ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どうしてアメリカ人は宮崎駿の映画が嫌いなの? ( 海外フォーラム ) 

元記事:Why do Americans hate/dislike Hayao Miyazaki's movies?



David.Seth ( USA )
ここで言う「嫌い」っていうのは、つまりアメリカ人は彼の作品に興味を持っていないように見えるってこと。彼の映画がここでも非常に高い評価を得ていることは知っている。しかし興行成績はひどい有様だ。そしてこの事が彼の映画に対するアメリカ人の興味の無さを反映していると言える。私の主張はこの事実に拠って立つんだ。

宮崎の映画はアメリカで上手く行っていない。けどどうしてなんだ? 以下は最近公開された三作品の興行収入だ。

もののけ姫』:220万ドル
千と千尋の神隠し』:1000万ドル
ハウルの動く城』:470万ドル

これは何なんだ? これがアメリカのオーディエンスが出来る最大の事なのか? 何がこれらの映画がその10倍の成績を収めることを阻んでいるんだ?

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』は5180万ドルを稼いでいるんだぜ!
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? [DVD]
あの映画が! あのクソみたいな映画が5000万ドル以上稼げるというのに、どうして宮崎の映画にはそれが出来ないんだ? ディズニーのお粗末なマーケティングのせいか? アメリカ人にとって余りにも「異国風」だからか? そうであれば『ハウルの動く城』は『千と千尋の神隠し』の1000万ドルよりもっと稼いでもおかしくない筈だけど結果はご覧の通りだ。この問題には簡単な解答は出せそうもない。

私がこの小さなぼやきをぶちまけたくなったのは、『崖の上のポニョ』のトレイラーを観てからなんだ。私はこの映画を観たいと思うのは勿論のこと、この作品が大きな成功を収めて欲しいとも思っている。最初はダウンロードしようとしたけど、それは公正ではないし、それでは作品の真価は分からないと判断した。私は『ハウルの動く城』も『千と千尋の神隠し』も映画館で観賞した。どちらも金曜の夜に観に行ったのだけど、映画館には10か20人程度の客しかいなかったよ。

penguintruth
宮崎駿はアメリカにおいておそらく最も良く知られた日本のアニメーターだし、彼の映画は他のどんな日本のアニメーションよりも大きな成功を収めている。アニメが外国のカートゥーンであることや、アニメがここアメリカでは単なるノベルティと見なされていることを考慮すれば、かなり健闘している方だと思う。

David.Seth ( USA )
ああ、確かに彼の映画は他のどんなアニメよりも上手くやっているよ。けど彼の作品はディズニーの後ろ盾があって、彼らは吹き替えにA級スターを起用するために多額のお金を支払ってもいる。ならどうしてプロモーションにもう少しばかりのお金を出そうとはしないのだろう? そうすればもっと良い見返りが見込める筈なのに?

それからどうしてアメリカ人はアニメを避けるんだ? 特にこれらの素晴らしいファミリー映画を? ちょっと確認してみたんだけど、コンピュータで作られた最悪の作品である『Doogal』ですら、『もののけ姫』と『ハウルの動く城』の興行収入を合わせた額よりも稼いでいるんだぜ!!!! どこに正義があるっていうんだ。
Doogal

dtm42 ( USA )
アメリカは宮崎駿を嫌ってはいないよ。批評家も嫌っていないし、観客も嫌ってなんかいない。単に映画を製作するのにお金が掛かりすぎて宣伝にまで予算が回らないだけだよ。特にアメリカや他の国々においてアニメーションが未だに子供のためのものだと見なされている現状ではね。既に国内で利益を産んでいる映画に対して、世界市場ではコケるかもわからないというのに、余り手広く宣伝を打ってすでに得た利益を失う可能性を負うのは合理的じゃないんだ。『ハウルの動く城』はアメリカにおいて470万ドルしか稼ぐことが出来なかったかもしれない。けど一体どれだけの数の映画館でこの作品を上映した? きっと多くは無い筈だ。一館あたりの収入を比べれば『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』と拮抗、あるいは勝っているかもしれない。興行収入は無視した方がいい。このデータでは実情は見えてこないよ。

Doogal』はワールドワイドで2700万ドル以下の収入だけど、『ハウルの動く城』は2億3500万ドルだ。これは覚えておいて欲しい。アメリカ人というのはどちらかというと馬鹿な人達なんだ。これは議論の余地の無い事実。彼らが物の良し悪しについて何を知っているというんだ?

追記:Box Office Mojoによると、『Doogal』の一館あたり平均収入は1555ドルだけど、『ハウルの動く城』は平均11888ドルだそうだ。君が熱心に主張する理由はどこにもなさそうだね。

Some Guy
えーと、彼の映画はアカデミー賞に2回ノミネートされているし、その内の1回は長編アニメーション部門作品賞を獲得しているよ……。

David.Seth ( USA )
> アメリカは宮崎駿を嫌ってはいないよ。批評家も嫌っていないし、観客も嫌ってなんかいない。

それは事実だ。しかしながら、私は何人かの人に彼の映画を一緒に観ようと誘ってみたときに「アニメはクソだ」といわれたことがある。彼らが全てのアメリカ人を代表しているわけではないけれど、正直なところ、多くの人を代表してはいる。

> 単に映画を製作するのにお金が掛かりすぎて宣伝にまで予算が回らないだけだよ。
> 特にアメリカや他の国々においてアニメーションが未だに子供のためのものだと
> 見なされている現状ではね。

それだと余計訳がわからないよ。両親達が『シュレック』みたいな糞を子供に観せたがるのなら、何故『千と千尋の神隠し』は駄目なんだ? アニメーションはお金が掛かるかもしれない。けどこれらの映画はすでに出来上がっているんだ。ディズニーは製作に関しては何もお金を払う必要が無い( 吹き替えを除けば )。ならどうして彼らは玩具を売り出したり、あるいはせめて、自分達が製作する映画と同じようにコマーシャルを流したりしないんだ? 私は『千と千尋の神隠し』が劇場で上映されている間、この作品のコマーシャルは2回しか観ることがなかった。私は『ペルセポリス』や『ワルツ・ウィズ・バシール』のような作品がアメリカで成功しないのは理解できる。
ペルセポリス [DVD]
これらの作品は子供向けには程遠いからね。けど良く出来たファミリー映画で、ディズニーは宣伝と配給だけすれば良いような作品は? 言い訳の余地は無いと思う。もし彼らが『ホーム・オン・ザ・レンジ』を公開したときと同じマーケティングの努力を費やしていたら、彼らは同じ程度の結果を得ることが出来たことは間違いないんだ( それも映画を自身で製作することなくね )。
ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え! [DVD]

> 追記:Box Office Mojoによると、『Doogal』の一館あたり平均収入は
> 1555ドルだけど、『ハウルの動く城』は平均11888ドルだそうだ。

あぁ、そうだったのか。この事実は私の自国民に対する信頼を少しばかり取り戻させてくれたよ。指摘してくれてありがとう。私もBox Office Mojoから情報を得ていたんだけど、データを正しく解釈していなかったようだ。けどこの事実は私の怒りをさらに煽るものだね。どうしてThe Weinstein Companyのようディズニーほどあまり名も知られていない会社が『Doogal』を2000館以上もの映画館で上映しているのに、ディズニーは『ハウルの動く城』を202館でしか上映していないんだ? ディズニーが何を考えているのか分からないよ。

> えーと、彼の映画はアカデミー賞に2回ノミネートされているし、
> その内の1回は長編アニメーション部門作品賞を獲得しているよ……

うん。有りがたいことに映画批評家は多かれ少なかれ彼の作品を正当に評価してくれている。けど私は一般的な人達も問題の対象にしているんだ。

Kruszer ( USA )
カートゥーンは子供のためのものだから。それが( 馬鹿な )平均的アメリカ人の見方。アニメーションはキラキラしていてカラフルで、コメディに満ちたものでないと成功しない。例え我々自身がシリアスな創作アニメーションを作ったとしても、熱狂的なマニアしか観ないだろうし、得られる収入は宮崎の映画よりも低いだろう。

Analog_Now
えーと私はアメリカ人じゃないけど、原因はおそらく上映館数の少なさと、あとは彼らは宮崎映画のプレビューを観たときに、それをよくあるカートゥーンの一つだと考えるんじゃないかな。そうではないのに。

Dorcas_Aurelia ( USA )
嫌っているわけじゃなくて、無関心なんだ。アニメーション映画は一般的にアメリカにおいては、ディズニーやピクサーによる製作で無い限りは誰のレーダーにも引っかからない。それが作品の知名度に大きな影響を与えるからね。彼らはアニメーション映画といえばG指定( 一般 )の子供作品だと考えているし、そういう作品が無味乾燥で退屈で、その作品が対象にしている言葉もろくに喋れない子供達にとってすら娯楽性の薄いものだと知っているから、アニメーション映画が彼らの注意を引くことは無いんだ。

David.Seth ( USA )
> カートゥーンは子供のためのものだから。
--
> アニメーション映画は一般的にアメリカにおいては、ディズニーや
> ピクサーによる製作で無い限りは誰のレーダーにも引っかからない。

君らの意見はそれぞれに真実をついていると思う。けど私はそれでも全ての失敗は知名度という点に立ち返ると思うんだ。

何年もの間に多くのアニメーション映画が作られた。いくつかは良作だったし、いくつかは駄作だった。けどそれらの映画がヒットする要因は大抵の場合、映画のプロモーションと知名度によるものだ。1999年を例にとってみよう。この年にはワーナー・ブラザーズの『アイアンジャイアント』を含むいくつかのアニメーション映画が登場した。『アイアンジャイアント』は批評家に良く知られると同時に多くの賞賛を得たものの、貧弱なプロモーションと、この作品がディズニーではないというだけの理由でその興行収入は惨憺たるものだった。
アイアン・ジャイアント 特別版 [DVD]

実際のところ、ディズニーかドリームワークス製ではないアニメーション映画のほとんどは同じ運命を辿っている。そしてこの事実が、大抵のアメリカ人はディズニー映画でさえあればそれがどんな下らない作品(『ホーム・オン・ザ・レンジ』)であろうと飛びつくのだという考えを支持している。彼らに別のスタジオが製作したアニメーション映画を与えればどうなるか。ヒットせずに終わる( 『アメリカ物語』などの数少ない例外はあるが )。
アメリカ物語 (ベスト・ヒット・コレクション第10弾)【初回生産限定】 [DVD]
そうであるならば、ディズニーが『ホーム・オン・ザ・レンジ』の時の半分でもいいから『崖の上のポニョ』のプロモーション( コマーシャル、玩具、マクドナルド、etc )に労力を裂けば、この映画から大きな見返りを得ることが出来るのではないか?

既に出来上がっている映画で5000万ドルも稼ぐことが出来たらまさに濡れ手で粟じゃないか。『もののけ姫』がPG13だったことは分かっているし、『千と千尋の神隠し』は小さな子供にはちょっと難しすぎるかもしれないとは思う。けど『ハウルの動く城』や、( 願わくは )『崖の上のポニョ』は宮崎映画を観せるために子供達を映画館に連れて行くには最高の映画に見える。カモンディズニー。今回はトライしてみたらどうなんだ?

LuckySeven ( USA )
どの映画も上映館数が多くないし、広範囲で公開されていないという点を考慮する必要があると思う。『もののけ姫』が私の地域で上映されたとき、10日程度で『Half Baked』にリプレースされたのを覚えている。それに、当時その映画が上映されることを私が知ることが出来たのは、唯一地方新聞に掲載されたとても小さい広告によるものだった。新聞の中のその小さな広告を除いては、TVコマーシャルやその他のプロモーションの類は一切無かった。しかもその広告ですら初日に一度載っただけ。それ以外でその映画がまだ上映されているかどうかを知る唯一の方法は、実際の映画上映リストそれ自身しかなかった。こういった例の場合、私はアメリカの観客を完全に非難することは出来ない。実際に上映されているかどうかすら知らない映画を、どうしたら人々が観に行こうなんて思うだろうか。

Mr. sickVisionz
興行収入ばかり見ていては駄目だね。『千と千尋の神隠し』は最大714館で上映された。これに対して、『ポケモン』は最大3000館で上映された。アメリカであってもアニメは上映館数を充分に確保すれば成功を収めることが出来る。宮崎映画に対する冗談のような上映館数でさえ、一館ごとの収入で考えれば平均的、あるいは通常よりも素晴らしい成績を収めているのだから。

classicalzawa
> 興行収入ばかり見ていては駄目だね。『千と千尋の神隠し』は最大714館で上映された。

私もこれを言おうと思っていたところだよ。宮崎映画は最低のCGI映画製作会社が作ったいくつかの最低なCGI映画のように広範囲で公開されない。たいてい主要都市でしか公開しないんだ( そしてたいていうちの近くでは公開されない )。
あと、私が友達と一緒に『ウォーリー』や『レミーのおいしいレストラン』を観に行ったときのことなんだけど。プレビューを観ているときの子供達のリアクションっていつも決まっている。彼らはプレビューで下ネタジョークやフワフワしたCGIキャラクターが出てくる度に喉も枯れよと歓声を上げて、これが上映されたら絶対観たいと両親に対してせがむんだ。アニメーション映画やCGI映画に関して言うと、私が見た限り、それらの映画を観ようと言い出すのは子供達であって、そして彼らが観たがるのはいわゆる子供向けの作品なんだ。もし彼らの友達が全員、パトリック・ウォーバートンが声を当てているという理由で『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』を観にいこうとしていて、プレビューに彼らを惹きつけるようなユルいユーモアが有って、なおかつ彼らが両親を承諾させるほどに駄々をこねる能力を有している場合、彼らはその作品を観にいくだろう。私は子供達だけが『ウォーリー』のような映画を観ていると言っているわけではない。私は20歳だけど、幼い親戚を連れて行くためでなかったとしてもきっとこの作品を観たことだろう。けど、私が見た限り、『コラライン』が上映されていた映画館の観客の大部分は10歳以下の子供達とその両親で占められていた。私は単純に、こういった映画は広範囲での公開を保証するほどに充分なマーケット需要があるとは思わない( もちろん『ポケモン』のような例外はある。私はこれを映画館で真剣に観たよ。昔の話だけどね。それにあの時はポケモンカードという魅力的な特典もあったし! )。あるいは、アニメ = より子供向けのカートゥーン、という認識がアメリカでは存在するのと、CGIフェストではアニメ映画は上映されないという理由で、これらは子供達が観に行きたいと思わせるほどアピールしないんじゃないかな。

LordRedhand ( USA )
私自身は宮崎 / スタジオジブリが好きだから、評価が低いというのは新鮮な意見だね。とはいえ、宮崎 / スタジオジブリの映画は今や芸術映画として扱われていて、そうなると上映規模が限られちゃうんだよね。個人的な好みは『猫の恩返し』( ジブリ )や『カリオストロの城』、あるいは『千と千尋の神隠し』とかだけど。

Mr. sickVisionz
私はアニメはここアメリカでそれなりのマーケットを持っていると思う。2000館で上映されたら凄く成功したといえると思うけど、これらの映画が「公開された」というだけでもそれなりのものだと思う。基本的に外国の映画でありながら、それらの作品はたいていアメリカだけで総収入の半分を稼いでいる。
マーケットが無いことが問題なのではなく、マーケットが無いと担当者が考えていることが問題なのだと思う。こういったアニメ映画のいくつかは、30館程度でしか上映されていないにも関わらず100万ドルの興行収入を得ている。だからといって3000館で上映すれば1億ドルになるかといえば、そう簡単な話でもないだろうけど、それでも例えば『@Aナルト@A』のような作品を1500館で上映すれば、1500~3000万ドル程度の収入は見込めるだろう。これはその映画が作られた国における興行収入を上回る数字だ。

これでも驚くほどの数字ではないかもしれないけれど、これが莫大な宣伝費を費やさずとも観に来てくれるアニメファンから得られる収益であれば立派なものだろう。

sk1199
ディズニーが彼の映画を自社製作の映画のようにプロモーションしないのは、市場から得られる利益が少ないというのが理由の一つにあるんじゃないかな。自社の映画なら宣伝して得た利益は全て自分のものになる。それをすることで自分の食い扶持が減る可能性があるなら、どうしてその( 宣伝 )のために自分のお金を投げ捨てるようなことなどするだろうか。

David.Seth ( USA )
映画の配給に関する契約の具体的な内容は知らないけど、もしディズニーにお金が入ってこないのであれば、そもそも何故映画の権利を買ったりするの? というか、ディズニーはアメリカにおける興行収入やDVDリリースの収入の全てを貰えるんじゃないの? 誰かこの手の話に詳しい人いない?

LKK ( USA )
DVDがどれだけ売れているかという情報も合わせて考えた方がいいんじゃないかな。どこに売り上げデータがあるのか知らないけど。映画自体は公開される映画館が限られているから、DVDの販売数を見た方が一般的なアメリカ人が彼の映画をどう思っているか、その実態がよくわかると思う。私は『ハウルの動く城』以外の宮崎映画は全てDVDで観た。もしDVDの売り上げ( 可能ならレンタル数も )を知ることが出来たら、彼の人気をより正確に知ることが出来るだろう。

Descent123 ( USA )
彼の映画はどれも魅力を感じないな。私はティーンや大人向けの映画が好みだ( 『アップルシード』、『妖獣都市』、『攻殻機動隊』、etc. )。

Beltane70
何人かの人が既に書いているけど、宮崎映画は他のアニメーション映画と同様に、宣伝の不足や限られた上映館数のせいで大きな成功を収められないでいる。これはアメリカでリリースされるほとんどのアニメ映画に当てはまること。

私が住んでいるところでは『千と千尋の神隠し』はアカデミー賞を受賞してようやく上映された。



ポニョはアメリカではどうだったんでしょう。そういえばまだ観ていないです。早くレンタル出ないかな。





4860520076風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡
宮崎 駿
ロッキング・オン 2002-07-19

by G-Tools
[ 2009/05/19 23:28 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(97)
なるほど。アート系劇場しか買ってくれないからなのか。
合点がいった。映画の質よりも売れそうか売れなさそうかが問題なんだな。
[ 2009/05/19 23:52 ] -[ 編集 ]
ディズニーにとっては脅威だからあんまり宣伝しないんだろ
[ 2009/05/20 00:10 ] -[ 編集 ]
きっとCGが好きなんだよ
[ 2009/05/20 00:13 ] -[ 編集 ]
ハリウッドは外国映画に閉鎖的だよな。NARUTOだってあれだけ人気なんだから映画を大規模公開すれば絶対稼げるのに。
[ 2009/05/20 00:36 ] -[ 編集 ]
そもそもアメリカ人は自国以外の文化に無関心なのがほとんだって
いうからなあ
[ 2009/05/20 00:41 ] nvEU5YNc[ 編集 ]
大体宮崎駿がアメリカを嫌ってるよね・・・。
こうゆうのも含めてだと思うけど。
[ 2009/05/20 00:52 ] -[ 編集 ]
アニメを離乳食に置き換えて考えてみたw

離乳食で人間の舌が決まるって知ってる?
日本人の赤ちゃんは母親学級で指導を受けた親に素材そのものの味わいを少しずつ注意深く与えられる。
だから繊細な味わいの良さも感知できる舌に成長するんだ。
アメリカの子供はどうだろう。
ジャンクフードしか食べて来なかった親の子供は、やっぱりジャンクフードしか食べさせてもらえないものだ。
親が与えようとしない、アニメを理解できる頭がない、ってのが一番の問題だと思うわ。
まぁディズニー側の思惑も相当あるだろうけどさ・・・。
マクドナルドが寿司を大々的に宣伝するわけがないよw
[ 2009/05/20 00:54 ] -[ 編集 ]
宣伝以外の何物でもないな
宣伝と素晴らしい予告編のせいで騙される客の多い事多い事。
[ 2009/05/20 01:03 ] -[ 編集 ]
>Descent123 ( USA )
>彼の映画はどれも魅力を感じないな。私はティーンや大人向>けの映画が好みだ( 『アップルシード』、『妖獣都市』、『>攻殻機動隊』、etc. )。
挙げられたタイトルを否定するつもりは無いけど、この人のようにいかにもハリウッド的なアクション映画が好きって人間が多いんだろうね。
とにかく自国の価値観が全ての偏見が多そうな国だよなぁ
[ 2009/05/20 01:32 ] -[ 編集 ]
洋ゲーが日本で売れないのと似てるかなぁ
FPSとかRTSが異様に売れてない気がする
まぁマスコミと( 馬鹿な )平均的日本人じゃねぇ
[ 2009/05/20 01:34 ] -[ 編集 ]
>FPSとかRTSが異様に売れてない気がする
>まぁマスコミと( 馬鹿な )平均的日本人じゃねぇ
すげえ的外れな意見
恥ずかしい人だな
[ 2009/05/20 01:50 ] -[ 編集 ]
ポニョはどう考えてもアメリカじゃ・・・
もののけや千尋みたいな和のファンタジーじゃなくて
人魚姫を日本風駿味にアレンジしたものだもんなぁ
[ 2009/05/20 02:07 ] -[ 編集 ]
ディズニーの生殺し戦法だな
宮崎作品がファミリー向けというけどナウシカは大人向けだとおもう漫画版準拠でリメイクして欲しい
[ 2009/05/20 02:16 ] -[ 編集 ]
つーか娯楽なんて人それぞれ求めるものが違うんだから、優れた作品に金を払わないからって一方的に馬鹿にするのはどうかと思う
「自称映画通」のやつがダークナイトやらグラントリノやらを見逃してるなら馬鹿だと思うけど、単にスカッとしたいとか、デートの雰囲気作りのためだけに映画観に行くやつもたくさんいるだろうし、それは別に何も間違ってはいない
他人の求める効用について文句を言うべきではないよ
ゲームにしたって同じこと

世の中娯楽に対して真面目な人ばっかじゃないんだから、結局は宣伝次第なのよね
[ 2009/05/20 02:27 ] -[ 編集 ]
「アニメならとりあえず昔から定評あるディズニーいっとけ。他はシラネ」
ある意味、保守+ブランド志向
[ 2009/05/20 02:30 ] -[ 編集 ]
俺もあんまりジブリは好きじゃない。
だって社長が創価学会だし。創価っぽい
宮崎自身の思想も俺には合わん
[ 2009/05/20 02:39 ] pn.FNN1k[ 編集 ]
「千と千尋」の英語吹き替えって改悪版らしいな。
各言語比べた時に一番表現が良いのはロシア語らしい。
もちろん日本語よりもだそうだ。
[ 2009/05/20 02:49 ] -[ 編集 ]
なんか声優さんや好みでも変わってきそうな意見だなw
ロシア語って言うとものすごい巻き舌を思い出すんだが、それがいいの?
[ 2009/05/20 03:08 ] -[ 編集 ]
まず日本と同時か近いうちに上映にしないとじゃね
[ 2009/05/20 03:57 ] -[ 編集 ]
天下のハリウッドとディズニーのお国でジブリを必死に押すマニアが少なからず生まれた、というだけで健闘していると思う。
むしろジブリだけは芸術映画として押せるが他のは「子供向け」以前にポルノだと思ってる人ばっかりで畜生、とか言うファンのが多そう。
日本も…やたら他人の扇動にのって作品をレッテル貼りしては糞とか貶す連中が増えたから、何かと大変なのだが。
[ 2009/05/20 04:00 ] -[ 編集 ]
TVCMやって無いんじゃ、そりゃ見に行く人は増えにくいわな。
まぁ、まだまだ儲けられるチャンスはあるという事か。
[ 2009/05/20 04:49 ] -[ 編集 ]
日本は漫画の国らしいが、アメリカン・コミック始め外国漫画はほとんど市場に食い込んでいない
似たような構図だと思う
[ 2009/05/20 05:10 ] G1tBPjto[ 編集 ]
>アメリカン・コミック始め外国漫画はほとんど市場に食い込んでいない
似たような構図だと思う

単純に面白くないマンガばかりだから。
「東周英雄伝」なんかは良かったが。

あと、ポニョはまだ雨では公開してなかったよね?
[ 2009/05/20 05:24 ] -[ 編集 ]
最近の宮崎アニメなんて、くそ面白くないじゃん。
[ 2009/05/20 06:00 ] -[ 編集 ]
アメリカでの公開が遅くて、興味のある人は違法ダウンロードか
ファンサブでとっくに観ているっていうことが大きいと思う。

質問者も、ポニョはダウンロードで観ようとしたけど、って
言っているぐらいだからその時点で答えが出ていると思うんだけど。
[ 2009/05/20 06:38 ] -[ 編集 ]
日本でも、宮崎駿(ジブリ)以外のアニメは子供かマニアの見るもの。
ジブリだけは、一般の大人も見ていいという風潮があるじゃない。
[ 2009/05/20 07:06 ] -[ 編集 ]
どんなにいい映画だって宣伝されなきゃ絶対にヒットするわけないよ
タイタニックだろうがロードオブザリングだろうが同じこと
ましてそれが外国作品の、それもアニメなら尚更ね

結局のところ、興行収入なんてのは単に商業的なバロメータに過ぎないんだから、IMDBとかで評価されてるなら問題ないと思う
そもそも宮崎駿自身、海外のことなんてこれっぽっちも気にしてないだろうし
[ 2009/05/20 07:19 ] -[ 編集 ]
勢いで読めてアメコミ面白いんだけど単行本短いし連載凄い不安定なんだよね…
面白くないっていうより凄く売りづらいから日本でシェア取れないんじゃない?
長期連載途中で出版元が行方不明になるのの多いこと!
[ 2009/05/20 09:56 ] OeG2RGTk[ 編集 ]
宮崎アニメは文芸作品だろ。
アメリカでは子供は文芸作品は見ないし、親も見せようとしない。ましてや映画館のオーナーは試写会で「これどうよ」と言われた時点で「こんな大人が見るのか子供が見るのかわからんようなものかけないよ」と興味を無くすだけで、残るのは常に芸術作品やカルト作品をかけるのか大好きな変わり者の人か、大都市でニッチな層を狙える館だけだ。
本質的な論をすれば「日本のアニメ映画を見せる親はセレブっぽいぞ」と思わせれば勝ちってこと。
プリウスと同じ。
トヨタはうまいよな。
あれと同じことすればいい。
[ 2009/05/20 10:12 ] -[ 編集 ]
留学してたから言えるけどアメリカ人の娯楽文化に関する単細胞的気質だと宮崎アニメを理解するにはまだ数年~十数年かかると思う。あとどこかの雑誌で読んだけど業界による見えざる圧力もあるかもね。市場規模で言うとディズニーが圧倒的なのは、頭悪いガキでも分かる内容だから国の色んな事情を問わない強みがある。
[ 2009/05/20 10:33 ] -[ 編集 ]
ヘイカモン ディズニー!
[ 2009/05/20 13:36 ] -[ 編集 ]
日本でヒットしてるハリウッド映画も
似たようなものじゃない?
良い映画はそんなに多くないと思う。
やっぱり宣伝の影響は大きい。
[ 2009/05/20 14:07 ] -[ 編集 ]
>アニメを離乳食に置き換えて考えてみたw

大衆が「いい」映画より宣伝バンバンした糞映画の方を見るのはどの国もも変わらんよ
ジブリだってテレビであれだけもちあげられてるのに大ヒットしないわけがない。
北野武の映画は高評価なのに、興行的にはボロボロ。
結局多くの人が望んでジャンクフード食ってるのは日本でも同じなんだよ
でもそれでいい。「いい」映画=「楽しい」映画というわけではないんだから
[ 2009/05/20 14:11 ] -[ 編集 ]
北野武の映画が面白いって感覚が理解できない。
全部がテンポ悪いしな、見てていらいらするよ。
興行的には妥当だと思うね。
[ 2009/05/20 14:34 ] -[ 編集 ]
>北野武の映画が面白いって感覚が理解できない。
面白い面白くないはあくまで人の主観だから例え話としてだよ

黒澤明の映画を今の日本人の何割が見たことがあって、金曜ロードショーでいくら視聴率がとれるかっていう話。
批評家とか映画通は高評価が多いのに、一般の人は知らない映画が多いってのはまさにスレ主の言うアメリカでのジブリの状況と同じじゃないか
んで日本ではテレビとかにとりあげてもらえるから黒澤明の名前を知ってる人が多いけど、アメリカでのジブリにはそれすらない
[ 2009/05/20 14:58 ] -[ 編集 ]
アメリカ人にはジブリでも平成たぬきポンポコは嫌いだろ
[ 2009/05/20 15:35 ] -[ 編集 ]
宣伝すりゃ売れる。ディズニーがしないだけ。

で、ディズニーが何でしないかっつったら、日本のアニメの方が面白いって分かってるからだよ。自分で自分の首を絞めるバカは居ない。かといって排他的に扱うのも逆効果になる。

だから上の方で誰かも言ってたけど、生殺し、飼い殺しが一番得策。
[ 2009/05/20 18:16 ] -[ 編集 ]
宣伝しても絶対に売れない
感性の違いを認めないのはキモイ
[ 2009/05/20 19:01 ] LkZag.iM[ 編集 ]
簡単なことだよ。つまり、アメリカはまだまだって事。
[ 2009/05/20 19:15 ] -[ 編集 ]
確かアメではディズニーが版権持ってるんだろ。
そら積極的に売らんわな。
それにあの企業は色々と糞だしな。
[ 2009/05/20 19:26 ] -[ 編集 ]
いやアメリカがどうって話じゃないだろ。なんでこんなアメリカを非難してるやつがいるんだよ。Johnのせいか?

実際ろくに宣伝されてないみたいだし、一番の原因は「慣れ」じゃないかな。
一回テレビかなんかでタダで見てもらえれば他のも見たいって言ってくれる人も出てくるんじゃない?
[ 2009/05/20 19:50 ] -[ 編集 ]
猫の恩返しは宮崎駿監督作品ではない。ジブリ作品=宮崎作品ではないぞ。
[ 2009/05/20 19:57 ] -[ 編集 ]
Descent123 ( USA )
彼の映画はどれも魅力を感じないな。私はティーンや大人向けの映画が好みだ( 『アップルシード』、『妖獣都市』、『攻殻機動隊』、etc. )。

だめだこいつ、作品の奥が見えてない
[ 2009/05/20 20:25 ] -[ 編集 ]
というかアメはネイティブの娯楽すら飽和状態だからデキに関係なく海外の娯楽に意識も関心も向かんだろう
[ 2009/05/20 21:46 ] -[ 編集 ]
日本ほどブランド確立してないからじゃない

ハウルにしろポニョにしろ、宮崎の名前隠したらこっちでも誰も見んよ
[ 2009/05/20 21:50 ] mQop/nM.[ 編集 ]
単にねずみー供給の定番アニメが売れなくなったらやばいから
上映館数絞っただけだろ
[ 2009/05/20 22:24 ] -[ 編集 ]
日本人はアメリカ人よりも欧州人に目を向けるべきだね
欧州人のほうが芸術に対しての感性が高いよ
[ 2009/05/20 23:31 ] -[ 編集 ]
>宮崎の名前隠したらこっちでも誰も見んよ

まぁ確かに見ない人もいるんだろうな。価値観が周囲に振り回されるミーハーっているしw
しかしいい作品は名前が売れなくてもやっぱいい評価を得られるものだと思うよ。
だってさ、、人気はあったが宮崎が手がけたのを知られて無かったっつー作品もいっぱいあるじゃん。
俺は後で振り返って「あーあれもか・・・」となった作品が結構あるぞ。
コナンにナウシカは、宮崎駿だから見ようぜ!という視聴者はいなかったんじゃないか?
カリオストロもだな。
あれは小学校でわざわざポスターが貼られて学校推奨アニメとなってたわw
校長か教頭がこれいいからみんな見るべし!と貼ってたらしいwww
[ 2009/05/20 23:38 ] -[ 編集 ]
アイアンジャイアント、続編作んねえかなあ。
[ 2009/05/20 23:54 ] -[ 編集 ]
脳みそが原色のゲロと筋肉しか詰まってないからだよ!
[ 2009/05/21 00:08 ] -[ 編集 ]
まぁ もったいないなって話
[ 2009/05/21 00:15 ] -[ 編集 ]
>>アイアンジャイアント、続編作んねえかなあ。

あほか!ああゆうのは続編つくっちゃいかん
ほいであのアニメが実績となってそれなりに仕事のある監督になってるぞ

アイアンジャイアントのあのスピリッツは「Mrインクレディブル」に活きてるから見ろ
近作は「レミーのおいしいレストラン」だな。これは見てないから知らん。

あとこいつが脚本した「ニューヨーク東8番街の奇跡」も必見だ。アニメじゃないが

で、最後になったがその監督のブラッドバードだが、シンプソンズの製作に関わってたヤシなんだよwwwwww
[ 2009/05/21 00:32 ] -[ 編集 ]
宮崎は全くと言って良いほど、収入や名誉に興味が無いってのは、いろんなところでよく聞く
自分も宮崎のような人間になりたい
[ 2009/05/21 00:47 ] -[ 編集 ]
有名になるとアトランティスやライオンキングみたいに朴れなくなるじゃないですか!www
[ 2009/05/21 02:35 ] -[ 編集 ]
※[ 2009/05/20 14:58 ]
が一番まともな意見かな。ディズニーはどの年齢層が見たって面白いからな。
でもジブリ映画は子供が見たら面白くないものとか賛否両論のやつとかも結構あるからな。

>アメリカ人にはジブリでも平成たぬきポンポコは嫌いだろ

この映画は子供向けじゃねーだろw子供の頃見て落ち込んだわ。
[ 2009/05/21 03:37 ] -[ 編集 ]
ジブリはディズニーにとって脅威になるから、興業権を押えて契約上の最低限の上映館数でたいした宣伝もせず申し訳程度に興行してるだけだな。
ハリウッドも映画化権を買い付けて塩漬にしたりと、アメリカは姑息な手段が好き
[ 2009/05/21 04:16 ] -[ 編集 ]
最近ほとんどハリウッド映画見なくなったな。
アメリカ嫌い。
[ 2009/05/21 05:49 ] -[ 編集 ]

皮肉なら皮肉だって書いたほうがいいぜ?

宣伝方法、利益の関係、日本製アニメへの無知と誤解・・・書き出したらキリが無い。
好き嫌いで語れるほど単純な問題ではないのは確かだな。
[ 2009/05/21 09:55 ] -[ 編集 ]
一部で芸術的だとして高評価。
これでだいたい満足ですよ。
別にいまさら海外で興行的に大成功しなくてもね。
[ 2009/05/21 11:06 ] -[ 編集 ]
日本人の感性に合わせて作った作品だからねえ・・・
本気で向こうでのヒット狙うんなら最初からそっちに合うような品を
作らないといかんと思う。
[ 2009/05/21 14:19 ] -[ 編集 ]
二兎追うものは一兎も得ず
[ 2009/05/21 14:35 ] -[ 編集 ]
千と千尋は、宣伝と上映館数さえあれば、ヒットしていたと思う。それをしなかったのはディズニーの思惑が色々からんでるからだと思う。
トトロとかラピュタなんかの初期作品は同上だけれども、もののけ姫、ハウル、ポニョ、辺りの近年の作品は、米国でのヒットは無理だと思う。アート系映画の域だからマスはねらえない(もちろん宮崎監督はワザとやってるんだけどね。物語として破綻するほどの説明不足とか)

むしろ、日本でのヒットの方が異常なのかも。そういえば、初期の頃の宮崎映画も赤字だったらしい(その後のビデオ販売で黒字化)、日本でもアメリカでも作品の質と入場者数の関係は複雑だ。
[ 2009/05/21 14:53 ] -[ 編集 ]
何でそんなに宮崎駿がいい、いい言うのか判らん
俺には文部科学省推薦の道徳教育アニメにしか思えん
全然深くねぇよ
要は子供向け
[ 2009/05/21 15:53 ] -[ 編集 ]
豚に真珠とはよく言ったものだ。
[ 2009/05/21 15:55 ] -[ 編集 ]
何故ディズニーと手を組んだんだろ。
結果として海外進出の妨げにしかなってないじゃん。
[ 2009/05/21 23:45 ] -[ 編集 ]
アカデミー賞アニメ部門受賞・ノミネート作品でも
自国とディズニー以外の作品を積極的に見てる奴は少数派だろう
要はそういう事だ
[ 2009/05/21 23:50 ] -[ 編集 ]
>全然深くねぇよ  要は子供向け

~向け、だとかすぐほざく奴が多すぎる。
~向け、だとかお前の主観によるカテゴライズなんか誰も聞いてない。
何を観て「深い」と思うかは個人のものだ。
[ 2009/05/22 00:23 ] -[ 編集 ]
世界のショウビズは単純明快
「売れるか?売れ無いか?」
でしか判断しない。完全なビジネスなんだよな。
芸術性とかんなことはどうでもいいんだ。
Tシャツジーンズスニーカーで、バケツのようなポップコーンとバケツに入ったコーラを抱えた150kgのアメリカ人が映画館に何人くるかしか考えない。

この辺の感覚は日本は完全に立ち遅れてる。
つーか無い。
なので、映画も舞台も単なる数奇者の道楽
ビジネスとして成り立ってない。

宮崎監督の作品がマーケティング的に客がよべないと判断されただけだろ。
(つまらないとか価値が無いとかっていう意味じゃない。)
[ 2009/05/22 09:20 ] -[ 編集 ]
飼い殺しにするのがディズニーの目的なんだろ。
宮崎アニメはディズニーにとって脅威でしかないからな。

ハリウッドというのは“他社に映画化させない為”だけに日本漫画の映画化権を買収したりするような所。
商売仇を潰す為ならなんでもやる。

本気でアメリカで成功するつもりならジブリはディズニーと手を切り、実写映画メインで商売している他社と手を組むべき。
[ 2009/05/22 09:36 ] -[ 編集 ]
白人が商売敵に便宜なんか図るわけ無いだろw
ディズニーと手を組んだ時点で終わりなんだよ
[ 2009/05/22 09:56 ] -[ 編集 ]
こんなの文化の発展してる大国ならどこも同じ
日本のほうがブランド志向だと思う
自国のブランドの電化製品しか信じないし買わない
アニメなんて子供の見るもので宮崎作品以外は興味なしだし
昔の日本ならアメリカかぶれだったり、なんでも欧米のものを崇拝してたかもしれないけど
たいていなんでも日本のものが一番質が高いと分かったからね。
[ 2009/05/22 13:39 ] f/e9WUoU[ 編集 ]
それにしても、このDavid.Sethみたいな批判者が出てくるのがアメリカのすごいところだな。
[ 2009/05/22 15:37 ] -[ 編集 ]
以前宮崎駿のアニメの欧米での評価を集めたHPを見た事あったけど、こういう実態があったのね。なるほどね。
これはなかなか良いスレです。管理人GJ♪
[ 2009/05/22 15:59 ] -[ 編集 ]
>>ハリウッドというのは“他社に映画化させない為”だけに日本漫画の映画化権を買収したりするような所。
>>商売仇を潰す為ならなんでもやる。

さらに買った映画化権の作品のいいところをパクり、他作品を作る。契約上アメリカ国内での権利を手に入れているので訴える権利があるのは自分の会社。訴えられる心配はなく原作元に儲けさせず自社と身内だけ儲けたり・・・すごいこと考えるよなぁ、アメリカは。
[ 2009/05/22 18:58 ] -[ 編集 ]
米欄で語られてるような、でずにーの思惑がどんくらい影響しているのかは分からんけど…
歌舞伎では昔、江戸と大阪(と京都だったかな?)でそれぞれ演じ方を変える必要があったそうで。
好まれる演じ方が土地によって違ったからだそうです。

映画は役者と違って演じ分けなんてできないけど、それなら芸術作品として扱われるのは妥当では。
娯楽においてグローバリズムなんて無理だし、望むべきでもないと思う。
宮崎作品の場合は宣伝次第で興行成績は上がるかもしれんけど、
それでもアメリカ全体に受けるかは分からんと思う。
[ 2009/05/23 04:52 ] -[ 編集 ]
単に感性の食い違いとアニメの浸透深さでは?まぁもちろん宮崎駿ブランドが確立してないってのもあるが。。。

最近のリサーチでは欧米人と日本人では見るもの感じるものが根本的に異なるってのが測定されてる。例えば人を見る時欧米は目を見て、アジア人は鼻をみる(http://scienceblogs.com/notrocketscience/2008/08/westerners_focus_on_the_eyes_east_asians_on_the_nose.php)。アジア人は鼻を焦点を置く事によって人間像の全体を感じ取る。欧米人は逆に一つ一つ顔のパーツを組み立てて人間像を分析する。似たような例をもう一つあげると、日本人は欧米人と比べて背景を検出するのに長けてる(http://scienceblogs.com/cognitivedaily/2006/04/the_surprising_effect_of_cultu.php)。逆に言うとアメリカ人は背景をある程度無視して前景にある物体を直視できる。っていう事は、日本人はホリスティックでアメリカ人はアナリティック。全体のニュアンス、セッティングを観る日本。対するは個々の個性、相互作用を観るアメリカ人。映画の作り方、見方といろいろ影響するのではないでしょうか。

これを踏まえた見解:アニメを楽しむにはホリスティックな考え方が必要。ストーリーの設定、背景が奇怪。たった一人のビジョンがアニメのすべてが成り立つ。非現実的で独特な世界観が映し出せる半面、キャラクターは単調。逆にライブアクションの映画は「現実」とういう規制/背景の中、ストーリーを作らなければならない。俳優、監督、脚本との複雑な連携があり、個々が結集して一つの作品となる。で、以下のような傾向が見える。。ロマンチストで想像力のある日本人はアニメの世界に入る事ができ、比較的リアルなアメリカ人は人間味のあるライブアクションを好む。

アメリカのアニメは元々(今もだが)子供向けのものばっかり(大人はエンジョイできないから?)。いきなりジブリの作品が出てきても興味は示さないでしょう。シュレックとかストーリーや背景は単純だけどキャラクターに好感が持てる。もののけ姫みたいに淡々と仕事してるだけのキャラが子供向けの映画を期待してるアメリカ人が果たして楽しめるかどうか。逆にトトロや宅急便は売れてるような気がする(知らんけど)。それでもある程度売れてて映画館でやってるのだから成功した方では?僕はそれで満足だが。

アメリカ人はアホや!とかの意見もあるけど怠惰な日本ナショナリズムにしか聞こえない。見解相違、それだけ。ってか逆に日本の映画がもっと現実のテーマに寄り添った作品を作ってほしい(The WireやWeedsなど、映画じゃないけど)。
[ 2009/05/23 07:24 ] jYTVg54g[ 編集 ]
アメリカ人は単純でセンスがないからな
[ 2009/05/23 07:24 ] -[ 編集 ]
日本で言うオプーナかな。
[ 2009/05/23 08:03 ] -[ 編集 ]
高級料理店よりジャンクフードチェーン店のほうが稼げるってことよ
良い作品が稼げる作品だとは限らない
[ 2009/05/23 09:04 ] -[ 編集 ]
宮崎アニメの複雑さと繊細さはアメリカ人の脳の理解力と
許容量を大幅にオーバーしている。
ディズニーのミュージカルアニメやピクサーのCGアニメくらいしか
彼らは理解出来ないだろう。
一部の文化的素養と教育レベルの高い都市住民が価値に気付くくらいでね。
田舎の何もない掘っ立て小屋でクスリをキメながら
銃をぶっぱなして狩りにいそしんでるような圧倒的大多数のアメリカ人は、
そこらの猿と知能程度は大して変わらん。
[ 2009/05/25 07:35 ] -[ 編集 ]
外人たちの視点は鋭いね。
的を射ている

結局のところジブリアニメは脅威なんだと思うよ。
保守主義的なアメリカというのかな
[ 2009/05/25 12:42 ] -[ 編集 ]
ナショナリストの頭の悪さは世界共通
[ 2009/06/05 19:49 ] -[ 編集 ]
MojoBoxOffice での米国以外の興行収入と、米国内のみの興行収入には高い相関がある(俺が調べた2000作品では相関係数は0.8くらい)
にもかかわらず宮崎作品はその逆を行っている。こういう作品は少数派。
なぜなら"全世界"といっても、米国"以外"の興行収入の80%は日本国内での興行収入で、日本以外で400万ドル以上稼いだのは米国と韓国くらい(ただしドル換算)。
つまり世界的にみればアメリカは売れた方で、アメリカ人がジブリを特別嫌ってるわけではない。
IMDbというインターネット上の映画サイトでは、8.1点という高い評価をされている。IMdbの投票者の80%は米国人だ。
つまりこれは、アメリカ人が他の国に比べて保守的と言えるわけでもない。
ブランド志向といえるわけでもない。
アメリカ人は単純でセンスがないからなんてこの資料が読み取れない。(そう読み取る奴は頭悪いし、死んだ邦画良い)
ジブリ作品はハリウッド作品のような売れ方をしていないというだけ。



[ 2009/06/05 20:40 ] yOF1eMYg[ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/01/27 11:08 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 11:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/06/05 14:04 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/07/07 14:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/07/27 13:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/12/06 05:33 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/30 22:40 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/11/06 01:15 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/12/13 04:28 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/07/20 02:20 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/01/04 01:21 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/11/27 05:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/02/20 08:50 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/08/24 12:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。