ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高橋留美子新作のニュースに対する海外の反応 ( 海外フォーラム ) 

サンデーのWEBに掲載された高橋留美子が新作を出すというニュースに対する海外の反応です。サンデーNEWSの該当する部分を以下に引用します。

「高橋留美子先生最新作 今春始動!!!!
これまでに数々の大ヒット作品を生みだしている高橋留美子先生の最新作が、ついにこの春より登場する!!! 詳しい内容や開始時期については、今後の少年サンデーに注目してくれ!!」




元記事:Rumiko Takahashi's new work is launching in Spring
http://forums.toonzone.net/showthread.php?t=224473



Mugen
どんな作品なのか興味がある。もちろん、これが短期作品になるのか長期シリーズになるのかも知りたいところだ。

garfield15 ( USA )
ワオ、彼女はまだ漫画を作り続けるのかい? それが長期作品になるのか否か興味があるな。

( そんなに長期にならないことを望んでいる )

Desensitized ( カナダ )
> ( そんなに長期にならないことを望んでいる )

そうでなければ留美子じゃないよ。

10年はつきあわなけりゃならないな。( 四年目には作品を追いかけるのをやめることを覚悟をしておくことだね )

Taekmkm
高橋留美子:家庭内暴力を描くことで富を得る方法を確立させた漫画家

garfield15 ( USA )
> 10年はつきあわなけりゃならないな。( 四年目には作品を追いかけるのをやめることを覚悟をしておくことだね )

いや、完全に興味を失うまでに私はたいていあともう一年くらいは付き合うよ。

> 高橋留美子:家庭内暴力を描くことで富を得る方法を確立させた漫画家

私はいつも「よし、おそらく彼女は次週には新しい展開を用意してくれるだろ」と考えるようにしていたよ。そして52週間が過ぎ去った......

DemonLordShugo
> 高橋留美子:家庭内暴力を描くことで富を得る方法を確立させた漫画家

うる星やつら』と『らんま1/2』が良い例だね。それはともかく新作はとても楽しみだ。

心から思うんだけど、男性が女性に変身してしまうというコンセプトは何故誰にもパクられないのだろう。それっぽいので私が唯一観たことがあるのは『MAZE☆爆熱時空』くらいだ。

OverMaster ( ベネズエラ )
シンデレラボーイ』があてはまるんじゃない?

DemonLordShugo
あぁ、どうして『シンデレラボーイ』を忘れることができたんだろう。そもそもこの性転換のコンセプトのオリジナルはモンキー・パンチだというのに。この作品から六年後に『らんま1/2』が登場して、このコンセプトが有名なものになったんだっだ。

皮肉なことに、主人公の名前が同じなんだよね。

Daxdiv ( USA )
> 10年はつきあわなけりゃならないな。( 四年目には作品を追いかけるのをやめることを覚悟をしておくことだね )

私と『犬夜叉』の関係そのものじゃないか。

Luna
作品の長さに関係なく、彼女の作品のほどんどを愛しているからとても楽しみ。『めぞん一刻』の終わり方は今までで一番のお気に入り。『らんま1/2』は超面白かったし、『犬夜叉』は完結するまでの間興味が薄れることは無かった。最近『1ポンドの福音』も読んだ。これはとても面白いショートストーリーだよ( 全4巻 )。

Keiichi
> 高橋留美子:家庭内暴力を描くことで富を得る方法を確立させた漫画家

むしろ、「似たりよったりのキャラクターをあらゆる作品で使い続けて富を得る方法を確立させた漫画家」が適切じゃないかな。

Leaping Larry Jojo
> 10年はつきあわなけりゃならないな。( 四年目には作品を追いかけるのをやめることを覚悟をしておくことだね )
面白い、けど人々は彼女が自作のリストの中に沢山の短編作品を持つことを忘れている。例えば『1ポンドの福音』や、『人魚の森』などの人魚シリーズ。

ともかく、彼女は基本的にホームコメディ( sitcom )作家だ。そういった意味で彼女の漫画やアニメ作品は『シンプソンズ』や、『ホーム・インプルーブメント』のような10年以上、20年以上続いている作品と同じ性質のものなのに、何故人々が彼女の作品の長さについて不満を言うのか理解できない。彼女の作品には確かにマジックや戦いなどの要素があるかもしれない。けど既に言ったように、彼女の漫画やアニメは本質的にはホームコメディなんだよ。

Undrave ( カナダ )
> 心から思うんだけど、男性が女性に変身してしまうというコンセプトは何故誰にもパクられないのだろう。

おいおい。沢山コピーされてるよ。


エロ漫画で。

けど、普通の漫画にもわずかながらあるよ。それから『シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~』のデオン・ド・ボーモンは姉の魂が乗り移ると、完全ではないけど女性になるね。

あと、高橋留美子のホームコメディスタイルは『らんま1/2』みたいな作品では素晴らしいと思うけど、『犬夜叉』みたいにストーリーを期待されるような作品では逆効果だ。

Mugen
ニュース。Viz Mediaが英訳した本作品を今年の年末前には出版すると約束してくれたよ。
これは早いね。少なくとも『らんま1/2』や『犬夜叉』のときみたいに英訳版がとても遅れるようなことはなさそうだ。

O-chan
えーと、高橋留美子は漫画業界のアーロン・スペリング( ※米テレビ界の有名なプロデューサー )になってしまったように見える。どれだけ内容が薄くて過去の焼き直しであっても、彼女の作品は必ず人気が出るんだ......悲しいことに。彼女の新作にも私はお金をつぎ込むことだろう。何故って、彼女は私のアニメへの愛の基盤となっているからさ。

高橋、君は憎いあんちくちょうだよ。君の幻術は多くのファンを完全に支配している。

Leaping Larry Jojo
私は高橋のネバーエンディング・ストーリーの大ファンではないけれど、彼女の漫画家としてのスキルはとても注目するに値する。彼女のファンは無意識のうちに彼女のスキルに反応してしまうんだと思う。彼女の漫画は誰でもひょいと手にとれば、計算されたレイアウトやコマ割りのおかげで、簡単にスイスイ読み進めていける。私が思うに彼女は漫画家としてむしろまだ過小評価されているんじゃないだろうか。CLAMの漫画を手にとって中を見ると、沢山の絵が描きこまれているものの、台詞とキャプションを読まない限り、何が起こっているのかさっぱり理解できない。彼女の漫画はぱっと開いて眺めるだけで状況が理解できてしまう。高橋の作品にはきらびやかさは無いかもしれない。けど、印象的なんだ。

ShawnHopkins ( オーストラリア )
思っていたより高橋批判が少しばかり多いな。みんなそんなに『犬夜叉』が気に食わなかったの? 私自身もこの作品はそんなに夢中にならなかったけど、それでも面白いところは沢山あったよ。

私は彼女の作品が大好きだ。実際のところ、私は漫画やアニメファンというよりかは、高橋ファンと言った方が正確かもしれない。私を惹きつけるのは彼女の作品だし、彼女の作品が最も私の興味を引くんだ。初めてコミックブックストアでレンタル用の『らんま1/2』のビデオテープを見つけた時と比べて、私の興味が他にも広がっていたとしても。

Larryは正しいよ。彼女はホームコメディ作家だし、それは何も悪いことじゃない。そのシチュエーションだからこそ、彼女はいろいろなキャラクターやその関係性を試すことが許されているんだ。結果として、鳥山がやったようにプロットを進めることに固執し続けることで、敵のインフレ化現象の罠に陥いらずに済んだ。
それから彼女のビジュアルでストーリーを伝える能力はトップクラスだし、『めぞん一刻』のような作品は他のどんな漫画も比較にならない。

Luna
彼女のストーリーテリングが大好き。ホームコメディっぽいところも確かにあるけど、読みやすいし理解しやすい ( コマ割が雑然とした漫画を読むのが大嫌いなんだ。特に一体何が起きているのか分かりにくいようなやつが )。彼女の作品は退屈だったことが一度も無い。彼女が描く漫画に興味が薄れたことなんて決してなかった。例えそれが『らんま1/2』や『犬夜叉』のような長期シリーズであっても。( 実のところViz Mediaには『るーみっくわーるど』や『うる星やつら』を復刻することを検討してほしいと希望している。どちらのシリーズもなかなか手に入らないんだ)

Elven Moon
楽しみ。けど、再び50巻も続くようなことにならなければいいと思う。そんなに買うお金も、仕舞う場所ももう無いんだ。まだ『らんま1/2』と『犬夜叉』だってコンプリートしていないんだ。( これは20巻も遅れているViz Mediaのせいだけど )

FlyByNite77
Viz Mediaはライセンスしたからもうプロットを知っているのかな? 知ってそうな気がする。いくらなんでもどんな作品になるかもわからず彼女の名前だけでライセンスするなんてことはないよね。わかんないけど......

Taekmkm
お願いだかららんまっぽい作品であって欲しい。剣や魔法のバトル物にはもう疲れたよ。

DemonLordShugo
らんまみたいな作品だったら素晴らしいだろうね。犬夜叉みたいなのだったら最悪。この新作がコメディであることを願っている。

BrendaBat ( USA )
私も新作がコメディであることを願っている。高橋はホームコメディでこそ真価を発揮するんだ。



新作の内容に関する情報がまだ無いので、既存の高橋作品に関する議論がメインでした。新作は『犬夜叉』のような少年バトル物よりも『らんま1/2』のようなコメディ漫画が求められているような感じです。

『犬夜叉』はアニメも漫画も全く見たことがないので何もコメントできませんが、『らんま1/2』は好きな作品でした ( 後半ダレましたが )。新作がそういうコメディ作品だったら読んでみたいです。




赤い花束―高橋留美子傑作集 (BIG COMICS SPECIAL)赤い花束―高橋留美子傑作集 (BIG COMICS SPECIAL)
高橋 留美子

高橋留美子劇場 (2) (ビッグコミックス) 高橋留美子劇場 (1) (ビッグコミックス) 高橋留美子傑作短編集―〈保存版〉るーみっくわーるど (2) (るーみっくわーるど) Oの悲劇Oの喜劇―高橋留美子劇場副読本 (BIG COMICS SPECIAL) 高橋留美子傑作短編集―〈保存版〉るーみっくわーるど (1) (るーみっくわーるど)

by G-Tools
[ 2009/03/01 20:03 ] 海外の反応 - 漫画 | TB(0) | CM(26)
途中まで単行本を買ったことがあるがあと10冊くらいのところで力尽きたw
[ 2009/03/01 20:25 ] -[ 編集 ]
めぞん一刻が人気のようですね。
外国人は、めぞん一刻のどういう所がおもしろいと思うんだろ?
管理人さんに惚れたのか、五代君に自分の姿を見るのか、四谷さんをおもしろいと思うのか。
自分は三鷹さんが良かったと思いますね。
五代君に負けてる所などないのに、結局、管理人さんを取られる。
しかし、幸せな家庭を手に入れるというのが良かったですね。
[ 2009/03/01 20:50 ] -[ 編集 ]
めぞん一刻のスピンオフで四谷物語が読みたいです。
[ 2009/03/01 22:01 ] -[ 編集 ]
めぞん一刻は少年誌じゃないからそういうの見たい人はご愁傷様。
最近のサンデーの傾向を見る限りスポーツ物になったりしてな。
[ 2009/03/01 22:01 ] -[ 編集 ]
めぞんは昔見てたけど、いわゆるハーレムじゃないからよかったんじゃないかな。外国人も思い出補正がかかってるのか知らんが、やたら名作扱いするコメントをあちこちで見る。
[ 2009/03/01 22:01 ] -[ 編集 ]
めぞん一刻がフランスで放送された時のタイトルは「ジュリエット・ジュテーム」。当然管理人さんがジュリエットなんだろうね。
[ 2009/03/01 22:24 ] -[ 編集 ]
>10年以上、20年以上続いている作品と同じ性質のものなのに

ただシンプソンズとかと違うところは、毎回見てないと話がすぐに分からなくなるという性質の悪い所があるからな。
正直犬夜叉あんまり知らないけど、50巻はあるよーって聞くだけでウヘァってなる。
50巻以上を読み続けられたのって、皮肉的だけどバキだけだなww
[ 2009/03/01 22:25 ] -[ 編集 ]
犬夜叉は自分も途中で切った
とは言っても新作は楽しみだ
[ 2009/03/01 22:41 ] -[ 編集 ]
連載は今度創刊される月刊少年サンデーかもしれんね
「今後の少年サンデーに注目」って書いてあるけど週刊とは書いてないし。

海外からの期待も高いんだなぁ・・・
うちもコメディだったら読みたいけどまたバトル物だったら読まないかも
[ 2009/03/01 22:44 ] -[ 編集 ]
桔梗と神楽が死ぬとこまではよかったな
[ 2009/03/01 22:46 ] -[ 編集 ]
うる星やつら以外は、途中で力尽きてます(汗
めんぞ一刻は映画で最後を見て、
らんまは12巻で買うのをやめて
犬は見てません。
[ 2009/03/01 23:42 ] -[ 編集 ]
高橋氏の描く漫画の世界の中の何気ない
空気感と間合いが好きだなぁ
犬夜叉は嫌いだけどXD
[ 2009/03/01 23:57 ] -[ 編集 ]
20巻以内で終わらせろ
バトル物だったら死亡決定
[ 2009/03/02 00:05 ] -[ 編集 ]
人魚シリーズはもうでないのかな。
読後の後味の悪さと、でもまた読んでしまう中毒性が。。。
[ 2009/03/02 00:19 ] -[ 編集 ]
1ポンドは全4巻の短編だけど、完結するまで10年以上は
付き合ったぜ!
[ 2009/03/02 01:48 ] -[ 編集 ]
コメントの流れが2chなんかと似た感じなのが面白いね。
[ 2009/03/02 01:54 ] -[ 編集 ]
めぞん一刻は人生の甘さと厳しさのさじ加減が絶妙だったと思う
[ 2009/03/02 05:11 ] -[ 編集 ]
50巻なんて短いもんだと思うけどなぁ
読むのに1日かからないだろ?
短いと物足りないよ
[ 2009/03/02 11:19 ] -[ 編集 ]
死に別れの再出発の難しさは、世界共通なんだろう
嫌いで別れたなら再婚しやすいけど、死に別れは思い出補正かかるし
めぞん一刻の人気は前向きな締めくくりがあるからだと思う
[ 2009/03/02 13:19 ] -[ 編集 ]
>男性が女性に変身してしまうというコンセプトは
>何故誰にもパクられないのだろう。

らんま1/2が初出と考えてる時点で何だかなあとは思う。
高橋留美子以前にたくさん出てるし。
その外人にはTS関係の情報サイトを教えたくなった。
[ 2009/03/02 14:15 ] -[ 編集 ]
中嶋敦子キャラデザであればバトルでもok!!
[ 2009/03/02 22:39 ] -[ 編集 ]
途中で読むのやめてる人はすごく損してると思う。
まずは読んでみなよ。
[ 2009/03/10 16:43 ] IY7bLZJE[ 編集 ]
高橋留美子さんのは結構短期や読みきりの作品も多いはずなんだけどね・・・・
[ 2009/05/22 01:11 ] qbIq4rIg[ 編集 ]
性転換ネタのマンガは
らんま以前も以後も数多く有るのに
海外では知られてないのね
[ 2009/05/24 13:00 ] -[ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2009/09/30 01:38 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/07/06 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。