ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメタイトルの翻訳について ( 海外フォーラム ) 

元記事:Title translations, or lack thereof (rant).



Zalis116
ファンサバーやアニメファン、それからこの二者ほどではないが、アニメをライセンスしている企業。彼らのアニメタイトルに対する考え方や姿勢への不満からこのスレッドを立てた。具体的にいうと、原題の雰囲気をうまく伝えた、時にはそれが公式なものですらある英語のタイトルが存在するにも関わらず、日本語の原題を使用することに固執する人達に私はいらついているんだ。もちろん、日本語という異国の言葉にはある種の「クール」さがある。けれど、簡単に翻訳できるはずの日本語をあえてそのままにしておくことで、視聴者にその意味を調べさせたり、憶えさせたりすることを強制するよりも、平均的な視聴者にとって分かりやすいタイトルを使うことの方が大切だ。
私はある程度日本語の知識があるけれど、それでもまだまだ勉強中であるから、未翻訳のタイトルの意味がわからなかったせいで観ないでいた作品があったりする。例えば『ハヤテのごとく!』や『ひぐらしのなく頃に』のような作品ですらそうだ。最終的には観賞することになったし、大変気にも入ったけれど。日本語を学んでいる私ですらこうなのに、日本語の知識が何も無い人達は棚や、会話や、ファンサブのリストに出てくるこれらの日本語そのままのタイトルをどのように受け取るだろうか?

これからいろいろな具体例を挙げていくけれど、その前にみんなに質問したい。みんなはこれは翻訳すべきだった、あるいは逆にこれは翻訳すべきではなかったと思う作品を何か知っている? それからタイトルの意味が分からなくて避けていた作品はある?

----------------------------------

( 愚痴開始 )

翻訳された公式タイトルが、原題とはまったく違うものになっている場合に、原題を使おうとする理屈は私も理解できる。例えば『はじめの一歩』[Hajime no Ippo] -> Fighting Spirit、『君が望む永遠』[Kimi ga nozomu Eien] -> Rumbling Hearts、あるいは『京四郎と永遠の空』[Kyoshiro to towa no sora] -> Shattered Angels。けれど、Kino's Journeyを『キノの旅』[Kino no tabi]と呼ぶ必要が本当にあるのだろうか? Kino's Journeyという英語のタイトルは何年も前から存在していたというのに? 習慣や原題に馴染んでしまったという理由で暫くの間日本語タイトルを使用するのなら理解できる。けれど、どうやら古い習慣というのはなかなか抜けないもののようだ。AnimeNationのJohnはこの手の人間の代表的な一人だ。彼は翻訳された公式タイトルが出てきても、しばらく、あるいはそれ以降もずっと、『地球少女アルジュナ』[Chikyuu Shoujo Arjuna]、『少女革命ウテナ』[Shoujo Kakumei Utena]、『アベノ橋魔法商店街』[Abenobashi Mahou Shoutengai]、『十二国記』[Juuni Kokuki]、それから『妄想代理人』といった作品名を挙げるときに原題を使用する。Paranoia Agent( 妄想代理人 )に関しては、私が所持しているファンサブですら「Paranoia Agent」と呼んでいるし、それが当然なのだ。もし君がトレント( P2Pソフト )の最新のリリースのリンクを眺めたとして、「Mousou Dairinin」とあっても君が日本後を知らない限りその作品がどんなものなのか、このタイトルからは何も伝わってこない。けれど、「Paranoia Agent」なら伝わってくる。

多くの場合、日本語のタイトルをそのままにするというライセンス企業の判断は理解できるものだ。たとえば『恋風』を「Love Wind」と訳しても響きがぎこちないし、この作品の本質的な情報は英語/日本語いずれにしてもタイトルからは伝わらない。『るろうに剣心』は「Wandering Swordsman」( 放浪する剣客 )とでも訳せたかもしれない。けれど原題のままでも少なくともタイトルに主人公の名前が含まれているのだから、納得はできるものだ( いずれにしても「Samurai X」よりはよっぽど納得できる )。『灼眼のシャナ』[Shakugan no Shana]も同様。『灰羽連盟』[Haibane Renmei]というタイトルは平均的な視聴者にとって分かりやすいものとは言えないが、主人公であるラッカから見て「謎めいた」組織という意味では等価だといえるし、直訳の「Charcoal Feathers Federation」では少しばかり長ったらしい。『岩窟王』[Gankutsuou]には「Count of Monte Cristo」( モンテ・クリスト伯 )というサブタイトルが付けられていた。『藍より青し』[Ai yori aoshi]は語呂あわせになっているので、訳すのが困難だ。一方で、みんなは覚えているだろうか。ADVが『うたわれるもの』[Utawarerumono]をリリースする際、「Shadow Warrior Chronicles」( 影の戦士の年代記 )というタイトルを使おうとしたときに、インターネット上で激しい反発が起こったことを? 「Shadow Warrior Chronicles」というタイトルはかなり頓珍漢だとは思う。だからといって、原題のままでは、その意味を理解することはおろか、ハードコアなファンでもほとんどの人がが正しく発音したり記憶したりすることすら不可能だろう。7音節もある日本語の原題を使うのは、それはそれで極端過ぎると考えざるを得ない。ADVの誰かがきっと、「The one they sing of」を市場向きに解釈したタイトルを考え付くことが出来たはずだ。どうやら『神無月の巫女』[Kannazuki no Miko]のセールスはあまり成功とは行かなかったようだ。みんなはこの結果をもたらした要因の一つに、( 日本語を理解しない者にとって )意味不明のタイトルがあるとは思わないか?

ファンサブについては、私はYouTubeのドキュメンタリストであるOtaking77077の「偽善、もしくは選り抜きのナンセンス」というフレーズを思い出さずにはいられない。『ゼロの使い魔』[Zero no Tsukaima] / Familiar of Zeroを例にとってみよう。この作品を「Familiar of Zero」としてリリースしているファンサブグループは一つもない( たとえ公式のアートブックなどではこのタイトルが使われていても )。恐らく彼らはこのタイトルは翻訳不可能、あるいは翻訳すべきではないと考えているのだろう。オーケイ、「Zero」はすでに英語になっている。けど「Tsukaima」についてはどうだ? この単語は作品中では毎回「familiar」と翻訳されている。それならどうしてタイトルだけ原題を頑なに守る必要があるのだ? 会話の中でこの作品に触れるときに「FoZ」ではなく「ZnT」という略称を使うことを主張する知り合いがいる。彼は「Tsukaima」という言葉を覚えてすらいないし、正しく発音もできないにも関わらず。「FoZ」を使おうとしないことに対する彼の言い分はこうだ。「えーと、誰もそれを使っていないから」。それから、世の中には「AのB]、あるいは「AとB」という形式を持つ作品タイトルが沢山ある。これは訳そうと思えばとても簡単かつ違和感なく訳せるものであるにも関わらず、翻訳されることがない。『無限のリヴァイアス』[Mugen no Ryvius]では視聴者はどういう「リヴァイアス」なのかさっぱり見当がつかない。しかし「Infinite Ryvius]なら理解できる。幸い、『涼宮ハルヒの憂鬱』[Suzumiya Haruhi no Yuuutsu]はファンサブレベルでも「The Melancholy of Haruhi Suzumiya」というタイトルが使われた。しかし『乃木坂春香の秘密』[Nogizaka Haruka no Himitsu]はその幸運には恵まれなかった( 「Nogizaka Haruka's Secret」というタイトルを採用したたった一つのファンサブグループには賞賛を与えよう )。名前の順番の問題は別として、「himitsu」を翻訳しないことのどこに意味があるというのだろうか? ほとんどの視聴者はどういう意味かわからないだろうし、それに作品中でこの日本語が翻訳されないまま残っているなんてことは確実に無いはずだ。裕人が「Don't worry Haruka, I'll protect your himitsu」( 「心配するな春香、ヒミツは守る」 )と言うシーンなんて観たことがない。そういうわけで私は、このようなタイトルを翻訳せずにそのまま残しておく行為は「偽善、もしくは選り抜きのナンセンス」だと結論付けるしかない。「AとB」という形式のタイトルを翻訳しないのは特にマズイ。例えば『アリソンとリリア』を「Allison to Lillia」としておくと、この「to」を英語の前置詞の「to」と解釈した場合、完全に意味を誤解してしまう。そうでありながら、主要なファンサブグループはこの作品を「Allison and Lillia」と呼ぼうとしない。『伯爵と妖精』[Hakushaku to Yousei]についても同様だ。これを「Earl and Fairy」と呼ぶことで何かが損なわれるとでも言うのだろうか?

それから、日本語のタイトルの言葉を一対一で英語に翻訳できるのに、ファンやグループがそれでも翻訳したタイトルを使おうとしない作品がある。例えば『苺ましまろ』[Ichigo Mashimaro] / Strawberry Marshmallow。それから、主要なファンサブグループが「High School」と翻訳してリリースしているのに、『桜蘭高校ホスト部』[Ouran Koukou Host Club]( あるいはもっとひどい場合、「ホスト部」[Host Bu] )と呼び続ける人々がいる。私は過去に『狂乱家族日記』[Kyouran Kazoku Nikki]があまり知られていないのは、この原題がほとんどの人にとって意味不明の文字の連なりにしか見えないからであり、もしタイトルを「Frenzied Family Diary」といったものにしていれば結果は違ったはずだと主張したことがある。私は最初原題が使われていたせいで、この作品を観ようともしていなかった。その後、このフォーラムでの他の人の投稿をきっかけに観ることになったけど。『無責任艦長タイラー』[Irresponsible Captain Tylor]が15年前でなく今放送されたと仮定してみよう。"Musekinin_Kanchou_Tylor_01_[CC4570AF].mkv"というファイル名でリストアップされていても、昨今では誰も驚かないだろう。『貧乏姉妹物語』[Binbou Shimai Monogatari]はどうだろう? 平均的な視聴者にとっては意味不明だ。これが「Poor Sisters Story」ならどうか? 誰が見ても理解できる。

また、すでに日本企業側で英語のタイトルが用意されている作品もある。たとえば『ハヤテのごとく!』の「Hayate the Combat Butler」や『この醜くも美しい世界』の「This Ugly and Yet Beautiful World」などだ。そうでありながら、ファンやファンサバーは日本語のタイトルを使うことに固執する。少なくとも『瓶詰妖精』[Bottle Fairy]や『鋼の錬金術師』[Fullmetal Alchemist]はこの運命を逃れることができたが。ときどき、日本側が英語のタイトルについて奇妙な要求をしてくることがある。ユルい翻訳である「Neon Genesis Evangelion」を要求することもあれば、先述した「Rumbling Haerts」といった原題と完全に異なるタイトルを要求してくることもある。けれど、GONZOの「Desert Punk」については、原題の『砂ぼうず』[Sunabouzu]を使い続ける必要があるほどの違いがあるだろうか。誰かにとってはそうなのだろう。

( 愚痴終了 )

---------------------------------------

おそらく、探せば他にも愚痴りたい作品はおそらく出てくるだろうが、もう散々書いたのでこの辺にしておく。簡単な回答が出せないタイトルもいくつかあることは認めよう。たとえば『あさっての方向』[Asatte no Houkou]は平均的視聴者にとっては理解できるもではないが、かといって「The Direction of The Day After Tomorrow」と翻訳しても、長すぎるしあまりしっくりこない。「Crimson-Stained Slope」はちょっと間が抜けているけど、かといって原題の『あかね色に染まる坂』[Akane-iro ni somaru saka]も実際のところ同じように馬鹿げたタイトルだし、日本語がわからない人にとってはただの字の羅列にしか過ぎない。どっちにしても大したことないタイトルであるなら、理解できるもののほうがマシだろう。しかし、こういうケースがあるにしても、私はotaking77077の「ファンサブは排他的でエリート主義だ」という意見に同意したくなる。なぜなら、多くの場合、彼らは「分かりやすさ」よりも「クールさ」を採るからだ。もちろん、ファンサブは、よりハードコアな視聴者向けに作られているものだ。けれど、その作品が面白いかどうかを判断するために、複数のリンクを辿ったり漢字の意味を調べたりする必要があったりするべきではない。結局のところ、ADVが1993年にリリースしたVHSテープに『魔物ハンター妖子』[Mamono Hunter Youko]というタイトルを付けなかったのには、それなりの理由があるのだから。

walw6pK4Alo
うたわれるもの』を「Song of the West」にしたら面白かったかも。けど、それでも作品の内容は何も伝わらないね。

ゼロの使い魔』に関してだけど、これは単純に「Familiar of Zero」よりも口にしたときに響きがいいんだ。英語にするにしても「Zero's Familiar」の方がまだマシだろうね。それから私は思うのだけど、結局は翻訳が優れているかどうかよりも、響きがいいかどうかというところが問題なんだよ。

それから作品ごとに違うけど、結局のところ、みんなに好まれるタイトルが最終的に使われることになる。最初から英語のタイトルであればベストなんだけどね。たとえば『カオスヘッド』[CHAOS;HEAD]とか。これなら間違いは起こるはずもない。けど翻訳した結果が最悪な場合もある。例えば『グレンラガン』とか。そう、「Heaven Bursting Red Face」のことさ!

だから、まあ、人はおそらく響きがまともな方に流れるだけなんだ。そして、大抵の場合はそれは日本語なんだ。何故なら、日本語だと直接意味が分からないから。けど、唯一それが馬鹿げたものに思えるのは、「Mobile Suit」の代わりに「Kido Senshi」を使うことかな。

Top Gun
翻訳されたタイトルにバカバカしいほど下手なものであったりしない限りは、君の意見に全面的に同意する。不必要な日本語の氾濫は純粋主義( 人によっては日本信者と言うかもしれない )か、ただの愚行だ。例えば、私はMyAnimeListのアカウントを持っているのだけど、ライセンス化により正しく翻訳された英語タイトルが存在するにも関わらず、いまだに大多数の作品が日本語タイトルのままになっているのは、私を果てしなく苛付かせる。そのせいで、定期的にクリックして概要を確認しないとそれがどういう作品だったのか思い出すことが出来ない作品もある。言葉っていうのは、思いや考えをコミュニケートするためのものであって、「クールな響き」のために作品のコンセプトをぼやかすためのものじゃないんだ。

ちなみに、『グレンラガン』[Gurren-Lagann]はこの言葉自体が作品内で適切な名詞として使われているから、翻訳されることは決してないだろう( 私はこの二つの単語が実際の言葉だとは考えてもいなかったよ )。バンダイが「天元突破」の部分をそのままにしておく判断をした理由は、これが英語に綺麗に訳せないからだ。「Heavenly Breakthrough」ではあんまり響きが良くないしね。

larinon ( USA )
鋼の錬金術師』がライセンスされたものの、まだ実際にリリースはされていない時期に、多くの人がこの作品を「ハガレン」[HagaRen]と呼んでいたのを憶えているよ。これは日本語タイトルを短く縮めたものなんだ。それから、『フルーツバスケット』を「フルバ」[Furuba」と呼ぶファンがいることについて考え始めると、段々苛々してくる。

ひぐらしのなく頃に』[When They Cry]はちょっと問題があると思う。翻訳するのはいいんだけど、タイトルにある「they」は作品を観た人でなければ、誰を指しているのか不明瞭だ。結局鳴いているのは蝉なんだけど、仮に作品を観ても最初の方ではまだ不明瞭だ。泣いているのは女の子なの? って感じでぱっと見ではなかなか理解できないだろう。たぶん「When the Cicadas Cry」( 蝉が鳴く頃 )の方がよりわかりやすかっただろう。

それから『乃木坂春香の秘密』に関してだけど、これを観た何人かの友達はいまだにタイトルを正しく覚えていないし、言うこともできない。単純に英語話者にとって発音するのが難しいんだよ。「Haruka Nogizaka's Secret」のほうが良かったかどうかは分からないけど、「Himitsu」の部分を翻訳しないのは理解に苦しむという点は同感だね。

Fermi
翻訳するには変なタイトルとして『あずまんが大王』が頭に浮かんだ。もしこれが翻訳されていたら、「Great King Azuma's Manga」みたいな感じになったのかな? こういうケースでは、ユニークさを損なわないように原題をそのまま使うべきだと思う。

それから、『ぱにぽにだっしゅ!』や『DOKI DOKI SCHOOL HOURS』などはそのままにしておくべきだと思う。これらは作品のある種の突拍子の無さを示唆しているものだから( けど正直なところ、「ぱにぽに」に日本語としての意味があるのか定かではない。「DOKI DOKI」は心臓の鼓動を意味しているのだと思う )。

けどこれらの例を除けば、基本的に私は日本語のタイトルを使うことを主張するのは、ちょっとばかり厚かましいし、エリート主義だと感じる。特に適切な英語の翻訳が既に存在するような場合は。そういう主張をする人は、まるで全てのアニメファンは日本語の基礎を習得しているものだと思い込んでいるみたいだ。それが英語を元にしたタイトルだったりするとなお悪いよね。例えば「Raki Suta」( Lucky Start )とか。

retty ( UK )
花より男子』が「Boys Over Flowers」というタイトルでリリースされたのは気にいらなかったな。英語だと単純に意味不明だよ。けど、大抵の場合は英語のタイトルの方が好みだね。英語タイトルなら、少なくとも憶えられるまで10回も繰り返しタイトルを口にしたりしなくていいから。けど直訳が難しい場合は、作品と関連のある新しい名前を付けるのも別に問題があるとは思わない。日本人だって英語の作品に対して同じことをしているのだから、我々だけが逐語的に翻訳しなければいけないということはないんじゃないの?

dormcat ( 台湾 )
> 例えば『アリソンとリリア』を「Allison to Lillia」と
> しておくと、この「to」を英語の前置詞の「to」と解釈した場合、
> 完全に意味を誤解してしまう。

じゃあ所有を表す「no」(の)はどう? これの方がもっと誤解を生じやすくない( 英語だと「反対」とか「否定」の意味に取られちゃうよね )?

BES Null Core ( 中国 )
「A to B」は英語として文法上自然、かつとても一般的なフレーズなので誤解を生じやすいけど、「A no B」は英語の表現として自然じゃなく、あったとしてもブロークン・イングリッシュでしか出てこないだろうから、誤解を招く可能性は「to」よりも低い。日本語の知識が完全に無い人で無い限りは勘違いすることは無いだろうね。

Dorcas_Aurelia ( USA )
私は英語のタイトルの代わりに日本語のタイトルを時々使っていることを認める。けどそれは原題の方に馴染んでしまっているせいであることが多い。例えば、私は君がこのスレッドで説明してくれるまで『狂乱家族日記』[Kyoran Kazoku Nikki]がどういう意味なのか分からなかった。ファンサバーがタイトルを翻訳することを拒絶するのはいらいらする。たとえば「The Daughter of Twenty Faces」( 『二十面相の娘』)の原題を私はいつまで経っても覚えることが出来ないのだけど、ファンサバーが使っているのは原題の方なんだ。「Utawarerumono」とか「Kono Minikuku mo Utsukushi Sekai」といったタイトルを発音できるようになると気分がいいと感じるものの、私は意味不明な言葉を繰り返し口にするよりは、その言葉の意味をむしろ知りたいと思う。

DragonsRevenge
おーこれはいいスレだね。

えーと、私は発音出来なかったり舌が絡まるようなタイトル( Utawarerumono……合ってる? )でない限りは、どちらでも構わない。ただ、翻訳タイトルに原題と完全に異なる新しい名前をつけることに関しては反対。「Rumbling Hearts」があの作品(『きみが望む永遠』)のタイトルだなんてにわかには信じがたいし、本当に陳腐に聞こえるよ。それから私は『ニニンがシノブ伝』[2X2 = Shinobuden]を「Ninja Nonsense」などというタイトルに変更したRight Stufという会社が大大大嫌いだ。確かにこれはナンセンスな作品だから、そういう意味でそのタイトルは間違っていないかもしれない。だからといってもう少しマシなタイトルがあるだろう。せめて「Two By Two Shinobuden」くらいにして欲しかった。

私が一番うっとうしいのは、ガチガチの日本信者達が、明らかに西洋の名前を持つキャラクターを呼ぶ際に、かたくなに日本語発音を使うこと。他の掲示板にいた『鋼の錬金術師』のフリークは、エド[Ed]やアル[Al]のことを頑なにエド[Edo]、アル[Aru]と呼んでいた……何なんだ一体?

abynormal
あー、私も同じだよ。『デスノート』のライト[Light]を頑なにライト[Raighto]と呼ぶ奴がいるよね。これって詰まるところは日本かぶれなんだと思う。

frentymon ( USA )
君がどういう経験からそういう意見を持つようになったかは理解できるし、ある程度は賛成もする。けれど、幾つかの点で私は反対の意見を持っている。

君はファンサブが英語翻訳したタイトルでリリースすれば、混乱が少なくなるだろうという前提で議論を進めていると理解した。しかし、これはあくまで私の私的な体験談だけれど、ファンサバーが英語版のタイトルでリリースしたせいで逆に混乱してしまうという、結果が起こったことがある。私は「Earl and Fairy」が一体どの作品のことを指しているのか理解するまでに暫く時間を要したし、もし『あかね色に染まる坂』[Akane-iro ni somaru saka]が「Crimson-Stained Slope」などと訳されていたら、おそらく私はさらに混乱したことだろう。多くのファンサブ視聴者は日本びいきの傾向があるから、タイトルも英語より日本語のほうがそれら視聴者にはきっと親しみやすいのだろう。そういうわけで、ファンサバーが英語版タイトルでリリースするのは、原題そのままでリリースするよりも多くの混乱を招くだろう。私の見解では。

それに翻訳するといっても、どういう風に翻訳されるかは人によって変わるよね。日本語から英語にタイトルを翻訳する場合にも、いろいろな訳し方がある。もし公式に翻訳版タイトルが提示されていない場合、推測して翻訳するしかない。翻訳版タイトルがプロデューサーやクリエイターから提示されているのであれば、私もファンサバーはそれに従えばいいと思う( 例えば「The Familiar of Zero」(『ゼロの使い魔』))。けれど、『あかね色に染まる坂』のような作品については、私は翻訳しても同じくらい混乱するようなタイトルになる上に正式ライセンス版では変わる可能性すらある英語版タイトルを使うようりは、日本語版のタイトルの方が好ましいと思う。「Akane-iro ni somaru saka」はこれに対応する英語のタイトルよりもまともに聞こえる。というのも、文節を持つ日本語のタイトルは英語に訳すと往々にしてぎこちないものになってしまうんだ。

無限のリヴァイアス』[Mugen no Ryvius]を「Infinite Ryvius」に変えれば余計な混乱を起こさないという意見には同意。ファンサバーがこれを原題のままにしていたら、日本語に精通していない人は混乱しただろう。原題が英語混じりだったり、タイトルの一部が固有名詞だったりする場合には、完全に翻訳してしまうべきだろうね。例えば『新世紀エヴァンゲリオン』[Shin Seiki Evangelion]、『乃木坂春香の秘密』[Nogizaka Haruka no Himitsu]、『涼宮ハルヒの憂鬱』[Suzumiya Haruhi no Yuutsu]、『無限のリヴァイアス』[Mugen no Ryvius]、『アリソンとリリア』[Allison to Lillia]、『ミチコとハッチン』[Michiko to Hatchin]等。あるいは、その作品がライセンスされてから暫く経っていて、かつ公式タイトルが英語に翻訳されていて、さらにそのタイトルが元のタイトルからそれほどかけ離れていないのであれば、それを使うべきだろう。完全にかけ離れたタイトルの具体例としては「When They Cry」( ひぐらしのなく頃に )や、「Rumbling Hearts」( 君が望む永遠 )、「Samurai X」( るろうに剣心 )。



昔に比べると最近は洋画のタイトルも原題をそのままカタカナ読みにしただけのものが多い - というような話を以前村上春樹のエッセイで読んだような記憶があります。
「ボーン・スプレマシー」なんて言われてもなんのこっちゃという感じですよね。

更新の間隔が空いてしまい申し訳ありません。ここのところ日付が変わってから帰宅する日々が続いており、翻訳する時間がとれません。週末にはなんとか更新できればと思っています。




B001HVWN5G狂乱家族日記 九かんめ <最終巻> [DVD]
藤村 歩, 近藤孝行, 広橋 涼, 戸松 遥, 黒田やすひろ
バンダイビジュアル 2009-03-27

by G-Tools
[ 2009/05/15 02:06 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(97)
犯罪者がガタガタうるせぇんだよ
ファンサブなんてねぇよ

クリミナルサブかシーフサブはあるが
[ 2009/05/15 02:28 ] -[ 編集 ]
ライトの発音はraitoが正解だと思う
名前だし
[ 2009/05/15 02:41 ] -[ 編集 ]
とても長い翻訳お疲れ様でした。いつも楽しみにしてます。勝手な言い分ですが、ご自身のペースでいいので、これからもよろしくお願いします。

あと、上の人が言っているように、ファンサブという言い方が罪の意識をなくしている理由の一つなのではと思います。それを今ここで言っても詮無いことでもありますが、言霊じゃないですけどいつかもう少し強い言葉に換えて欲しいものです。
[ 2009/05/15 03:00 ] -[ 編集 ]
日本では正式に訳されて無い物は勝手に訳したりしないけどな。
てかファンサブの話かよ。
向こうにはファンサブで見るヤツしかいないわけ?
[ 2009/05/15 03:02 ] -[ 編集 ]
らき☆すた=lucky☆star

こういうのはアリだな
[ 2009/05/15 03:35 ] -[ 編集 ]
>日本では正式に訳されて無い物は勝手に訳したりしない
それは流石に盲目的かと…


彼らは結局日本での面白かった、面白くなかったって意見を情報源にしている人が多いでしょうから、下手に英語に翻訳される方が日本語でいうどの作品の事なのか解らなくなって困るんでしょうね。
スレでもあるように、誰もが同じ文言に翻訳するわけではないでしょうから、訳した題名が数種類でてくる事も少なくないでしょうしね。
[ 2009/05/15 03:39 ] -[ 編集 ]
ひぐらしをセミにしたらアカンだろ。
情緒がなくなるじゃねーかよ。

日本信者がどうのこうのとか言ってる奴にイラッとするわ。
[ 2009/05/15 03:50 ] -[ 編集 ]
ファンサバーが日本語に固執するのに文句言うってのもなあ
大体ファンサバーがタイトルまで勝手に付けだしたら勘違いも良いとこだろ
[ 2009/05/15 04:09 ] -[ 編集 ]
ファンサブ?で一番気に入らないのが
OPの製作スタッフの名前の横に、堂々と自分達のグループの名前を入れること

こいつら何様のつもりだと
GAIJINはこれだから糞なんだよ
[ 2009/05/15 04:41 ] -[ 編集 ]
>Zalis116
こういう奴ばっかが変なタイトル付けるから
原題のままの方が安全なんだろ
はじめの一歩=fighting spirit(笑)
[ 2009/05/15 04:56 ] -[ 編集 ]
「うたわれるもの」は平仮名でこう書かれているから意味が有るわけで。
[ 2009/05/15 06:17 ] -[ 編集 ]
オリジナルに対する敬意とかあるんじゃないの?
そもそも名前の意味が分からないってそのアニメのファンサブ行けば
タイトル訳も書いてあるだろうに
[ 2009/05/15 06:18 ] -[ 編集 ]
なんでフォーラムへの反応じゃなく
ファンサブしね、になるのかな

記事の内容とても面白いのに
[ 2009/05/15 06:54 ] -[ 編集 ]
>簡単に翻訳できるはずの日本語をあえてそのままにしておくことで、視聴者にその意味を調べさせたり、憶えさせたりすることを強制するよりも、平均的な視聴者にとって分かりやすいタイトルを使うことの方が大切だ。


意味を調べさせたり覚えさせるような強要なんかしてないと思うが
[ 2009/05/15 07:07 ] -[ 編集 ]
管理人さん頑張ってるなぁ 乙

まぁ言語の壁を挟んでしまえば、そのニュアンスとかをそのまま他の言語で表すのは難しいだろうな
[ 2009/05/15 07:19 ] mQop/nM.[ 編集 ]
しかし、外人が、日本語タイトルで議論する時代になったか・・・
アニメって、つくづく偉大だな。
[ 2009/05/15 07:41 ] -[ 編集 ]
昔のハリウッド映画の邦題も変なの多かったからなあ
同じ現象があちらでもおきてるのは面白いw
日本題の下に小さく英題つければいいのに。

てかスレ主どんだけアニメみてんのかとw
あと、真の日本通ならカタカナ英語というのがあるのも知るべき。
[ 2009/05/15 08:09 ] -[ 編集 ]
邦画の変な題名も日本版の正式タイトルであって、ファンが勝手に訳してるわけじゃない
だからこの話はバカバカしいんだよね
ただ、
>>日本題の下に小さく英題つければいいのに
これで全て解決だなw
ファンが訳す場合があっても日本のファンサイトとかならかならずこうなるでしょ
[ 2009/05/15 08:16 ] -[ 編集 ]
>なんでフォーラムへの反応じゃなく
ファンサブしね、になるのかな

>記事の内容とても面白いのに

万引きしてる人が、犯罪動画を上げてるサイトで盛り上がってたら不快感を抱く人もいるのでは?

[ 2009/05/15 08:20 ] -[ 編集 ]
Rumbling Heartsは君望のタイトル曲名だな
どうして本編英語タイトルがそうなったのかは知らないけど
[ 2009/05/15 08:23 ] -[ 編集 ]
>2009/05/15 07:41
とはいえ、ニッチな話題が掘り下げて語られているだけで、本当に広く浸透したら翻訳の問題は製作者にとっての労力と引き替えに、視聴者にとっては限りなく薄くなっていくものだ。
[ 2009/05/15 08:40 ] ccSndKiM[ 編集 ]
昔は日本も和訳するのが主流だったけど
今は適切な日本語があって簡単に和訳できても
原題ままのカタカナが主流だね

まぁ英語圏の人にとっての日本語は 
日本人にとっての英語と違って、なじみないものだと思うからそううまくは行かないと思うけど
結局原題の下に小さく訳題でもつけておくのが一番だろうなw
[ 2009/05/15 10:24 ] -[ 編集 ]
洋楽の原題派と邦題派みたいなもんだな
適切な訳じゃなくても自分のところでやった方が変なニュアンスがあって面白くなる気はするけどね
[ 2009/05/15 11:06 ] -[ 編集 ]
最近ファンサブやアップされてる音楽聞いてると複雑な気持ちになるようになったわ。
ファンサブは日本では違法でも海外では分からないんだよな。
まぁ日本の作品なんだから止めてほしいが、ファンサブやニコニコのせいで売れた作品があるから、作ってる側も悩んでるんだろうなと時々感じる
[ 2009/05/15 11:20 ] -[ 編集 ]
ハヤテの原作は「HAYATE The Combat Butler」ってタイトルで北米出版されてるけど、アニメはそのままなのか
[ 2009/05/15 11:44 ] -[ 編集 ]
わかりやすければいいってもんでもんない
いろいろな表現みたいなのは日本語のいいとこだから
単細胞外人にはワカランのです
[ 2009/05/15 12:12 ] -[ 編集 ]
ウォーク・ディス・ウェイ が お説教になるみたいなもんだな。
[ 2009/05/15 12:23 ] -[ 編集 ]
これだけ長く複雑な話を訳すのは大変だったと思います。お疲れさまです。興味深く読ませていただきました。
[ 2009/05/15 12:37 ] oxuJVEVg[ 編集 ]
長い・・・長いよw愚痴www(翻訳、お疲れ様でしたw)

これは、ファンサブの典型的弊害だね。
所詮アングラ組織なわけだし、統一設定なんか望めるわけ無い。

既に様々なフォーラムで「夏アニメ」について話題が上っているのを観ても判るように。
発信元の日本の情報がネットで容易に入手できる以上、鋼錬のFULLMETAL ALCHEMISTみたいに元から訳タイトルがついていない限り、下手な翻訳タイトルをつけるより日本語タイトルに傾くのは仕方が無い事。

どうしても嫌なら、ファンサブ観るのを止めて、正規に移植されるのを大人しく待てば良い。(もっとも、利益が望めない以上、移植される補償も無いけどねw)

大体、日本で放送した翌日に、字幕付きで流されるって・・・いくら世界最大の人口を誇っていても「どんだけ~?!」って思っちゃいますよ。








ちなみに私は、ニコニコに上がったエピソード0を観て
狼と香辛料Ⅱが凄く楽しみです。(● ̄▽ ̄●;)ゞ
[ 2009/05/15 12:55 ] qXOZr2Kk[ 編集 ]
 日本語にはカタカナがあって、その連なりが文中にあれば、外来語って思わせるけども、
英語は文字はアルファベットだけだから混乱が生じやすいのだろうな。
日本語をローマ字としてアルファベットで表記するのは、日本でのやり方であって、表音表記としてそのままアメリカで通用するものではないだろうし。

もし日本にカタカナがなくて、漢字とひらがなで外来語混じりに書かれたら日本語は大変だな。漢字だけの中国はたいへんだな。
[ 2009/05/15 13:18 ] -[ 編集 ]
なっがー!
このスレ主のアニメ制覇率はかなりなものだね。こいつとアニメ談義したらついていけなかったりw
[ 2009/05/15 13:30 ] -[ 編集 ]
外人さんの意見より管理人さんの頑張りに感動したわ・・・
[ 2009/05/15 13:53 ] -[ 編集 ]
> 昔に比べると最近は洋画のタイトルも原題をそのままカタカナ読みにしただけのものが多い

インターネット普及以降、新作洋画の情報(英語タイトル)がネット経由で日本に入って来て、映画ファンが最初に英語タイトルを憶えてしまう。
  ↓
その後、せっかく邦題を考えて付けたとしてもファンが違和感をもってしまう。
  ↓
だったらマンドクサーから、そのままカタカナにしちゃえ!

っていう流れだったと思う。
[ 2009/05/15 13:56 ] -[ 編集 ]
国が変なアニメ館みたいなの作るとか言ってるが、国主導でそんなの作ってもろくなものになりそうにない。
そんなことに無駄金使うより、こういったファンサブ問題に取り組んでアニメ業界を保護したらどうなんだ。
できるだけ海外放映も早めるような補助とかさ・・・動画サイトのパトロールとかさ・・・
なんかただで見るのが当たり前っつー風潮だろ。
いい加減にして欲しい。
[ 2009/05/15 14:13 ] -[ 編集 ]
向こうでは日本と違ってアニメDVDが売れない代わりにグッズが良く売れるんだよ。
だからたぶん業界の人は見逃してるんだと思うんだよね。
だけどいつまでもそのままだといずれ日本でもDVDが売れなくなるだろうからファンサブとかはアニメ業界がしっかり対処するべきだわ。

どっちかっていうと国にはアニメ業界の待遇改善に取り組んでもらいたいな。
[ 2009/05/15 14:34 ] -[ 編集 ]
>私が一番うっとうしいのは、ガチガチの日本信者達が、明らかに西洋の名前を持つキャラクターを呼ぶ際に、かたくなに日本語発音を使うこと。

これ同意だわ
日本人はひらがなカタカナで外人名読んでるから「エド」「アル」になるが外人はそのまま英語読みでいいだろうに
ドイツを「Doitsu」とか違和感ありあり
[ 2009/05/15 14:37 ] -[ 編集 ]
「原子心母」みたいな凄いのもあれば、
邦題「ランボー」逆輸入?か?とかもあるし、
「ビートルズがやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
「バッドデイ~ついてない日の応援歌~」
みたいな炸裂しちゃってるのもあるので、改題というか
邦題はこれからもガンガンやってほしいわ、楽しみが増える

[ 2009/05/15 14:38 ] -[ 編集 ]
ファンサブはあかんよね。
海外のフォーラム見てるとモラルに欠ける奴が多いね。
勿論ちゃんと正規で買ってる人もいるけどやっぱ目立つ。

洋画が邦題で全く関係ないタイトルや変梃りんなものになるのと同じかな。
ぶっちゃけオリジナルでいいよと思ってしまう。
[ 2009/05/15 14:44 ] -[ 編集 ]
>ドイツを「Doitsu」とか違和感ありあり

ヘタリアとか
英語話者はジャーマニー
ドイツ語話者はドイッチュランド とかなるのかw
[ 2009/05/15 14:52 ] -[ 編集 ]
管理人さん、お疲れ様です。
昔からちょくちょく目にする題材だけど読み応えあったw

この問題って、洋画なんかの翻訳で立場を逆にしても成り立つけど、別に原題がそのままだからってイラついたりはしないよね。そのままだと意味が掴みにくいことはあるけど、それでも翻訳者によって勝手な解釈が付け加えられてるほうがよっぽど嫌だ。解釈もなにもなく一対一の翻訳が可能なのにそうしないケースでも、タイトルなんだしそんな長い言葉ではないわけで、「ああ日本語ではそう言うんだな」と思ってりゃいいのに。どうもWapaneseに対するイラつきが混じってる気がする。まあそれはそれでわかるけど。

ところで「うたわれるもの」ってアニメしか知らないんだけど、「謳われる」の意味じゃないの? song/singでもその意味は含まれるけど正確な訳の例としては不適切に思える。
[ 2009/05/15 17:41 ] -[ 編集 ]
外人の名前は英語読みが正しいと思うけど
上コメで書かれてるけど、月(ライト)は日本語発音
が正しいよな。
[ 2009/05/15 18:51 ] -[ 編集 ]
うたわれるものをSongで訳すのは正しいのか?
歌うじゃなく謳うっていうような意味合いだし
日本人に「漢字で書いてみろ」ってやらせても「歌われる者」とは書かないと思う

エルルゥの子守唄も実は重要ではあるけどさ
[ 2009/05/15 20:15 ] LQas2cQg[ 編集 ]
誤訳御免の糞マソコ管理人乙
火消し活動必死ですねwプ
[ 2009/05/15 20:47 ] aIcUnOeo[ 編集 ]
昔Girls Just Want to Have Funて曲を
邦題をハイスクールはダンステリアにされて
シンディーローパーが切れたらしいな
[ 2009/05/15 21:18 ] -[ 編集 ]
洋画がタイトルを直接カタカナ読みだらけになったのは配給会社からの要請とも聞く。
タイトルを改題することで売れなくなるリスクを考えてのことらしい。
正直カタカナ読みだと分かりにくいものもあると思うが。

日本での翻訳物も、その逆も直訳できないもの、韻が重要なもの以外は訳した方が好みだな。

うたわれるものは漢字で読ませるなら詠われる者か謳われる者かなあ。
英語に訳すなら単純にTalesがいいと思う。
[ 2009/05/15 21:34 ] mIfQJBDo[ 編集 ]
When they cry.は単に竜ちゃんがひぐらしの英語訳をしらなかったから適当にtheyとか付けちゃっただけなんじゃないのかね
[ 2009/05/15 21:54 ] -[ 編集 ]
英語の名前なのに日本語の発音しちゃうのは分るな
結局劇中でそう発音してるとそのまま呼んじゃう。
俺がばあちゃんのこと母ちゃんと呼んでたのといっしょ
[ 2009/05/15 22:08 ] -[ 編集 ]
>らき☆すた=lucky☆star

これだと直訳んひなっちゃうんじゃないの?
らきすたが何を意味してるか知らないけども
[ 2009/05/15 22:24 ] -[ 編集 ]
上の人も言ってるけど、結局アルファベットとカタカナの差だわな
[ 2009/05/15 22:31 ] -[ 編集 ]
サンゲリア(原題:zombi2)とかゾンゲリア(Dead and Buried)とか
日本もスーパー邦題が多いからねw
[ 2009/05/16 01:09 ] -[ 編集 ]
長すぎて読めん
[ 2009/05/16 01:18 ] -[ 編集 ]
管理人本当にお疲れ様

ファンサブの名前で~ってコレ見てて思い出したけど
フランスで違法ダウンロードをやめないと回線を切断するよ
法案が通過したらしいね
日本でも著作権違反物のダウソ違法化の法案通ったみたいだし
長い目でみたらファンサブは消える運命かもね
[ 2009/05/16 01:34 ] -[ 編集 ]
ダークナイトなんて映画面白かったのに、バットマンって気付かずに観てない人が多い。タイトルで損してる。
[ 2009/05/16 01:36 ] -[ 編集 ]
西洋人オタクがいま明治維新のあたりなんだと理解した。
ここで、他国文化をどう取り入れ飲み込むのかで各国の文化が分かれて楽しいと思う。
[ 2009/05/16 02:25 ] -[ 編集 ]
アリソンtoリリアww ウケるw
原題に忠実な英語翻訳なら賛成。その方が分かり易いんならそうした方が良いんじゃないかな。
日本なら悩んだ時は最終奥義カタカナ訳で一発だけどね♪
[ 2009/05/16 02:30 ] -[ 編集 ]
らき☆すた=lucky☆star=幸運☆星で
  日     英     漢
通用しとるようだぞ
[ 2009/05/16 02:30 ] Oa2f/7z.[ 編集 ]
正直、漢語表現入ってるタイトルは原題どおりに
書かれても文字がアルファベットじゃ結局本来の意味は失われてるし
英訳したほうがいい。
永遠とか少女とか狂乱とか本来意味持ってるのは音じゃなくて文字のほうだし。

逆に苺ましまろはマシュマロをくずしてましまろって言ってるから
固有名詞みたいなもんだし原題のほうがいいだろう
あとひぐらしを蝉って訳すのは夕暮れとか黄昏のイメージが無くなるから駄目
[ 2009/05/16 03:15 ] -[ 編集 ]
トムハンクス主演の"saving private ryan"という映画がある
意味は直訳すると「ライアン二等兵の救出」なんていう皮肉っぽいタイトルなんだけど
なぜか邦題だと「プライベートライアン」になってライアン二等兵が主役みたいな印象を受ける
さらに"when trumpets fade"という非常に濃い戦争描写の映画があるんだけど
日本の代理店によって「プライベートソルジャー」なんていう意味も全くわからないし
まるでプライベートライアンのパクりみたいなタイトルをつけられてしまった
ファンサブは論外だけど日本もかなりひどいと思う
[ 2009/05/16 06:01 ] -[ 編集 ]
日本は英語に触れ合う機会おおいから
原文をカタカナ表記してやればそれで解決するけど
向こうは日本語に触れ合う機会ないから
歪みが生じてるんだなw

ひぐらしって日本にしかいないの?
蝉の無く頃にだったら真夏の真昼間にうるさい蝉の声
って感じでぜんぜん違う感じになっちゃうよねw
ニニンがシノブ伝も”ににんがし”って
掛け算の覚え方とかけてるからわかりやすいのに
ツーバイツーシノブデンにしたら何のことやらだよねw
[ 2009/05/16 06:05 ] -[ 編集 ]
外国でのアニメのタイトルは、ライセンスを獲得した会社にだけ決定権があるので、それに従えばいい。
ライセンスを取る前のものは原題のままで呼んでも、翻訳したものでも好きに呼べばいいと思う。

まぁ、本来FanSubなんてあってはならないものなんだけど。FanSubが一因でアニメのライセンスを取るのを渋るところが増えてきたのは事実で、どんどんクリエイター達のビジネスチャンスを潰して、首を絞めて続けてなにがファンなんだか…。
みんなで楽しむためにアップするとか、宣伝のためにアップするとか言ってる人がいるけれど、それはライセンスがある人達の仕事。
[ 2009/05/16 08:12 ] -[ 編集 ]
映画ナポレオンダイナマイトが邦題バス男になっていたのは最悪だった。

それからもめてる外人さんはは洋題+ちっちゃく邦題にすれば問題解決するのに。
[ 2009/05/16 08:20 ] -[ 編集 ]
原題の下に小さく、と言うが、TVやPCの画面ならともかく、
ちょっとした一行の広告とか記事にタイトルを乗せる場合に問題になるだろう
だいたいあっちの人のPCに(文字として)日本語フォントが入ってるか怪しいし
日本人だって欧米の楽曲やドラマのサブタイなんか適当に決めてること多いし、
あっちがあっちで日本のアニメをどう呼ぼうと、あっちの勝手だと思う
[ 2009/05/16 09:25 ] -[ 編集 ]
悪魔の毒々モンスターが最強
[ 2009/05/16 09:40 ] -[ 編集 ]
『史上最悪のボートレース ウハウハザブーン』(原題:UP THE CREEK)だろ
[ 2009/05/16 10:18 ] mIfQJBDo[ 編集 ]
夜神月はraitoだろ。日本語のカタカナ、ライトにはLの発音はない。
大罰組がなんつってるか知らないけど翻訳者が勝手にlightにしちゃった感がある。
吹き替えでゥライットゥ!とか呼ばれてて違和感を覚えた。

日本人の名前で来人とかあるし。
[ 2009/05/16 11:29 ] -[ 編集 ]
>ちょっとした一行の広告とか記事にタイトルを乗せる場合に問題になるだろう

そのような場合では(向こうでの)正式な題名が使われるだろう。それは君の言う通り日本でも同じだ。
記事にしたって、ランボー(※原題First Blood、以下ランボーと表記する)と英語の記事でも日本の記事でも注釈を付けるのは良くある事。
この話はファンサブやファンサイトでの呼称の話である。


[ 2009/05/16 12:29 ] -[ 編集 ]
>万引きしてる人が、犯罪動画を上げてるサイトで盛り上がってたら不快感を抱く人もいるのでは?

万引きしてる人が、犯罪動画を上げてるサイトで盛り上がってる内容をヲチして盛り上がるのが翻訳ブログだと何度言ったら…直接言いに行きなさいや、それに動画サイトを利用してなくて、著作権違反の動画を一切見てない人なんかいるのか?まあやってる事は一緒なのにつべは違法じゃないとかDVD買ってるとか詭弁を使うんだろうけど

兎にも角にも管理人さん長文翻訳お疲れ様です
海外の文学とかを原書で読む人がいますが、逆の立場になって見るとそれがよく分かりますね
キノの旅はtabiのままじゃないと、翻訳した原作のあとがきの言葉遊びがわからなくなってしまうので日本語のままがやはり一番いい
[ 2009/05/16 13:00 ] -[ 編集 ]
だね。日本語でおk
[ 2009/05/16 13:48 ] -[ 編集 ]
日本語分からない、日本知らないって人達にとっては、記事に書いてるみたいに原題に固執するのは馴染みにくいし不親切と感じるだろうね。
ファンサブしきってる奴等ちょっと気きかせてやれよw
[ 2009/05/16 14:18 ] -[ 編集 ]
謳われるって讃えられるって意味だよね

管理人どつかれ!
面白かったよ
[ 2009/05/16 14:26 ] -[ 編集 ]
ここまで遊星からの物体Xなし
[ 2009/05/16 15:17 ] iyaL2QfA[ 編集 ]
ここまでワンスアポンナタイムインアメリカなし
[ 2009/05/16 16:38 ] -[ 編集 ]
>著作権違反の動画を一切見てない人なんかいるのか?まあやってる事は一緒なのにつべは違法じゃないとかDVD買ってるとか詭弁を使うんだろうけど

犯罪を糾弾した時に「お前もそこまでじゃなくても、やったことあるだろ」って反論する人よくいるけど、それは凄くアホだよね。

>万引きしてる人が、犯罪動画を上げてるサイトで盛り上がってる内容をヲチして盛り上がるのが翻訳ブログだと何度言ったら…直接言いに行きなさいや

まあそうとは限らないだろ、forumにいるヤツらでも正規に金払ってるヤツはいるさ。
ファンサブ内のforumしか翻訳して無いならそういう理屈も通るが。
別に俺自身は文句もないし、問題あるのは取り締まる側の緩さだと思ってるけど、
万引きしてる人が、犯罪動画を上げてるサイトで盛り上がってたら不快感を抱く人もいるのはしょうがないんじゃね?って事な



[ 2009/05/16 16:51 ] -[ 編集 ]
おもしろいな。
アニメの中に出てくる日本語の看板とかは、塗りつぶしてまで翻訳付けてるのに日本語の原題は訳さないのか。
[ 2009/05/16 18:03 ] -[ 編集 ]
Zero no Tsukaima(Familiar of Zero)

これを書くのに日本語フォントは不要。
[ 2009/05/16 20:43 ] -[ 編集 ]
幸福星
[ 2009/05/17 05:04 ] -[ 編集 ]
ロシア在住ですが…

アメリカなんかは正規の新作タイトルが比較的早い時期におおく出回るからいいでしょうけど、
こちらのように、正規品がでるのを待っていたら何年かかるか分からない、
しかも出回るタイトルはごくわずか、なんて国では
P2Pにたよるしかないんですよね。

しかも、ロシア語サブなんて一部の超人気作品にしかつかず
(その上、翻訳は英語訳からなので、誤訳率が非常に高いんですが)、
ほとんどの作品はみんな英語サブで見ています。
つまり、英語を理解できるインテリアニメファンしか見ていません。

海外のコスプレイベントのレポートとかみんな目にしたことがあると思いますが、
違法コピーを全く見られなくなったら、ソフトはある程度売れるようになるでしょうけど、
ソフト以外のアニメ関連市場が大幅に縮小するのは間違いなく、
市場の縮小はアニメに興味を持つ人びとの減少にもつながり、
ファンが減ったらソフトそのものの市場もまた縮小するという
悪循環が起こると思います。
アメリカ・中国・韓国以外の国で売れるソフトの本数なんて
たかがしれていると思いますし、違法コピーを完全に抹殺するのは
自殺行為だと思うんですがどうでしょう。

アニメじゃありませんが、ビジュアル系アーティストのミヤヴィが
9月にモスクワでコンサートをします。
ロシアのミヤヴィファンで、彼の楽曲を正規手段で所持している人など
1%にもみたないでしょう。
みんなネットからの違法コピーmp3ダウンロードです。
でも、そのおかげで彼は海外公演という機会を得ている。
もし違法コピーがなかったら、だれも彼のことなんて知らず、
海外公演をするチャンスもなかったわけで。
複雑な問題です。
[ 2009/05/17 05:27 ] -[ 編集 ]
>ロシア人(かな?)

海外で人気があるのはほとんどが海外でライセンス取得され、
正式に発売されたものばかりだ(主にジャンプ系)。
ファンサブのおかげで海外市場は拡大してる!なんて理論は通用しない。

ナルトやBleachやハガレンはファンサブがあったから有名になったか?違うだろ?
ファンサブのおかげで人気が出て商業的に成功したと言えるのは今んとこはハルヒぐらいだ。


海外ファンがファンサブによって見る事が可能になってるのは主に深夜アニメだ。
海外の乞食どもは「DVD発売されないから買えないもーん!」とかほざいて買わない。
買えないの解ってんなら見るなよな。諦めろよ。
何のために日本で深夜アニメがタダで放映されてるのか知っる?DVDの販促のためなんだよ?

そもそも人気作なら乞食なんかしなくてもそのうち海外で安価でDVDになるから。


つーか海外市場なんて日本に比べたら小さいんだし、その小さい市場も
ナルトハガレンとかの正規ライセンスの奴が主流だし
ファンサブなんかで商業的に特になる事なんかほとんどないに等しい。

人気が出ただけでは、知名度が上がっただけでは制作者の生活は楽にならない。
[ 2009/05/17 12:55 ] -[ 編集 ]
>ロシア在住ですが…

日本語うまいなー日本人かな・・?

確かにファンサブがあった方が話題になりやすいし、
人気がある作品がさらに人気が出ると思うんだよ。
日本人って違法動画サイトだけ使うのは嫌がる人多いから結構アニメDVD買ってるんだけど、
ファンサブを認めますってことになると日本人もいずれ買わなくなると思うんだよね。
そしたらグッズを売れるようなアニメしか作られなくなっちゃうんだよ。
それってつまんないでしょ。

ファンサブの利点は認めるけど、このままじゃいけないと思う。
[ 2009/05/17 14:22 ] -[ 編集 ]
ロシアの人には悪いけど、今のように海外にガンガン売り出して行く手法は専門家からの懸念もある。
ましてやファンサブなんてもってのほか。
目先の欲のためじゃなくて、将来の事を考えて、アニメの技術や、著作権を保護する方向に向かった方が、アニメ業界だけでなく、国益になると言われている。
それと同時に国としてお金をもっと出してアニメや漫画業界をサポートをしていくと良いという話だ。
そうなると、海外のお金の無い人に触れる機会は少なくなって、日本のためだけなんてズルイ、と思うかもしれないけど、それはしょうがない事だろう。
まあどうせ日本側からのアクションは無いだろうから、ファンサブは存続し続けるだろうけどな。

[ 2009/05/17 16:38 ] -[ 編集 ]
ファンサブどうこうってのは否定的だけど、
それとは別次元の話として
「別言語の作品タイトルをどうするか」って点では
なかなか興味深い意見交換だと思った。

本編では翻訳されてるのにって基準が何度か出てきたけど
個人的には、この物差しがしっくりくるかなぁ。
本編でも翻訳されないのは、翻訳ナシでも通用するか、
下手に訳すと元のニュアンスが欠落すると判断されたもの。

あとは、元タイトルが意味以上に響きを重視してるかどうか、かな。
らきすたが「Lucky Star」ってのは、当然ではあるんだけど
raki☆suta でもアリじゃないかな、とも思う。
[ 2009/05/17 20:11 ] -[ 編集 ]
日本人でも全然見る奴がいなかった
狂乱家族日記について語られてたのは
嬉しかったな。
てか上の米にもあったように狂乱家族日記の
狂乱は文字としての表現なんだから
「Frenzy」に当てはめるのはおかしいと思う。
突き詰めれば"Kyouran"familly diaryでいいんじゃないの。

まあ違法なのでお前らが見やすいように
どうぞ勝手に、とも思うわけですが。
[ 2009/05/17 22:33 ] -[ 編集 ]
エンドクレジットにこれ見よがしに自分らの名前をいれてる奴等
(しかも製作者の名前にわざわざ被せて)
そんなに犯罪者である事が嬉しいの?って思う
FanSubを求める気持ちも分からないこともないけど
原作に対する愛や敬意ってもんがこれっぽっちもないよね
それで俺らはアニメファンだぜ!って何考えてんだろね
理解できないわ
[ 2009/05/18 04:44 ] -[ 編集 ]
洋画の邦題で最悪なのは、
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
異論どんとこーい。
[ 2009/05/18 20:07 ] -[ 編集 ]
狂乱見てる人少なかったのか・・・
ガレキオタ的には韓国系ディーラーもいたりして
流行ってるのかと思ってた
[ 2009/05/18 21:06 ] u2lyCPR2[ 編集 ]
おまえんちの犬が可愛いからよぉ
こないだかっさらって来てやったぜwww
コイツうんこするし可愛いだけじゃねぇしうざいんだが
俺の家族が俺の意見同意しようともしねぇで
可愛い可愛いばかり言いやがるからイラつくわ#
てめえら犬教の信者かと

で、この犬前の家ではダニーとか言うわけわかんねぇ
だせぇ名前がついてやんのww
呼びずれーし?意味わかんネーからタルカスって名前に
改名してやったぜwwな?こっちのがいい名前だろタルカス?
でもバカ家族はいまだにダニーって呼んでやがる
アホかあいつら、盗んできた家の尊重主義者かよwww
バカじゃねwww??呆れるわ;^^

みたいなかんじかね?
つか、諦めるって選択肢はないのか?外人って。
他国の物なんだから手に入らない方が普通だろ?
自分で調べなきゃ知らなくていいことじゃん。
サッカーとか自国の好きなモン追及してれば良いだけやろ?
[ 2009/05/19 03:03 ] -[ 編集 ]
↑お前、下品なやつだな。
[ 2009/05/19 03:21 ] -[ 編集 ]
今回は非常にオタッキー?マニアック?というべきか
コアな話題ですね~
[ 2009/05/19 13:22 ] -[ 編集 ]
乙です!
量的にも質的にも読み応えのある内容でした。

「謳われる者」云々もそうだけど、「ひぐらしのなく頃に」はCryじゃねーだろって思ったら、泣く、鳴く、歌う、謳う、詠うとか、singに当たる言葉が多いな日本語ってって思った。
色の名前も茜色はpurple redなcrimsonよりyellow redだから逆なんだけどね。赤的に・・・
turn redかcolored sunsetかな?
まぁいちばんリラックスして見れるのがいいんじゃないか?ww

あとファンサバーっていうのは、拾ってきた犬に訳がどうのこうのと世話焼いてるうちに情が遷って、」ある日現れた飼い主の「それ実は迷子だったうちの子なんです」に「うちの子でもある」とかイっちゃってる状態なのがよく分かった。
確かに外国はアニメ環境に飢えてて、過程は異常じゃないけど結果は異状だね。
[ 2009/05/20 12:39 ] -[ 編集 ]
スーパー邦題の最高傑作は
「死霊の盆踊り」

反論はちょっとだけ認める
[ 2009/05/27 15:39 ] lxuisw3M[ 編集 ]
天使にラブソングを(Sister Act)
このぐらい意訳してくれると、おもしろいんだけどな

ファンサブの問題は非常に微妙だよな‥
[ 2009/06/10 13:17 ] -[ 編集 ]
タイトルに関しては「原題ベースだと分からない」なんてその考えどうよと。
原作者や制作者が、願いや魂込めてつけた名前を自分勝手に変える、その自己中心さは納得できない。
ファンサブ利用してまで本当に見たいのものなら、タイトルと内容くらい事前情報で自分で調べればよいだろう。

ひぐらしの「When They Cry」が原題とかけ離れている、に関しては原作グループのシリーズ名なんですよね。
ひぐらし :「When They Cry」
ひぐらし解:「When They Cry2」
ひぐらし礼:「When They Cry3」
うみねこ :「When They Cry4」みたいに。
さて、こんどのうみねこはどうするんだろ?

原作のクレジットに干渉してまで、自分のグループ名を付け加えるのは、本当にファンか?と疑いたくなる部分はありますね。
概して、原作や制作者に対して敬意が感じられない事に関しては、アニメマニアを名乗る根本の資格すら無い。
(まぁ、ファンサブ自体が・・・)
[ 2009/06/19 02:59 ] -[ 編集 ]
どうでもいいが、昔と違って洋画や洋楽に邦題って付けなくなったよね
ロード・オブ・ザ・リングなんて日本のファンタジーオタからは昔から「指輪物語」として親しまれてきたのに、劇場版は原題で公開された

そもそも「邦題」ってもの自体が廃れてるような気がするな
洋楽ロックなんか顕著だ、最近何か邦題のついた曲なりアルバムってあるかい?
70~90年代は「わかりにくいものや長いものは邦題つける」って感じだったように思う

まぁ90年代以降の邦題ってダサいのばっかりだから原題重視でいいんだけどさ
[ 2009/07/15 12:34 ] -[ 編集 ]
>『デスノート』のライト[Light]を頑なにライト[Raighto]と呼ぶ奴がいるよね。

あれは発音するとしたらカタカナ発音でRAITOが正解なんじゃないの、
彼は日本人なんだしw
[ 2009/07/15 12:41 ] -[ 編集 ]
>ニニンがシノブ伝も”ににんがし”って
>掛け算の覚え方とかけてるからわかりやすいのに

掛け言葉は訳しようがないね

>『花より男子』が「Boys Over Flowers」というタイトルでリリースされたのは気にいらなかったな。英語だと単純に意味不明だよ。

花より男子は男子と団子が掛ってて、
しかも元は諺だからいかなる言語にも翻訳できない
こういうのは代理店の判断で「仕方ないから全然違うタイトルにする」のが正解だろうな

ファンサバー?原題使っとけよ図々しいw
[ 2009/07/15 12:51 ] -[ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 16:33 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/12/06 05:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よしずみ

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。