ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメによくある設定:記憶喪失 ( 海外フォーラム ) 

元記事:Parents, where are they???



Takahashi ( オランダ )
日本人の両親はよく死ぬの? それとも何なの? ほとんど全てのアニメで、子供達は両親か片親を失っているようだ。死別のこともあれば、どこか( 外国とか )に行ってしまっている場合もある。これは日本人の社会性を何か物語っているのか、それとも単にストーリーラインに両親を絡ませるのが面倒なだけ? 親の不在が精神的な面でキャラクターを強くすると考えられているのかな。何の助けもなく自分自身だけの力で生きている子供達が出てくることがあるけど、そういうのって私からすると馬鹿げているように見える。日々の生活における両親( 保護者 )の関わりの欠落は、なんだか普通じゃないように思えるのだけど、アニメではこれが普通のことなんだよね。

Splintr420
おそらくキャラクター達は両親が生活の重要な部分を占めない人生のある時期( 十代 )の真っ只中にあるからだろう。あるいはまた、両親の不在は人を嫌が応にも成長させ、早く大人にさせる。彼らが普通の子供にはできないことをやってのけることが出来る尤もらしい理由として都合がいいんだ。

Darklightz
何故5人ものゴージャスな女の子達が自分の家に同居することになったのかとか、学校をすっぽかしてメカに乗ってモンスターと戦っていることとか、浴室が別世界への入り口だという事実とかを主人公が両親に説明する面倒を省くことが出来るからだと思う。

そうそう、あとキュートなリトルエイリアンが念動力で家の中のあらゆる物を動かしたりすることに対する説明もしなくて済むしね。

Nokari
単純。君が言うような作品は子供やティーンに観られているし、作品のターゲットが子供やティーンだけだから。

Splintr420
そうでなくてもキャラクターはどんどん出てくるのに、その上一つのシリーズ作品の全てのメインキャラに両親を持たせたらゴミゴミしてしまう。

Darklightz
その通り。『ママレード・ボーイ』をご覧よ。

GuGuEaTeR
登場人物が二人よりは一人の方が安上がりだ。製作者は時間とお金を節約するために常に登場人物の数を少なくする。

cryptic soul ( USA )
確かに考えてみると、両親が不在のアニメが沢山あるね。殆どのアニメで、片親、もしくは両親ともに不在だ。

自分が観てきたもので、主人公の両親が作品中に出てくるアニメが無かったか思い出そうとしているところ。

Takahashi ( オランダ )
そういうアニメを観ている僕らは世間からどう思われるのか?いろいろと面倒から両親を殺してしまおう。5人の女の子が僕に恋していて、僕にはどうすることもできないことを両親がガミガミ言うから家を出てしまおう。そんなことを考えていると思われるのではないか?
君らの母親は、自分の子供がそういうアニメを観た結果、「母さんがいなくなってくれたらなぁ。そうすれば恐らく女の子達はピクニック・バスケットに群がる蟻のように僕の下に集まってくるのに」などと言い出すことを本当に望むだろうか?
決して私は全ての登場人物に両親がいるべきだと言っているわけではないが、主人公だけはそうであって欲しい。両親の存在はキャラクターに個性や、深みを与えるし、馬鹿げたことをしでかす子供の引き止め役にもなってくれる( 子供が戦争に行くことを反対しない親がいるだろうか? )。

Splintr420
私はアニメのキャラクターを見てそんなことを考えたりしないよ。そのトピックが出るまで一度もそういうことについて考えたこともない。私に関していえば、そういうアニメを観た結果、自分の親がいないほうが良いなんて印象を持つことは間違いなく有り得ない。

Takahashi ( オランダ )
普段我々がこの事について考えることをしないのは、我々がそれに慣れ過ぎてしまっているからだ( アニメでは日常茶飯事だから )。しかしながら、私は折に触れて考える。何故アニメにおける両親の死亡率は高いのか、とりわけ日本は世界で最も平均寿命が高い国であるというのに。まるで、両親の導きの下で成長するよりも、自分達自身の力で成長した方がより強くなれるということを言いたいがためだけに、両親あるいは片親を殺しているみたいだ。

キャラクターを増やすには費用がかかるという意見だけど、分別のある発言をすることが出来る大人のキャラクターを出すことの価値に見合わないほどだろうか? 昨今のほとんどのアニメには多くの穴埋めエピソードが存在するけれど、その労力をもっと別のことに費やせばいいのではないだろうか。

Wolfpac
> 日本人の両親はよく死ぬの? それとも何なの?

この出だしは秀逸だね。

スレ主の質問に答える。両親がいないことで、キャラクターは力を得ることが出来る。両親を失うと、彼は嫌が応にも強くならなければいけなくなるし、そうすることで自分に降りかかるどんなことも乗り越えられるようになる。彼/彼女が両親を失った場合、彼らはこの世で最もハードな環境下で生きていくことになる。誰だって両親を他の何よりも愛している筈だから、若い頃に両親が死ぬことは、とても苦痛を伴う人生最悪の経験と言えるだろう。それによってキャラクターは強くなる。過去に経験したこの最悪な出来事以上に悪いことなんて起こりようがないから、彼/彼女はパーフェクトになるんだ。

それに、君だって、主人公が逃げ帰って母親や父親に助けを乞う姿なんて見たくないだろう?

Takahashi ( オランダ )
実のところ、私は大量破壊兵器に乗せて我が子を危険にさらすような司令官を母親がボコボコにしてくれたらいいと思っている。

Wolfpac
えーと『ドラゴンボールZ』にはチチがいる。悟空は彼女を怖がってすらいる!

Takahashi ( オランダ )
母親のチチはほとんど息子の側にいないし、父親の悟空は彼の常に成長し続けるパワーで別の惑星を壊して回っている。

cryptic soul ( USA )
誰か有名なアニメで主人公の両親が生きていて、主人公と一緒に住んでいる作品を挙げてくれない?
そういう作品があることは確かなんだけど、具体例が思いつかないんだ。

Darklightz
ママレード・ボーイ』には一つ所に四人の親が同居しているよ。

りぜるまいん』の主人公は両親と一緒に住んでいる。

おねがいティーチャー』の主人公も、先生のところで同居する前は両親と住んでいた。

愛してるぜベイベ』の主人公は両親、両祖母、それから姉と一緒に住んでいる。

Splintr420
犬夜叉』。かごめの両親は健在。
おねがいティーチャー』で桂は両親じゃなくて叔父・叔母と住んでいるんだよ。

---- 作品挙げ大会はこの辺で割愛 ----

Shadowbard
実際のところ、この現象はアニメ/漫画に独特のものではない。ほとんど全ての文学形式において出てくる。どうして両親が健在で主人公の生活の一部となっているような作品が稀なのか?

えーと、単純な理由としては、幸福な人々の幸せに満ち足りた生活を見たり読んだりするのは、甚だしく退屈だから! 誰かしらが何かしらの痛みを抱えでいないとストーリーは生まれない。そして子供に対して安易に与えることができる苦痛の一つが、親を殺してしまうことだ。孤児という設定でストーリーを始めるために、親あるいは保護者を殺してしまう。まあ厳密には両親を殺してしまう必要はないけれど、彼らをストーリーから除外するにはそれが一番簡易な方法だ。

ピーター・パーカーは叔父のベンが死ななかったらスパイダーマンになっていただろうか? おそらくならなかっただろう。彼はちょっとの間レスリング的なことをするかもしれないが、その後は自分のスーパーパワーを隠して生活を送るだけだろう。

ルーク・スカイウォーカーは叔父がストームトルーパーに殺されていなかったら、帝国との戦いのために旅立っただろうか? それはまず有りそうもない。帝国ははるか遠くにあって、彼の住む惑星タトゥイーンにほとんど影響を及ぼすことがなかったから。

アーサーは父親が殺されずに、そのまま王室で育てられていたら王になっていただろうか? やはりこれも答えは否だろう。少なくとも、彼は今日のような伝説の王とはなっていなかっただろう。

上の三つの例でわかるように、両親や保護者の死は決して珍しいことではない。事実として、キャラクターが自分の人生を自分の意思で決められるおかげで、興味深いキャラクターと興味深いストーリーが生まれるんだ。両親は一般的に子供が大きくなるまではかれらの振る舞いを厳しく制限するものだ。それから憶えておいて欲しいのは、孤児というのは英雄譚における原型の一つだということだ。

Destructa
キャラクターの両親が健在だと、悲哀が出にくいと思う。でも今までこんなことを考えたことなかったな。このスレッドのせいで、今やどんな作品を観ても気にするようになっちゃったよ。

Splintr420
私は両親がいないキャラクターを可哀想だとは思わない。彼らは若いのにそういう困難を負ったから大人びてて強いんだなと感じるだけだ。非現実的な設定を納得させるための小道具に過ぎないと私は思う。

Takahashi ( オランダ )
大抵の大人はプロペラ飛行機の操縦免許すら取れないというのに、両親がいないからという理由だけで、子供達が巨大なロボットに乗って飛び回るのは納得できると言うのであればそれでいいよ。両親が回りにいないせいで彼らは他の子供よりも大人びているからハーレムも許されるというのならね。

Splintr420
いや、私は単に、現実世界を反映した状況が想像の世界に現実感を与えていると言いたかっただけだよ。



タラちゃんにもし両親がいなかったら……( ゴクリ )





B000NQDARG昆虫物語 新みなしごハッチ DVD-BOX
吉田竜夫 竜の子プロ企画室
エムスリイエンタテインメント 2007-05-30

by G-Tools
[ 2009/04/15 23:55 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(34)
東のエデンか。

蟲師にも記憶食われてくお話あったね。

記憶を失くすことって、根源的恐怖でしょう?
多用されて当然の設定だと思うけどね。
「忘れられる」ことや「忘れてしまう」こと。
それは「死」と同等の恐怖として描ける。
しかもなお「生きている」。そこから展開できる。
そこから捻れる。
仏教的な「まっさらで生まれ変わり」の感じも
なんとなく日本人にはいいのかもね。

>実際にそういう記憶喪失の経験がある人を知り合いに持つ視聴者というのも多くはないことだろう。

ここに外人との壁を感じたなー。
なんでこんな発想になるんだろう。
これもリアル志向のひとつのあらわれなのかなぁ。
[ 2009/04/16 20:43 ] -[ 編集 ]
dabazzinator ( USA / 男 )
『sola』と『エルフェンリート』を観終わって、今現在は『カノン』

dabazzinator ( USA / 男 )
了解。『カイバ』を「観る予定リスト」に付け加えたよ。

いや、明らかに狙ってみてるよねっ!?
[ 2009/04/16 20:45 ] -[ 編集 ]
>実際にそういう記憶喪失の経験がある人を知り合いに持つ視聴者というのも多くはないことだろう。

本来もてない男(女)がかわいい女(男)の子達にモテモテとかの設定は?
とツッコんだら負けかな

なぜ彼らが数多ある「よくある設定」から
記憶喪失を気にするのかの方が気になる。
[ 2009/04/16 21:12 ] -[ 編集 ]
記憶喪失経験者の知り合いねえ…何でこんなに短絡的なんだろう
現実世界云々言い出すにしても、もう少しアニメで扱うテーマをバラして考えろよ…
知能疑っちまうよ、流石に
[ 2009/04/16 21:16 ] -[ 編集 ]
FF7で記憶ネタやったはずなのに
FF8で記憶ネタがでてきたのは酷い
[ 2009/04/16 21:21 ] sSHoJftA[ 編集 ]
School Rumbleが最低だった
[ 2009/04/16 21:36 ] -[ 編集 ]
カイバの名前があってうれしい。
最近のアニメは萌えアニメばかり云々で批判する年寄りどもに限って、カイバとか見ていない。
まあ自分も年寄り(35)だけどな(w
[ 2009/04/16 22:12 ] -[ 編集 ]
忘れてしまいたい事が~今の私に多すぎる~♪
[ 2009/04/16 22:31 ] -[ 編集 ]
カイバを知ってる外人がいるのにびっくり
あれはすごくいい作品
[ 2009/04/16 22:37 ] -[ 編集 ]
使われすぎはアニメに限らないだろ
便利なんだよ色々と。

韓国ドラマとかに多いんじゃないか?
[ 2009/04/16 23:33 ] -[ 編集 ]
精神が入れ替わるのも多いな
[ 2009/04/17 00:13 ] 3/2tU3w2[ 編集 ]
アメリカの映画とかドラマはエイリアンばっかりだよね
[ 2009/04/17 00:28 ] -[ 編集 ]
超能力も相変わらずだね、仕方ないね

記憶喪失自体はバトル主体作品だと
主人公に一時的に戦いから一時的に一線から引かせる装置になってるね
[ 2009/04/17 01:08 ] -[ 編集 ]
つーか、ナイトウィザードを知っている外人がいることに驚いた
[ 2009/04/17 01:15 ] -[ 編集 ]
『うたわれるもの』が出てこないとか・・・。

あと、Key関連の作品は記憶喪失以前に突っ込むべき
『おなじみ』があるだろw実は死んでいたと思ったら
実は生きていた、とかな。
[ 2009/04/17 01:20 ] cRy4jAvc[ 編集 ]
記憶を喪失していたのか、封印されていたのかとか、そこに至るまでのアプローチによっても話全然変わってくるし便利と言えば便利かな。
記憶ではなく「思い出」って感じだよね。
性転換・記憶喪失・小人化辺りはコメディの材料として非常に良く使われるって気がする。
[ 2009/04/17 02:13 ] -[ 編集 ]
記憶喪失なんてハリウッドでもたくさん使われてるだろ
たしかに安易に使うと底の浅さが見えちゃうギミックだけど
上手く扱えばこれほど効果的な演出もなかなかないよ
記憶喪失ネタ=プロットの誤魔化し、と断定するのはあまりに短絡的
密室トリックとかと同じでひねりが利いてるかどうかで判断すべきだね
[ 2009/04/17 03:29 ] -[ 編集 ]
冒頭で記憶を失ってるのは世界観とかの説明をしやすい、という意図もありそうな
異世界に飛ばされる系も同様
[ 2009/04/17 05:58 ] 4nHpPTls[ 編集 ]
「記憶喪失のキーパーソン」「ヒロインが死ぬ」あたりは
脚本を書く上で絶対やっちゃいけないタブーの一つ、と教わった
話が稚拙で軽薄になるから

韓流や日本のアニメ・漫画・ゲームくらいだと思う
[ 2009/04/17 05:58 ] mQop/nM.[ 編集 ]
業界で絶対やっちゃいけないタブーとして扱われてるとはとても思えないけどw
使ったら軽薄になるわけじゃないでしょ。それでも面白ければ充分。
記憶喪失の少女が出てきた途端に鼻で笑ってみるのをやめるような視聴態度が有益だとは思わないけど。

脚本の初心者は使うなというのならまあわかる。
[ 2009/04/17 09:08 ] -[ 編集 ]
しかし、外国の方々は本当に突っ込んで考えてくるな
日本の視聴者、そして制作側はここまで考えて見て作ってる人はどれだけいるのかな
制作側はそれなりに考えてはいるだろうけど
私は何も考えず見てる

作品をそのまま楽しめばいいのにといつも思うね。
まあ外国・異文化の作品だから色々と考えてしまうのも解からないでもないけど。
[ 2009/04/17 09:24 ] -[ 編集 ]
記憶喪失ネタなんて日本のアニメに限らずちょくちょく見るけどな。
日本だけ特別みたいな言われ方なのが不思議。
判りやすいので言えば映画のボーンアイデンティティーや、シドニーシェルダンの小説とか・・・。
あと、幼児虐待の過去から多重人格になってしまった、という設定が海外では多い気がする。
連続殺人犯の悲しい過去、てカンジでね。
アメリカじゃ実際にそういう殺人鬼が何人もいるからなー。
[ 2009/04/17 10:10 ] -[ 編集 ]
 記憶喪失というと、ピアノマンみたいな「ここはどこ、わたしはだれ」みたいなものを連想させる。
 ここで挙げられているアニメは、そうしたことではなく、記憶の欠落のほうが多いのではないか。
そんな記憶の欠落なら珍しくないのではないか。誰にでも、自分にも、あるように思う。
欠落しているからか、よくわからないが。

思い起こされることのない過去の出来事が未来に関わってくる。このことは、日常的な出来事から事件へとつながり物語の意味を濃くするための筋立てとして、頻繁にとられるということではないか。
物語の意味を深く(複雑に)するために、神話的なものとか超自然的なものを持ってくることがよくあるが、より現実的な筋立てでは、こういう(失われた)過去に原因があったとする、ということなのではあるまいか。

ともかくも作品が他の作品と違うためには(複雑な)意味が必要なのよ。

あと後付けということもある。「忘れていたけれど、俺は実は○○だったのだ。」といって物語を引き延ばすためにより壮大な方向に流れていく、みたいなことがあったか、なかったか。
[ 2009/04/17 11:28 ] -[ 編集 ]
「お前は戦闘民族サイヤ人だったのだ」
「な、なんだってーーーーーーーー!?」

まぁ、たしかによく見るな。
[ 2009/04/17 14:16 ] -[ 編集 ]
カイバは良いけど・・・なんか鬱になるからオススメできない
[ 2009/04/17 16:04 ] -[ 編集 ]
>しかし、外国の方々は本当に突っ込んで考えてくるな
日本の視聴者、そして制作側はここまで考えて見て作ってる人はどれだけいるのかな

日本人はそんなレベルじゃない
http://fusuian.tamon.co.jp/?page=%B5%AD%B2%B1%C1%D3%BC%BA%A5%AD%A5%E3%A5%E9%C2%E7%C1%B4

なんも考えずに楽しんだあと、深く考えてみるという楽しみ方もある。
[ 2009/04/17 18:41 ] -[ 編集 ]
ななか6/17は面白い。そして雨宮さんが可愛い
でも最後の方の記憶喪失の仕方はちょっとな...
[ 2009/04/17 21:03 ] x671AaPk[ 編集 ]
こいつら色んなアニメ見すぎワロタ
[ 2009/04/17 21:32 ] mQop/nM.[ 編集 ]
記憶喪失と言うと格好良く聞こえるが…平たく言うと健忘症なんだよな…実際は
[ 2009/04/17 23:33 ] -[ 編集 ]
誰かまほらばについて触れてくれよ・・・
[ 2009/04/18 00:29 ] -[ 編集 ]
うんうん高尚な趣味してるよ君等は
[ 2009/04/18 03:02 ] -[ 編集 ]
記憶喪失ネタがよくあるのは
喪失中は読者視点で世界観の説明、思い出した後は当人を一気に重要人物に位置づける事が出来るからじゃね
[ 2009/04/19 10:22 ] IgBGO5/w[ 編集 ]
ナイトウィザードの名前が出てるのは驚いたけど、
記憶喪失の要素なんかあったっけ……
……あー、ヒロインのことを皆が忘れるってのはあったか。
でもあれは記憶喪失じゃないんだけどなあ。
[ 2009/04/21 00:42 ] Bs/Xgq9g[ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2009/12/06 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。