初か最後に作者のコメントがあるのは知っているよね? あのコメントってどうしてあんなにどうでもいいようなのや奇妙なの内容のものばかりなんだろう?

西洋のコミックにも時々コメントがついている物があるけど、こちらの場合はとても理路整然とした、作品の内容に関する文章になっている。それが漫画と来た日には、ほとんどあらゆる作者のコメントが、雑談みたいな内容なんだ。

これが不満なのかそうでないのか自分でも良くわからない。というのも、しばしばそういうコメントも愉快だったりすることがあるから。けど、何故? という疑問はある。時々、彼らが自作について語って欲しいと心底思うことがある。

shinkeikaku ( USA / 女 )
出版物によるかな。自作に関する内容に終始するコメントも存在するし、私もそういうコメントの方をずっと好む。創作過程に関するいくばくかの洞察を与えてくれるから。私は作品に無関係のコメントは気にかけない。

Ontario ( カナダ / 男 )
Dr.スランプ』の鳥山明の雑談コメントが好き。

Baman ( 男 )
ヘルシング』の単行本にあったルークとヤンのコーナーにおける平野のとりとめの無い話ほど無作為で狂気じみたものは他に見たことがないよ。気妙なキャラクター・プロフィール、毎度繰り広げられるパロディー。それから巻末の彼がわめき散らすページは、いつも必ず奇妙で変態じみた歌やおしゃべりで終わるんだ。

MotokoAramaki ( USA / 女 )
私は基本的に平野は気狂い正気を失っているものと思うようになった。『ヘルシング』は大好き。けど、彼の短期作品、特に『進め!以下略』とか読んだことがある? あれは作品全体が一つの大きな気の触れた長話みたいだよ。

Liquidize ( USA / 女 )
同意せざるを得ない。もしあなたが『ヘルシング』の単行本を持っていたら、いくつかのちょっと普通じゃない絵にも気づくでしょうね。

Plate ( 男 )
あー、うん。彼はかなり狂っているね。Bamanのコメントにもあるように彼の巻末コメントは本当に奇妙だよ。
わかんないけど、もし私が漫画を出したら、私もおかしな個人的内容のコメントを書くかも。

ShaolinRibiero ( USA / 男 )
無限の住人』の作者である沙村広明は『ブラッドハーレーの馬車』のあとがきで完全に気の触れたコメントを書いているよ。信じがたいほどに暴力的で、感情的で、辛らつで、そして悲劇的な作品の最後で、彼は軽薄なノリで、元々はセクシーでエログロでレイプありの物語を書きたかったが、実際に描いてみたらもっとシリアスなものになってしまったと書いているんだ。
コメントの中には、彼がこの作品のタイトルを「クール過ぎて鼻血が出る」と付けたかったという内容もあり、そのほかの子供じみた数々のコメントも含め、シリアスな性質の作品にまったく合っていない。本当に混乱させる。

MagicalEmi ( USA / 女 )
ちんつぶ』の作者のコメントが好き。彼女がアシスタントをペニス博物館に連れて行って、そこで見たあらゆる物について語るやつ。

MillionsForks ( 女 )
蟲師』のコメントは一番漫画に関連したものだと思う。各話に関するちょっとしたコメントと、ストーリーの影響などだけど。興味深いけど、深く言及しすぎない。

それから平野は素晴らしいよ。全く意味不明だけど、彼のコメントは面白過ぎる。『トライガン』の内藤の場合は平野よりは多少まとも。彼はコメント自体は書かないけれど、漫画の形で描いている。その内の半分は意味不明だけど、ときどき作品に関することが出てきたりする。内藤も平野と同じように単行本でパロディを描いている。どちらもヤングキングアワーズから出版されているところを見ると、この雑誌の出版社ではそういうことをするのが許されているんじゃないかな。

西洋のコミックのコメントは作品に関して言及されていて面白いよね。彼らは読者に作品について語ろうとする。もちろん、ジョークがちらほら混じることもあるけど、大抵は作品自体にフォーカスされている。日本人はより個人的なアプローチを取っているように見える。漫画そのものよりも彼ら自身の体験などにフォーカスしているんだ。

The-Last-Blaze ( UK / 男 )
D.Gray-man』のコメントは笑ってしまう。いっつも最初に同じコメントが出てくるんだ。

「桂は猫を溺愛している」

......一体全体なんなんだこれは?

Kineta ( カナダ / 女 )
私が思うに、自分の生活についてクレージーでとりとめもないことを書く漫画家は、控えめな性格の人なんじゃないかな。彼らはあまり公の場には出ない傾向があるから、そういったコメントが彼らの個人的なことをファンに伝える一つの手段なんだと思う。



『ブラッドハーレーの馬車』が読みたくなりました。

いわれてみれば単行本とかの巻頭/巻中/巻末コメントは大抵作者の近況報告ですね。自著の解説をされるよりもそういう気楽なエッセイ感覚のコメントの方が私は好きです。そういうコメント自体存在しない漫画も結構ありますけど、なんかコメントが無いと寂しかったりします。たまに本編よりそういうコメントの方が面白かったりする人もいたり。




ちんつぶ 3 (3) (MBコミックス) (MBコミックス)ちんつぶ 3 (3) (MBコミックス) (MBコミックス)
大和 名瀬

無口な恋の伝え方 (キャラコミックス) ちんつぶ 2 (2) (MBコミックス) ちんつぶ 1 (1) (MBコミックス) 教師も色々あるわけで (ビーボーイコミックス) 便利屋さん (GUSH COMICS)

by G-Tools
[ 2009/03/02 23:17 ] 海外の反応 - 漫画 | TB(0) | CM(39)
漫画じゃないが、ヤマグチノボルのあとがきは凄い
[ 2009/03/02 23:21 ] -[ 編集 ]
むしろ雑談のほうが聞きたいな。
いちいち漫画について語られると、口うるさいセールスマンみたいな感じがしてしまう。
[ 2009/03/03 00:00 ] 67oAcE0k[ 編集 ]
本来、本のまえがきやあとがきって、その本の成り立ちを知るものだろ。著者がどんな人か知ろうなんて考えたこともないな。
[ 2009/03/03 00:08 ] -[ 編集 ]
テレ隠しみたいなもんだろ
「あの必殺技は2巻で出てきた、武士道仮面の…」
とか本気で書いたら恥ずかしすぎるだろ
[ 2009/03/03 00:43 ] -[ 編集 ]
ブラッドハーレーはトラウマになるよな・・・。
[ 2009/03/03 00:56 ] -[ 編集 ]
向こうではまだ厨二病という病が一般的に認知されていないからな・・・
[ 2009/03/03 01:02 ] IGFzSvUY[ 編集 ]
三浦健太郎が雑誌に書いてる一言は面白すぎる。
ttp://blog.livedoor.jp/sasayakana_tanoshimi/archives/891977.html
[ 2009/03/03 01:07 ] -[ 編集 ]
久米田センセのマガジン巻末コメントは必見。
[ 2009/03/03 01:41 ] -[ 編集 ]
雑誌の巻末コメントと単行本ははまた違う気がするけど・・・

日本の作家の中には、自作解題は気恥ずかしいと思う人が多いんじゃないかな
[ 2009/03/03 01:56 ] G1tBPjto[ 編集 ]
日本は日記文化だから。
心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくる…、つまり、色んなどうでもいいことを、何となくだらだらと書き付けるというのは、日本人が1000年前から持ってる習性なのですよ。

【PC】世界のブログのなかで日本語がダントツ1位!その理由は? - R25.jp
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007071907
[ 2009/03/03 02:10 ] -[ 編集 ]
単純にスケジュールとスペース的な問題でしょ
週刊連載してる漫画家は小説家やアメコミ作家より数倍忙しいんだから、いちいちコミックに詳しいあとがきを書いてる余裕なんてないんだよ
申し訳程度に少しは文章を書くけど、大したスペースじゃないから作品解説しても中途半端になるだけだしな
だから一番手軽な近況報告が好まれるんだろうよ

作品について語ってるのを見たいなら、後から出る公式ファンブックでも買えばいい
[ 2009/03/03 02:25 ] -[ 編集 ]
まあ単純に照れ隠しだよな
逆に外国人が(ハリウッドの俳優とか監督とか特に)
自作や自分についてくそ真面目に中身の無い事語ってるのが
むずがゆくてしょうがない
それを同じ日本人がやったら余計キツイw
だから日本人でも海外メディアに対してなら向こうに合わせて
自作について真面目に語る場合もあるな

日本人同士だとどうしても、「お前そんなんじゃねえだろw」
って思ってしまう
[ 2009/03/03 03:08 ] -[ 編集 ]
高橋ツトムが海外メディアの取材で漫画家という職業について聞かれ
「ミケランジェロとシェイクスピアの両方の才能がいる」みたいな事言ってたが
(高橋ツトムがその才能に値するかはともかく)
これ国内向けならありえないキザさだろw

ヲタ文化はいかに自分に突っ込みを入れられるか
自己陶酔が出来ないみたいなとこがあるが
海外ヲタの間だとまだ小説家や映画監督の延長みたいな意識で対応されるんだろうな
[ 2009/03/03 03:17 ] -[ 編集 ]
作者は作品で全てを語る
前書きやあとがきで解説しなければならないような物は
未完成品だ!


等と、言える作者は何人いるのかな・・・?
ぶっちゃけ、作品作りで手一杯で
出版社に言われて無理やり書いてるのが現実なんだろうね・・・
まあ、萩○一至みたいに無茶苦茶やって干されるのも嫌だろうし、無理やり書くから「楽屋落ち」みたいのが多くなるんだと思う。

海外のオタの皆さんも、共有ばかりしないで
少しは、売り上げに貢献してあげてね
[ 2009/03/03 03:55 ] qXOZr2Kk[ 編集 ]
前書き後書きはテキトーでルールがないほうが漫画家の個性が出て良いと思うよ

ラノベならろくごまるにの後書きが好きだったな
[ 2009/03/03 04:22 ] -[ 編集 ]
荒木はカバーで語ってる
[ 2009/03/03 07:03 ] -[ 編集 ]
どうでもいい内容だけどその文体や内容で作者との距離を縮める感じで大事だったりする
[ 2009/03/03 08:48 ] -[ 編集 ]
読者が不要な先入観持ちながら作品を読まないようにするためだろ。
[ 2009/03/03 11:52 ] 3/VKSDZ2[ 編集 ]
ブラッドハーレーはおすすめしづらい・・
[ 2009/03/03 12:37 ] -[ 編集 ]
すごいよマサルさんのうすたの部屋がわけわかんなかった。
ブラッドハーレーは、蟻の触覚と足を一本づつ切断して最後に動かなくなるまでを観察するような、後味の悪さがダイジョブなら。

[ 2009/03/03 13:34 ] 7ScjOPVQ[ 編集 ]
ブラッドハーレーを先に読んだせいで「無限…」が手に取れない人がここにいます
[ 2009/03/03 13:59 ] -[ 編集 ]
自分の作品のエピソードやキャラについて結構語る
タイプの和月は「自分語りうぜえw」とか
「言い訳やめろ」とか悪く言われる傾向がある気がする。

小説のあとがきとかならそんなに言われないと思うが。
やっぱり、漫画が浸透した現在でも漫画オタクですら
どこか漫画家や漫画そのものを小説家とかより軽く見ているんじゃないかな。
[ 2009/03/03 14:52 ] -[ 編集 ]
自分の描いた漫画をまじめに解説したところで面白くないだろうに、
逆に冷めるよ。漫画家なら言いたいことは全部漫画上で語るべきかな。
[ 2009/03/03 14:53 ] -[ 編集 ]
自分が漫画家なら、自分の漫画を語りたくないな。
自作品を語るんだったら編集部とかアシスタントと語ったほうが熱くなれそうだし、それで満たされてるんだろ
[ 2009/03/03 16:28 ] -[ 編集 ]
漫画家がストーリーやキャラ名などを深く考えてるのが分かるコメントならいいけど、適当にキャラ名つけたとか、ストーリーも編集に言われて無理に引き伸ばしたとか、そういうのは見たくない。現状維持でいいんじゃないのかな。
[ 2009/03/03 16:35 ] -[ 編集 ]
翻訳されてんのかあそこも
[ 2009/03/03 16:55 ] -[ 編集 ]
でも作者の作品にしろ、生活にしろ、作品読むときに影響あるからあまり知りたくないよな

例えばあずまきよひこがよつばとの~は~を狙って描いてるとかコメントしてたら、読むたびあざとく感じるだろうし、
あずまきよひこがどんな生活をしてるか知ってしまうと、よつばとのイメージが崩れちゃうし
どうしても主人公=作者とみてしまう
[ 2009/03/03 19:28 ] -[ 編集 ]
ヘルシング巻末の「ナチス大好き!」みたいな走り書きも
完璧に翻訳されてるよ
「※これはhirano流のギャグのようです」みたいな注釈で
必死にフォローされてる

和月はキャラのモチーフ(パクリ元)まで包み隠さず堂々と書いてるから好感持てる
[ 2009/03/03 21:26 ] lxpkHpIQ[ 編集 ]
以前、スラムダンクの井上雄彦がNHKのトップランナーに出た時に、作品の場面場面について説明をする事はやりたくないと言ってたけど、多くの漫画家は作品について場外で解説する事の野暮さを恐れるんだろうな。そういうのを聞きたい、知りたいって人もいるんだろうけど


[ 2009/03/03 21:40 ] -[ 編集 ]
ブラッドハーレーは暴力性ばかりがとりだたされるけど
普通に名作だよな。むげ人ファンにはこれのせいで囚人編が薄くなったと恨みを買われてるようだが。
[ 2009/03/03 23:46 ] JalddpaA[ 編集 ]
ちょwwちんつぶ知られてんのかよww
[ 2009/03/04 02:00 ] -[ 編集 ]
銃夢で木城が「恥ずかしながら」作品世界の解説をしてたね
作中で背景を余すところなく表現できないのは作者にとってハズいんだろうか
[ 2009/03/05 01:08 ] -[ 編集 ]
作家側の視点から推論させて貰うと、

1雑誌側に規制されている。(雑誌裏の作家コメントの一様さを見ればよくわかる。)
2大体に「少年誌」「子供向け」というくくりが在るから、
わかりやすいように、小学生でもわかるように書く。
3日本では作品で全てあらわすのが文化とされているから。
(小説投稿で表紙やおまけに力いれると、普通にハネられる。)
4別ビジネスとしての独立。
作成法、思い入れなんかは、それだけで形になる。
取材や別本なると、それをよく語っている作家は多い。


(あと、あと書きや雑誌裏コメントは、
同人誌やキモオタやシェアの存在などさも知らないかのように書くのも暗黙のルール。
新人の修行の場が奪われ、自分の子供である作品が蹂躙されてる現状を、実際は相当怒っていると思う。規制づくり待ちだけど、他文化のファンに比べて、漫画の読者のレベルは壊滅的に低い。
クソゴミキモオタ死ね!!と巻末に書かない作家陣に神的敬意を覚える。)

私は作家じゃないので作家のかわりに本音を書いてやろう。
あとがき
【左右のアフェリエイトが吐き気がするほどキメエ!!キモオタの存在が漫画業界に巣食うガン。さっさと法案が通ることを望む。】 
[ 2009/03/12 16:09 ] JalddpaA[ 編集 ]
ブラッドハーレーのあとがきは確かにびっくりした。
でも、作家にあのドライな感覚が無ければあれほどの悲劇的なフィクションを
書き進めるのは難しいのかもしれない、と感心したけどね。
[ 2009/03/13 05:58 ] -[ 編集 ]
>クソゴミキモオタ死ね!!と巻末に書かない作家陣に神的敬意を覚える

わしはもっと正直に言って欲しいと思う。我慢しすぎるのは日本人の悪しき癖だ。

>【左右のアフェリエイトが吐き気がするほどキメエ!!キモオタの存在が漫画業界に巣食うガン。さっさと法案が通ることを望む。】 

よく言った!
[ 2009/03/19 10:14 ] -[ 編集 ]
 「ブラッドハーレーの馬車」は沙村広明氏の作品のなかでも温い部類に入る・・・のかな。背景的に闇の部分が強いと言う点においてはトラウマになるかもですが・・・。絵的にあの人の一端を見るならば「人でなしの恋」という画集をお勧めする(ちゃんとあとがきもありますよ、それから18禁のはずです。書店で見かけても表紙にだまされないよう注意)。
 まだ単行本になってはいませんが「ハルシオン・ランチ」もお勧め(こっちはgoodアフタヌーンで連載中。18禁ではありません。内容は書きませんが腹痛いです笑いすぎて・・・)こっちのあとがきがとうなるか楽しみ・・・。

 個人的に八房龍之助氏のあとがき(コメント)が好きですね(読みにくいけど・・・)。余談ですが高岩博士の異常な愛情を単行本化して欲しいのだが望み薄・・・読みたくてたまらん。
[ 2009/05/22 01:04 ] qbIq4rIg[ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/03/01 01:08 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/07/31 11:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/09/23 15:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よしずみ

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。