ムズムズする

日本のアニメや漫画、テレビ番組やニュースなどなどに対する海外の反応などを紹介させて下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメでよくやるクリスマスの特別版ってアメリカの視聴者を意識しているの? ( 海外フォーラム ) 

元記事:Holidays In Anime.



King of Horror ( 男 )
アニメでクリスマスの特別版をやることがあるよね。クリスチャンでも無い限り、日本でクリスマスを祝う人がいないのは明白だよね。ということは、アニメでクリスマスを取り上げるのはアメリカの視聴者を意識したものなのかな? アニメで他の日本以外の祝祭日を見たことある人はいる? アメリカに限ったのじゃなくて、どんなものでもいいんだけど。ハロウィーン特別版とかあったら素敵だろうね。

Opace
は? 世界中の国々でクリスマスは祝われてるけど。別にそれが神聖な日だからっていうわけじゃなく、一年の中でも有名な日だからという理由で。

アニメでクリスマスが扱われるのは、それが人々にとって馴染みのあるものだからだよ。もしクリスマスが日本で知られていなから、アメリカ人にアピールするためだけにクリスマスのエピソードを彼らが作るとでも本当に思っているの?

君が日本をどんな国だと思っているのかよくわからないけど、それはないわ。

Mendou ( USA / 男 )
どうして彼らがアメリカ人を意識して何かを作ろうとなんかする? メインとなる視聴者は( 君もご存知の通り )日本人だというのに?

別に彼らは自分らの作品をすぐさま英語圏の視聴者に向けてリリースしようと計画しているわけじゃないんだよ。

Pokota ( 男 )
クリスマスは商業的な祝日以外の何物でもない代物に成り下がっていて、日本の企業はクリスマスという商品の売り込みを非常にうまくやっているよ。例えばクリスマスケーキとかさ。これはもうほとんど伝統になっちゃってるよね、アニメを観ている限り。クリスマスは商売人にとっての天国だよ。いや、別に洒落のつもりじゃないけど。

ヴァレンタインデーも同様。もう一つのマーケティング・ドリームであり、日本では大きなビジネスになっている。

それはそれとして、こういうイベントは息抜き用の穴埋めエピソードにはぴったりなんだ。祝日のエピソードは海水浴や温泉のエピソードと同じくらい定番だし、それに、登場人物たちに恋愛ドラマをやらすにはうってつけ。

Calbob ( USA / 男 )
LOVEひな』のクリスマススペシャルは良かった。

kurapika ( オーストラリア / 男 )
今日の社会ではクリスマスの宗教的な部分にフォーカスすることは稀だ。これはお祝いなんだ。

90TGP
夏目友人帳』でハロウィーンが祝われるのを観た。それから勿論、新年とゴールデンウィークはアニメでは定番だね。

King of Horror ( 男 )
みんなご教授ありがとう。クリスマスが日本で有名なものだとは知らなかったよ。

Jun_Inohara ( 日本 )
日本に住んでまだ5年だけど、ハロウィーンの人気が高まってきているのを見るのが楽しいよ。私が2004年の夏に日本に来たときは、まだレーダーにちょっと補足されたって程度だった。それから5年経った現在、ハロウィーンの知名度は飛躍的に高まっている。今ではハロウィーンになると、地方の食料品店でさえ、大量のデコレーションが飾られる。ただトリック・オア・トリートや、カボチャのランタンは今でも限られた場所を除いてはあまり知られていない( とても残念だよ。これこそがこの祝日の醍醐味なのに )。あと五年後にはどうなっているかな。

Rogue ( 男 )
私の日本語の先生が、日本人もクリスマスを祝うと教えてくれた。ただ、それは商業的な祝日としてということだったけど。どこまで本当かわからないけど、当の日本人が言うことだし……。

Jun_Inohara ( 日本 )
最近までは、主にカップルのための祝日として重点的に宣伝されていた。ただここ数年は、家族のための祝日として益々人気を得てきていて、商業的にもアメリカと似たような状況になってきている。私自身も実家ではクリスマスを宗教的なものではなく家族のための祝日として祝っていたから、ここ日本でクリスマスが商業化されていることも余り気にはならないな。友達の中にはそれはちょっと虚しいと感じるという人もいるけど。いずれにしても、年を追うごとにクリスマスの電飾でライトアップされる家の数が多くなっていくのを見るのは、実家でクリスマスを祝った時のことを思い出させてくれて嬉しいものだよ。

それからこれは言っておいたほうがいいかもしれないけど、キリスト教は日本でまったく馴染みがない物でもない。1500年代にポルトガル人が初めてキリスト教を日本に伝えてからかれこれ500年にもなるしね。

Clayton ( 男 )
アニメにクリスマスが出てくる理由は、サンタクロースが実在するからさ。
motivator7394126.jpg

D Morning Star ( 男 )
ヤマトナデシコ七変化』にハロウィーンのイベントがあった。第10話だったと思う。

Khimera9 ( USA / 男 )
ハム太郎でアメリカの祝日が10話ごとに出て来なかった? 覚えていないけど。




考えてみると随分季節外れの話題でした。

ハロウィーンはまだまだクリスマスには及びませんが、確かに最近はデパートとかでもハロウィーンになるとデコレーションしているところもあったりしますね。ハロウィーンも徐々に一大イベントになっていったりするのでしょうか。でも最終的にはクリスマスと同じように、リア充さんたちがトリック・オア・トリートする日になってしまうのでしょうけど。





ソフトマスクパンプキン
ソフトマスクパンプキン
アイコ
売り上げランキング : 76108


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

日本とアメリカにおける声優の仕事現場の違い 

元記事:Comparison of Voice Acting in Japan and North America



Access
アニメのDVDで英語の吹き替えをやった声優のコメンタリーを私はよく聴くんだけど、それで気付いたのは、彼ら声優たちの多くが初対面だということなんだ。これとは対照的に、日本の声優たちのコメンタリーを聞けばよくわかるんだけど、彼らはお互いに知り合いで、そして多くの場合、とても和気藹々としているんだ。アメリカの声優たちの関係性は私にとってなんだかちょっと悲しい。思うにアメリカの声優たちはそれが単なる仕事の一つであって、自分の人生や私生活とは切り離して考えているんだろうね。私は仕事だけの関係なんて耐えられないよ。自分の上司や同僚が電話でやりとりするだけの存在でしかなかったら、私は多分気が狂ってしまうだろうな。

oompa loompa
確かにそうかもしれない。けど文化的なところもあるんじゃないかな。仲が良いに越したことはないと思う……けど、いつだってそれが最良だとは限らない筈だし。君の意見には賛成だけどね……。ある種の相互理解は重要だよね。

4Tran
両者の違いは、仕事に対する考え方の違いというよりは、日本とアメリカにおける録音作業の手順の違いが起因している。日本では、あるシーンの声をあてる時には全ての声優がスタジオに集まって録音を行う。アメリカでは、声優達は個別に録音をする傾向があって、だから声優達がお互いに顔を合わせないことの方が多い。特にビッグ・スター達( ディズニー映画の声優とか )は、それぞれ違う場所で録音することが多いだろう。

Vexx
それがアニメの英語吹き替えが日本語のそれよりも出来が良くない原因の一つだと思う。他の声優と一緒に演じてお互いにフィードバックしあうことが出来れば、より素晴らしい作品ができるはず。本当に最高の声優であればそんなの不要なのかもしれないけど、殆どの声優にとってはこの方法から蒙る恩恵は多いと思う。アメリカのクラシック作品『 アニマニアックス』があれほど面白かったのは、声優たちがしばしば一緒に声あてをしたことが一つの要因になっているんじゃないかな。

oompa loompa
ふーん、そういう仕事のやり方の違いがあったんだ。知らなかったよ。教えてくれてありがとう。

teachopvutru
待ってくれ。個別に録音しているのなら、どういう感情で台詞をあてればいいのかどうやって知ることが出来るんだ。一つ所に集まって一緒に演じないとそのシーンの流れを知りようがないじゃないか? もしかして、それが英語の吹き替えに出来が酷いものが多い理由なのか?

minhtam1638 ( USA )
その通り。英語の吹き替えがどれも酷い出来なのは、声優同士の交流が少ないからさ。

Kaioshin Sama
だから多くの吹き替えには単調な感じのキャラクターが出てくるんだ。声優は他の声優達がどんな雰囲気や口調で演じているか知りようがないから、出来る限り低い調子で声をあて続ける。そうすれば、そのシーンで一人だけ浮いたような演技になることが無いからね。正直いって、これはもっと以前に改善されているべきだったんだ。けど、アメリカの声優は一度に複数のキャラクターの仕事を受け持つ傾向があって、ひと所に集まってやろうとすると、あっちからこっちへ飛び回らなきゃいけないという事情があって、今でも状況は同じままだ。たぶん、声優の数がもっと多くなればそういうことも可能になるかもしれない。けど、現状ではそういう試みは幾分チャレンジングなものになるだろう。

james0246
えーと、みんな『シンプソンズ』を忘れていないかい。もちろんこれは「アニメ」ではない。けれど、いろいろな点で、アメリカあるいは世界で一番は言い過ぎにしてもそれに近い素晴らしい声の仕事をしている。これはなにも、何年もシリーズを重ねた最近のものに限った話ではなく、最初期のシリーズからそうだった。その声の出来は日本の最高のレベルと容易に肩を並べる。

アメリカ人と日本人のレコーディングの仕方というよりも、正確にいえば問題はディレクターにある。日本の作品にも愚かなディレクターが声優との仕事のやり方を知らないせいで、ひどい作品になっている例はたくさんある。逆にディレクターが優秀な結果、素晴らしい出来となったアメリカの作品も一杯ある。

4Tran
> アメリカでは、声優達は個別に録音をする傾向があって......

実際には、英語の吹き替えでも「一つの場所に全ての声優が集まって録音する」という手法を使っている作品もいくつかある。しかしながら、アメリカでは声優という仕事は副職の傾向があるから、そういう例は極めて稀だけど。

> だから多くの吹き替えには単調な感じのキャラクターが出てくるんだ。

これは演出のマズさや、口の動きに英語の台詞をあわせることの難しさが原因であることが多い。もう一つの問題は、日本語の用語や名前の発音で、多くの日本語の用語は英語にあまりうまく翻訳されないんだ。

それでも純粋に英語の吹き替えが好きで、様々な理由から日本語版よりも英語版を好むなファンは沢山いる。それから公平にいえば、日本語版と同等、あるいはそれ以上の演技をしている作品も時には存在する。

WanderingKnight
私は主な違いはその言語固有の要素が原因じゃないかと思う。アニメのシーンでは、君が好むと好まざるとに関わらず、日本語の型にはまった表現がされることがあって、そういう表現のほとんどが自然な形で英語に翻訳できない。私が考え付く最も良い例は、極度に一般的な日本語における呼びかけの表現で、これは英語だと不自然に聞こえる。また、そのシーンは日本語の台詞のテンポに合わせて作られているから、自然な英語に翻訳するのは難しい。アニメの吹き替えよりもカートゥーンの声の方が出来が良いのもそういう理由があるのだと思う。

Kyuusai
上の意見に全面的に賛成。人々が「西洋スタイル」だと主張する作品、例えば『カウボーイビバップ』ですら、英語の吹き替えが良い出来でないのはそれが理由なんだ。

Nayuta
安定した収入が得られるかどうかの違いが大きいと思う。私が読んだ情報では、日本で成功した声優は彼らの仕事の管理をしてくれるエージェントを雇っていて、だからどっちかというと定職に近い。オーディションを受けて、役を獲得して、イベントをこなして……。日本では声優オタクもはびこっている。クリスピン・フリーマン( アメリカの声優 )はシングルCDを出すことも無いし、ゆかりんみたいに写真集を出すこともない。日本の同人やラジオなども彼らにとっては活躍の場だ。声優がチームを組んでコミケやとらのあなで自身のCDを売ることも珍しくはない。



おいよいよ。






ザ・シンプソンズ シーズン 1 DVD コレクターズBOX
ザ・シンプソンズ シーズン 1 DVD コレクターズBOXマイケル・ジャクソン エアロスミス ダスティン・ホフマン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-05-27
売り上げランキング : 8627

おすすめ平均 star
star初期はみんな意地悪だったのか
star映画もDVDで出たとこで
starこれだけ個性があるアニメはSIMPSONSしかない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2009/06/15 00:02 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(67)

アニメでのフラッシュバックの濫用 ( 海外フォーラム ) 

元記事:Excessive use of flashbacks.



Oaknut
ここ何週間か『ガンダムSEED』を観賞していたんだ。ストーリーや登場人物、バトルやその他諸々は非常に楽しめるものだった。けど、シリーズを通してコンスタントに出てくるフラッシュバックがこの作品の面白さを損なっていた。特に29話から34話あたりはひどかった。作品の主張を納得させたり重要なシーンであることを理解させるためにフラッシュバックを使うのは理解できる。けれど、一人の登場人物の死を一話の中で3回あるいは4回、さらにそれを4話から5話立て続けに視聴者に見せる必要はあるのだろうか? 効果的なフラッシュバックと、作品を観るに耐えないほど台無しにするフラッシュバックの境界線はどこにあるのだろうか? 単純に興味があるのだけど、誰か他にもフラッシュバックの過剰使用のせいで台無しになった作品を知らない? あるいはフラッシュの使い方について、どこまでなら効果的でどこからが過剰使用となるのか、何か意見があれば言って欲しい。

DomFortress ( カナダ )
それって『ガンダムSEED DESTINY』のことだよね。

最近のアニメで使われるフラッシュバックや過去のシーンの繰り返し、それから素材の使いまわしなどは単なるコスト削減の手段の一つに過ぎない。けど『ガンダムSEED DESTINY』におけるフラッシュバックはそれとはちょっと違っていて、これはバンダイ側の意向によるもの。キャラクタ商品の宣伝のために特定のキャラクターのシーンを何度も使うようにバンダイがサンライズに指示しているんだ。

これまでのところ、バンダイがスポンサーになっている作品はどれも程度の差こそあれ、作品の質を高めることにはあまり貢献しない、キャラクター関連商品の宣伝だけを目的としたフラッシュバックや過去のシーンの繰り返しなどが行われている。

Oaknut
上の意見に100%同意。最近私がアニメへの関心を失ってきているのもこれが一つの要因だ。最近のアニメを観るくらいなら80年代や90年代のアニメを観ていたほうがマシだよ。関連商品を売ることばかりが重要視されて、作品の質は二の次三の次になっているように感じる。アニメ産業を批判するつもりはないんだけどね。彼らも何らかの方法でお金を稼ぐ必要があるわけだから。

DomFortress ( カナダ )
ただ、現在の日本のアニメ産業の問題点は、サンライズのようなアニメ製作会社にはキャラクター関連商品の売り上げによる利益は入ってこないということなんだ。それは以下のような事情による。

( ややこしいので割愛 )

Shiroi Hane ( UK )
フラッシュバック( や埋め草的シーン )の過剰使用はビートレインが製作するあらゆる 全24話完結作品が抱える疫病のように思われる。『.hack//SIGN』では全ての回に複数のフラッシュバックがあったし、一つの回の中でその同じ回の出来事を早速フラッシュバックしたときには文句を言ってしまったよ。『.hack//黄昏の腕輪伝説』よりも長ったらしいものは禁止すべき。

PetrifiedJello
> 最近のアニメで使われるフラッシュバックや過去のシーンの繰り返し、それから
> 素材の使いまわしなどは単なるコスト削減の手段の一つに過ぎない。

目的は何? 13話、あるいは26話まで話をもたせるため?
この話数でなきゃいけないとでもいう決まりがあったりするのだろうか。

もしファン達が、自分は3エピソードと10のフラッシュバックのためにお金を払っているんだと思い始めたら、この戦略は裏目に出るだろう。

製作コストが影響しているというのは同意する。静止画がただスクロールするだけのシーンが増加しているのと同じようなものだね。
むしろフラッシュバックより後者の方が頻繁に見かけるよ。

行き着くところまで行けば、アニメじゃなくてただの漫画になっちゃうんじゃないかな。

Blood- ( カナダ )
フラッシュバックの過剰使用はイライラするだろうね。幸い私はそういうのにまだ出会ったことがないよ。私が遭遇したことがあるのは、一つの回でメインキャラが一度も登場しないというもの! 今思いつくものでも『ラーゼフォン』と『Blood+』は少なくとも一度はそういう回があった。

ある意味、そんなことを成し遂げる勇気に感嘆してしまう( 北米のテレビでこんなことが想像できるかい? )。けどやっぱり、メインストーリーの流れを壊してしまうと思う。そういう回をやる以上は、それに見合うだけの素晴らしいエピソードである必要があるね。

fighterholic
私はフラッシュバックが過剰に使われている作品は観た覚えがない。けどフラッシュバックの多用に妥当性がある作品はあると思う。『ONE PIECE』などはその作品の長さゆえに、必要性があってフラッシュバックを使う。キーとなるキャラクターの背景を視聴者が知らない場合もあるから、フラッシュバックが視聴者にキャラクターのことを理解させる助けになる。

Asusanshinu ( USA )
フラッシュバックは漫画よりアニメで頻出する。これはある種アニメが漫画に唯一勝る点だと思う。ときどきクリエーターはキャラクターの過去の歴史を紹介したくなるんだ。とはいえ、フラッシュバックのせいで本編が短くなってしまう場合があって、そういうのは本当にいらつくな。

正直にいわせてもらえば、フラッシュバックは少しだけあればいい。そうでないならフラッシュバックなんていらない。キャラの背景を知りたければWikipediaがあるんだし。

bahamut623
一番ひどいのは『天上天下』だ。この作品の大部分がフラッシュバックで成り立っている。過去の話ばっかりやってて、現在のメインストーリーが無意味なものになっている感じがイライラするんだ。

Psycho 101
同意せざるを得ない。容量にしたら2~3枚のディスクくらいになる長さを費やしてフラッシュバックで語られた物語は、重要なものではあった。しかし、二期はこれまでのところ作られていない。この作品のストーリーは、未来の出来事に向けて設定されているのに、それは漫画でしか見ることが出来ず、たとえアニメで二期、三期が作られてもそこに到達することはないだろう。これはこのアニメにとって非常にもったいないことだ。作品の半分は主人公達の活躍を描いて、残りの半分は「むかーしむかし」的なフラッシュバックに費やされるというのは。そういう過去の話はOVAか映画でやるべきだったと思う。本編とは切り離して。

DomFortress ( カナダ )
これはアニメ版の『天上天下』が同じ名前を持つ原作漫画のためのただのTV広告に過ぎなかったからさ。充分な視聴者が得られなかったし、OVAも売れなかったから続編が作られることはないだろう。

BunnyCupCakes
犬夜叉』が頭に浮かんだ。

5~6話ごとにかごめは何かしら同じことを繰り返すんだ。特に作品の初期では。

larinon ( USA )
なんか勘が働いたんだろうな。スレッドのタイトルを見ただけで『ガンダムSEED』が頭に浮かんだよ。

dtm42 ( USA )
コズミック・エラシリーズはどちらも余りに多くのフラッシュバックを使用している。いくつかのフラッシュバックにおいては、一つの回で複数回、しかもそれが何話かに渡って続く有様。本当にマジでやり過ぎだし、実際のところ誰かの死や、使われているシーンのインパクトを薄めることにしかなっていない。スタッフは何を考えているんだろう。そうやって何回もシーンを繰り返さないと視聴者が忘れてしまうかもしれないとでも思っているのだろうか? 安いゴミでスクリーンを埋めることでコスト削減をはかる以外の合理的な理由はあるのか。いや、ないだろう。

Zin5ki ( UK )
ガンダムSEED』ほどではないけど、『星界の紋章』で一番印象的だったシークエンスが繰り返し流れるのは余り好きじゃなかったな。

spooksmagee ( USA )
NOIR』が頭に浮かんだ。作品自体は素晴らしかったけど、作品の前半では毎回ミレイユの死をフラッシュバックさせてた。

たしかに悲劇的な出来事ではあるし、プロットにとって重要なものではある。けどそれでも。これだけ大きな出来事なんだから、一週間経っただけで視聴者が忘れてしまうなんてことはないよね。けどどうやらビートレインは定期的にそうやって思い出させてあげることが必要だと考えていたようだ。同じジングルまで流して。ああ、あの作品を観終わった後も数週間はあの馬鹿みたいなジングルが頭を離れなかったよ。

Shiroi Hane ( UK )
すでに書いたように、それはビートレインの全24話( かそれ以上 )作品についてまわる呪いなんだ。

spooksmagee ( USA )
私は『Phantom ~Requiem for the Phantom~』が今までのところとても気に入っているんだ。けどもし彼らがフラッシュバックを狂ったように使い出したら……。今後経過観察が必要だけど、この作品は13話しかないから、希望は持てそうだ。

LydiaDianne
頭に浮かんだのは『WOLF'S RAIN』。フラッシュバックだけのエピソードが4話あった。



漫画だと『奈緒子』は回想シーンが多かったような記憶が。フラッシュバックとはちょっと違いますか。

『天上天下』のアニメ版に対するコメントは、フラッシュバックどうこうというよりは、本編から外れたエピソードが多過ぎることに対する不満でしょうかね。アニメを観ていないのでなんともいえませんが。






超時空要塞マクロス Flash Back 2012 [DVD]
超時空要塞マクロス Flash Back 2012 [DVD]飯島真理, 長谷有洋, 土井美加, 小原乃梨子, 河森正治

バンダイビジュアル 2008-02-22
売り上げランキング : 8298

おすすめ平均 star
star劇場版とセット買うべき作品です。
starミンメイ大好き
starパッケージに惑わされちゃいけません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2009/05/31 02:10 ] 海外の反応 - アニメ | TB(1) | CM(57)

アニメに出てくるのを見て食べたいと思った物 ( 海外フォーラム ) 

元記事:Anime food: Does a series entice you to try it?



PetrifiedJello
アニメの登場人物が食べているものを見て、「これは食べてみなくちゃ」と思うことが度々ある。
ポッキーはそんなふうにして知った物の一つ( 近所にポッキーを置いている店は余り無いんだけど、置いてある店でも一箱3ドルする )。

味噌汁やたこ焼き、メロンパンも試してみたいんだ。

けど「味噌」が実際のところ何なのか良くわからない。いろんなところで売っているみたいなんだけど、売っている物はどれも同じなのかな。これは解明しなくちゃ。

そうそう、何かで読んだところでは、メロンパンには実際にはメロンは入っていないそうだね。ガッカリ。でもそれでも食べてみたいな。

飲み物も、面白そうなのや気持ちが悪いのがあったりする。気持ちが悪いのですら興味があるよ。まあ一つの経験としてね。

こういった商品を注文できるウェブサイトを見つけたんだ。だから、チャレンジしてみようとしているところ。

というわけで、みんなはどんな食べ物や飲み物を試してみたい?

Labbes
その気持ち分かるなぁ。私は今懐が寂しいからアレだけど、近い将来試してみるつもり。ポッキーと、それからラムネを買おうと思っている。
前者は『おねがいティーチャー』と『喰霊-零-』を観て食べてみたくなった( ただこっちではポッキーじゃなくて「ミカド」(※)って名前だけど )。ラムネを飲むシーンは『ラーゼフォン』の中でもベストシーンの一つだね。

Wikipedia - 「ポッキー」より引用
「ポッキー(Pocky)は英語で「あばたのある」という意味や、男性器の隠語でもあるため、ヨーロッパではMikadoという名前で販売されている」

Jinxso ( カナダ )
ポッキーに一票。『おねがいティーチャー』で観て試したくなった。うちの近所ではどこにも売っていないし、遠出してまで買うほどでもないけど。でもいつか試してみたい。

fighterholic
アニメを観始める前から私にとって日本は日常生活の一部だったから、日本の食べ物はよく食べていた。アニメを観ていて新しい日本料理を食べたくなることは無いなぁ。

Labbes
ありがたいことに、私の国のあるオンラインアニメショップではラムネやポッキー、それからインスタント・ヌードルも販売してる。このオンラインショップが無かったら車を30分も走らせなきゃいけないところだったよ。

Murasakisuishou ( USA )
味噌は素晴らしいよ。チキンブロスに味噌を加えるのが好き。塩気は変わらないけど、味噌を入れることで、ほのかに燻したような風味がつくんだ。ヌードルや玉ねぎを入れると特においしいよ。

ポッキーも大好きだけど、私はアニメにこのお菓子が出てくるのを観たことがないんだ。私にとってポッキーは、アニメクラブの友達がいつも欠かさず持ち歩くクレージーな日本のグッズの一つでしかなかった。私もはまったけどね。
私がアニメを観ていて食べたくなるものはほとんどは、本当の日本食。例えばすき焼きとか、和風ハンバーグ、それから串ダンゴ。いつも自分で作ってみるようにしている。それもまた面白いんだ。

Blackpeppir
両親が日本食に夢中だったから、私もそういう物を食べて育った。とはいえ、実際に食べた物といえば西洋でも一般的な寿司やラーメン、味噌、それからどんな日本レストランでも置いてあるような物ばかりだったし、それらが本場の物に比べてどれだけ掛け離れたものだったかなんて当時は考えもしなかったけどね。
メロンパンは『シャナ』を観てからというもの、ずっと食べたいと思っているんだ。メロンのパンだなんて響きがいかにもおいしそうじゃないか……。

classicalzawa
スレ主の気持ちがわかるよ。私は随分長いことこれを食べたいと思っているんだ。想像するに、これは出来立てを食べるのが一番美味しいというタイプの料理だと思われるんだけど、近所のどこを探してもこれを作っている店が無いんだ。寿司屋はあるんだけど、これは作ってくれないんだ。
これは「おにぎり」と呼ばれる食べ物だよね?

SailorButterfly ( USA )
らんま1/2』を観てラーメン( インスタントじゃなくて本物のやつ )、それからお好み焼きが食べたくなった

Mushi-Man
私は父親が軍士官だったから、私は軍用基地の中、あるいはその近くで育った。当時は戦争花嫁でアメリカに嫁いできた来た日本人や韓国人が沢山近所にいた。だからそのどちらの国の料理もとても馴染みがあるものだったし、大好きだった。けど私は常に新しいものにも挑戦しているし、アニメには私の好奇心を刺激するものがたくさんある。例えばオムライスとか。それから私は『Kanon』を観る度に、小豆を買うために東京アジアマーケットに駆け込むことになるんだ。タイヤキを作るためにね。

ところで、メロンパンを食べてみたいけど地元で売っていないという人のためにご参考。もしあなたが住んでいる地域にメキシコ人もそれなりの割合で住んでいるのなら、コンチャと呼ばれるパンが売っていると思う。これはメロンパンにかなり近い。コンチャの方が若干固めでシナモンも入っているけど、もしコンチャが気に入ればきっとメロンパンも楽しめると思うよ。

David.Seth ( USA )
タイヤキをずっと食べてみたいと思っていたんだ。特に『Kanon』を観てからはね。これって作るの難しい?

Mushi-Man
一度コツを掴めばそんなに難しくないよ。私の場合、適切な温度や、焼く時間、バターの量などを把握するのに何回かトライが必要だったけど。けどその最初の試練を乗り越えてからは、ちゃんとしたものを作れるようになった。一番の難点は、きちんとしたタイヤキ器( 魚型の鉄板 )を見つけることかな!

Mushi-Man ( USA )
メロンパンは以前試したことがある。私的にはとても美味しかったよ。ある日、ある家族の集まりがあって、そのときにテーブルの上にそれが置いてあったんだ。アニメや漫画でそれが出てくることがあるのを覚えていたから、「いっちょ試してみるか」と思ったんだ。

ちなみに、味噌汁は素晴らしいよ。インスタントはお勧めしない( 美味しくない )。けどレストランで注文すればたいてい外れはない。

DuelLadyS ( USA )
メロンパンにメロンが入っていないというのは私にとっても驚きだった。メロンパンは基本的に、クッキー生地が上に乗った普通のパンだよ。私は日本から輸入されてくる包装された物よりも、現地のパン屋で焼かれてUwajimayaで売られる新鮮なものの方が好み。けど私が好きなやつはいつも売り切れてるんだよね。

これから試してみたいのは……ブラックブラックガムとメルティキッスというチョコ。他は特に思いつかないな。周辺にアジア食料品店がいっぱいあるから、単純に美味しそうなのがあったら買うだけ。

Kruszer ( USA )
私はアニメを観てて何か食べたくなったりとかはないな。どれも見た目が食欲をそそらない。ほとんどの日本の食べ物って、海産物と野菜で成り立っているように見える。そのカテゴリーに入る食べ物はいくつかの例外を除けばほとんどが私が苦手なものなんだ。

AU_Gundam ( フィリピン )
時々。料理アニメを観ると特に。

単純に食べたくなる場合もあれば、料理してみたくなるときもある。

兄弟と一緒に『ミスター味っ子』のレシピに挑戦したことすらあるよ。

Ausdoerrt
スクールランブル』で天満がポッキーを食べていたのを見て、初めて「食べてみたい」と思った。

nagato316
アニメを観てて唯一心底食べたいと思ったのはお好み焼き( 『らんま1/2』を観たせいだ。サンキュー久遠寺右京! )。

kyokun703
アニメがきっかけで食べた物は以下の通り。

  • タイヤキ:『あずまんが大王』。魚の形をしていて中に豆のペーストが入っている。冷凍物を見つけた。とても美味しい。
  • たこ焼き:夏祭りのシーンでよく出てくる。小麦粉の生地にタコを入れて丸く焼き上げたものにソースを付けて食べる。本当に美味しい。
  • コロッケ:『カードキャプターさくら』。調味料や野菜を混ぜたジャガイモのパテを揚げたもの。これはお気に入りといって良いかもしれない。
  • メロンパン:『こげぱん』。甘いパン。まあまあ。
  • ナルト:『らんま1/2』。魚の練り物を薄くスライスしたもの。ピンクの渦巻き模様がある。魚の練り物自体はそれ以前にも食べたことがあったけど、この形状のものは食べたことがなかった。
  • 梅干入りおにぎり:『フルーツバスケット』。ライスボールに梅の漬物を入れたもの。具なしのおにぎりはずっと食べていたけど、このアニメが梅干入りを私に作らせるきっかけになった。超美味しい。


まだ食べたことが無いけど、食べたいとずっと思っているのは『らんま1/2』に出てきたカレーパン。

アニメで観る前から食べていたのはラーメン、寿司、ポッキー。

追記:そうそう、忘れてた。『らんま1/2』と『隠の王』で観たお好み焼きも死ぬほど食べたいと思っている。

spooksmagee ( USA )
アニメで彼らが自分が食べているものに言及するシーンを見たことがないな。もしあったとしても気づかなかったんだろう。

私の父親は仕事で年に3, 4回日本に出張してて、その結果、あらゆる種類の日本の食べ物を食べている。それで、「あれはお前も一度食べてみるべきだ」と言ってくることがある( 主に寿司だけど )。

寿司は別に嫌いじゃないけど、一度にあまり沢山食べられないんだよね。沢山食べるとその後しばらく気持ち悪くなるんだ。

plumpilicious
ちょっと前にポルノアニメ( hentai )を観ていたら、女性のキャラクターがラムネについて話していた。それでその後Uwajimaya ( アジア食料品店 )に行ったときに一本買った。それで店を出てから駐車している車に向かう間に飲んでみた。店に舞い戻って追加で3本買った。また飲みたくなってきた……。それからデカビタCも欲しいな。



らんま1/2を観てお好み焼きを食べたくなる気持ち、よくわかります。
タイヤキをアンコも含めて自分で作っているらしい人がいてちょっとビックリ。日本人である私は冷凍物ばかり食べているというのに。でも冷凍物も解凍して温めたあとにオーブンで軽く焼くと充分おいしいですけどね。
メロンパンも結構話題にあがっていますね。メキシコのコンチャというパンが似ているそうです。Googleで画像検索してみたら確かに見た目は似ていました。

逆に日本人の私が海外のドラマや映画を観ていて「食べてみたい!」と思うようなものはあまりないですねぇ。出てくる食べ物といえば、シリアルやベーグルやピザ、ハンバーガー、紙製の箱に入った中華料理といった感じでいまいちそそられません。






4751105523アメリカ日本食ウォーズ―寿司、豆腐、枝豆、日本酒…いまアメリカでは日本食が大ブーム!
池澤 康
旭屋出版 2005-12

by G-Tools
[ 2009/05/23 15:46 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(96)

どうしてアメリカ人は宮崎駿の映画が嫌いなの? ( 海外フォーラム ) 

元記事:Why do Americans hate/dislike Hayao Miyazaki's movies?



David.Seth ( USA )
ここで言う「嫌い」っていうのは、つまりアメリカ人は彼の作品に興味を持っていないように見えるってこと。彼の映画がここでも非常に高い評価を得ていることは知っている。しかし興行成績はひどい有様だ。そしてこの事が彼の映画に対するアメリカ人の興味の無さを反映していると言える。私の主張はこの事実に拠って立つんだ。

宮崎の映画はアメリカで上手く行っていない。けどどうしてなんだ? 以下は最近公開された三作品の興行収入だ。

もののけ姫』:220万ドル
千と千尋の神隠し』:1000万ドル
ハウルの動く城』:470万ドル

これは何なんだ? これがアメリカのオーディエンスが出来る最大の事なのか? 何がこれらの映画がその10倍の成績を収めることを阻んでいるんだ?

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』は5180万ドルを稼いでいるんだぜ!
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? [DVD]
あの映画が! あのクソみたいな映画が5000万ドル以上稼げるというのに、どうして宮崎の映画にはそれが出来ないんだ? ディズニーのお粗末なマーケティングのせいか? アメリカ人にとって余りにも「異国風」だからか? そうであれば『ハウルの動く城』は『千と千尋の神隠し』の1000万ドルよりもっと稼いでもおかしくない筈だけど結果はご覧の通りだ。この問題には簡単な解答は出せそうもない。

私がこの小さなぼやきをぶちまけたくなったのは、『崖の上のポニョ』のトレイラーを観てからなんだ。私はこの映画を観たいと思うのは勿論のこと、この作品が大きな成功を収めて欲しいとも思っている。最初はダウンロードしようとしたけど、それは公正ではないし、それでは作品の真価は分からないと判断した。私は『ハウルの動く城』も『千と千尋の神隠し』も映画館で観賞した。どちらも金曜の夜に観に行ったのだけど、映画館には10か20人程度の客しかいなかったよ。

penguintruth
宮崎駿はアメリカにおいておそらく最も良く知られた日本のアニメーターだし、彼の映画は他のどんな日本のアニメーションよりも大きな成功を収めている。アニメが外国のカートゥーンであることや、アニメがここアメリカでは単なるノベルティと見なされていることを考慮すれば、かなり健闘している方だと思う。

David.Seth ( USA )
ああ、確かに彼の映画は他のどんなアニメよりも上手くやっているよ。けど彼の作品はディズニーの後ろ盾があって、彼らは吹き替えにA級スターを起用するために多額のお金を支払ってもいる。ならどうしてプロモーションにもう少しばかりのお金を出そうとはしないのだろう? そうすればもっと良い見返りが見込める筈なのに?

それからどうしてアメリカ人はアニメを避けるんだ? 特にこれらの素晴らしいファミリー映画を? ちょっと確認してみたんだけど、コンピュータで作られた最悪の作品である『Doogal』ですら、『もののけ姫』と『ハウルの動く城』の興行収入を合わせた額よりも稼いでいるんだぜ!!!! どこに正義があるっていうんだ。
Doogal

dtm42 ( USA )
アメリカは宮崎駿を嫌ってはいないよ。批評家も嫌っていないし、観客も嫌ってなんかいない。単に映画を製作するのにお金が掛かりすぎて宣伝にまで予算が回らないだけだよ。特にアメリカや他の国々においてアニメーションが未だに子供のためのものだと見なされている現状ではね。既に国内で利益を産んでいる映画に対して、世界市場ではコケるかもわからないというのに、余り手広く宣伝を打ってすでに得た利益を失う可能性を負うのは合理的じゃないんだ。『ハウルの動く城』はアメリカにおいて470万ドルしか稼ぐことが出来なかったかもしれない。けど一体どれだけの数の映画館でこの作品を上映した? きっと多くは無い筈だ。一館あたりの収入を比べれば『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』と拮抗、あるいは勝っているかもしれない。興行収入は無視した方がいい。このデータでは実情は見えてこないよ。

Doogal』はワールドワイドで2700万ドル以下の収入だけど、『ハウルの動く城』は2億3500万ドルだ。これは覚えておいて欲しい。アメリカ人というのはどちらかというと馬鹿な人達なんだ。これは議論の余地の無い事実。彼らが物の良し悪しについて何を知っているというんだ?

追記:Box Office Mojoによると、『Doogal』の一館あたり平均収入は1555ドルだけど、『ハウルの動く城』は平均11888ドルだそうだ。君が熱心に主張する理由はどこにもなさそうだね。

Some Guy
えーと、彼の映画はアカデミー賞に2回ノミネートされているし、その内の1回は長編アニメーション部門作品賞を獲得しているよ……。

David.Seth ( USA )
> アメリカは宮崎駿を嫌ってはいないよ。批評家も嫌っていないし、観客も嫌ってなんかいない。

それは事実だ。しかしながら、私は何人かの人に彼の映画を一緒に観ようと誘ってみたときに「アニメはクソだ」といわれたことがある。彼らが全てのアメリカ人を代表しているわけではないけれど、正直なところ、多くの人を代表してはいる。

> 単に映画を製作するのにお金が掛かりすぎて宣伝にまで予算が回らないだけだよ。
> 特にアメリカや他の国々においてアニメーションが未だに子供のためのものだと
> 見なされている現状ではね。

それだと余計訳がわからないよ。両親達が『シュレック』みたいな糞を子供に観せたがるのなら、何故『千と千尋の神隠し』は駄目なんだ? アニメーションはお金が掛かるかもしれない。けどこれらの映画はすでに出来上がっているんだ。ディズニーは製作に関しては何もお金を払う必要が無い( 吹き替えを除けば )。ならどうして彼らは玩具を売り出したり、あるいはせめて、自分達が製作する映画と同じようにコマーシャルを流したりしないんだ? 私は『千と千尋の神隠し』が劇場で上映されている間、この作品のコマーシャルは2回しか観ることがなかった。私は『ペルセポリス』や『ワルツ・ウィズ・バシール』のような作品がアメリカで成功しないのは理解できる。
ペルセポリス [DVD]
これらの作品は子供向けには程遠いからね。けど良く出来たファミリー映画で、ディズニーは宣伝と配給だけすれば良いような作品は? 言い訳の余地は無いと思う。もし彼らが『ホーム・オン・ザ・レンジ』を公開したときと同じマーケティングの努力を費やしていたら、彼らは同じ程度の結果を得ることが出来たことは間違いないんだ( それも映画を自身で製作することなくね )。
ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え! [DVD]

> 追記:Box Office Mojoによると、『Doogal』の一館あたり平均収入は
> 1555ドルだけど、『ハウルの動く城』は平均11888ドルだそうだ。

あぁ、そうだったのか。この事実は私の自国民に対する信頼を少しばかり取り戻させてくれたよ。指摘してくれてありがとう。私もBox Office Mojoから情報を得ていたんだけど、データを正しく解釈していなかったようだ。けどこの事実は私の怒りをさらに煽るものだね。どうしてThe Weinstein Companyのようディズニーほどあまり名も知られていない会社が『Doogal』を2000館以上もの映画館で上映しているのに、ディズニーは『ハウルの動く城』を202館でしか上映していないんだ? ディズニーが何を考えているのか分からないよ。

> えーと、彼の映画はアカデミー賞に2回ノミネートされているし、
> その内の1回は長編アニメーション部門作品賞を獲得しているよ……

うん。有りがたいことに映画批評家は多かれ少なかれ彼の作品を正当に評価してくれている。けど私は一般的な人達も問題の対象にしているんだ。

Kruszer ( USA )
カートゥーンは子供のためのものだから。それが( 馬鹿な )平均的アメリカ人の見方。アニメーションはキラキラしていてカラフルで、コメディに満ちたものでないと成功しない。例え我々自身がシリアスな創作アニメーションを作ったとしても、熱狂的なマニアしか観ないだろうし、得られる収入は宮崎の映画よりも低いだろう。

Analog_Now
えーと私はアメリカ人じゃないけど、原因はおそらく上映館数の少なさと、あとは彼らは宮崎映画のプレビューを観たときに、それをよくあるカートゥーンの一つだと考えるんじゃないかな。そうではないのに。

Dorcas_Aurelia ( USA )
嫌っているわけじゃなくて、無関心なんだ。アニメーション映画は一般的にアメリカにおいては、ディズニーやピクサーによる製作で無い限りは誰のレーダーにも引っかからない。それが作品の知名度に大きな影響を与えるからね。彼らはアニメーション映画といえばG指定( 一般 )の子供作品だと考えているし、そういう作品が無味乾燥で退屈で、その作品が対象にしている言葉もろくに喋れない子供達にとってすら娯楽性の薄いものだと知っているから、アニメーション映画が彼らの注意を引くことは無いんだ。

David.Seth ( USA )
> カートゥーンは子供のためのものだから。
--
> アニメーション映画は一般的にアメリカにおいては、ディズニーや
> ピクサーによる製作で無い限りは誰のレーダーにも引っかからない。

君らの意見はそれぞれに真実をついていると思う。けど私はそれでも全ての失敗は知名度という点に立ち返ると思うんだ。

何年もの間に多くのアニメーション映画が作られた。いくつかは良作だったし、いくつかは駄作だった。けどそれらの映画がヒットする要因は大抵の場合、映画のプロモーションと知名度によるものだ。1999年を例にとってみよう。この年にはワーナー・ブラザーズの『アイアンジャイアント』を含むいくつかのアニメーション映画が登場した。『アイアンジャイアント』は批評家に良く知られると同時に多くの賞賛を得たものの、貧弱なプロモーションと、この作品がディズニーではないというだけの理由でその興行収入は惨憺たるものだった。
アイアン・ジャイアント 特別版 [DVD]

実際のところ、ディズニーかドリームワークス製ではないアニメーション映画のほとんどは同じ運命を辿っている。そしてこの事実が、大抵のアメリカ人はディズニー映画でさえあればそれがどんな下らない作品(『ホーム・オン・ザ・レンジ』)であろうと飛びつくのだという考えを支持している。彼らに別のスタジオが製作したアニメーション映画を与えればどうなるか。ヒットせずに終わる( 『アメリカ物語』などの数少ない例外はあるが )。
アメリカ物語 (ベスト・ヒット・コレクション第10弾)【初回生産限定】 [DVD]
そうであるならば、ディズニーが『ホーム・オン・ザ・レンジ』の時の半分でもいいから『崖の上のポニョ』のプロモーション( コマーシャル、玩具、マクドナルド、etc )に労力を裂けば、この映画から大きな見返りを得ることが出来るのではないか?

既に出来上がっている映画で5000万ドルも稼ぐことが出来たらまさに濡れ手で粟じゃないか。『もののけ姫』がPG13だったことは分かっているし、『千と千尋の神隠し』は小さな子供にはちょっと難しすぎるかもしれないとは思う。けど『ハウルの動く城』や、( 願わくは )『崖の上のポニョ』は宮崎映画を観せるために子供達を映画館に連れて行くには最高の映画に見える。カモンディズニー。今回はトライしてみたらどうなんだ?

LuckySeven ( USA )
どの映画も上映館数が多くないし、広範囲で公開されていないという点を考慮する必要があると思う。『もののけ姫』が私の地域で上映されたとき、10日程度で『Half Baked』にリプレースされたのを覚えている。それに、当時その映画が上映されることを私が知ることが出来たのは、唯一地方新聞に掲載されたとても小さい広告によるものだった。新聞の中のその小さな広告を除いては、TVコマーシャルやその他のプロモーションの類は一切無かった。しかもその広告ですら初日に一度載っただけ。それ以外でその映画がまだ上映されているかどうかを知る唯一の方法は、実際の映画上映リストそれ自身しかなかった。こういった例の場合、私はアメリカの観客を完全に非難することは出来ない。実際に上映されているかどうかすら知らない映画を、どうしたら人々が観に行こうなんて思うだろうか。

Mr. sickVisionz
興行収入ばかり見ていては駄目だね。『千と千尋の神隠し』は最大714館で上映された。これに対して、『ポケモン』は最大3000館で上映された。アメリカであってもアニメは上映館数を充分に確保すれば成功を収めることが出来る。宮崎映画に対する冗談のような上映館数でさえ、一館ごとの収入で考えれば平均的、あるいは通常よりも素晴らしい成績を収めているのだから。

classicalzawa
> 興行収入ばかり見ていては駄目だね。『千と千尋の神隠し』は最大714館で上映された。

私もこれを言おうと思っていたところだよ。宮崎映画は最低のCGI映画製作会社が作ったいくつかの最低なCGI映画のように広範囲で公開されない。たいてい主要都市でしか公開しないんだ( そしてたいていうちの近くでは公開されない )。
あと、私が友達と一緒に『ウォーリー』や『レミーのおいしいレストラン』を観に行ったときのことなんだけど。プレビューを観ているときの子供達のリアクションっていつも決まっている。彼らはプレビューで下ネタジョークやフワフワしたCGIキャラクターが出てくる度に喉も枯れよと歓声を上げて、これが上映されたら絶対観たいと両親に対してせがむんだ。アニメーション映画やCGI映画に関して言うと、私が見た限り、それらの映画を観ようと言い出すのは子供達であって、そして彼らが観たがるのはいわゆる子供向けの作品なんだ。もし彼らの友達が全員、パトリック・ウォーバートンが声を当てているという理由で『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』を観にいこうとしていて、プレビューに彼らを惹きつけるようなユルいユーモアが有って、なおかつ彼らが両親を承諾させるほどに駄々をこねる能力を有している場合、彼らはその作品を観にいくだろう。私は子供達だけが『ウォーリー』のような映画を観ていると言っているわけではない。私は20歳だけど、幼い親戚を連れて行くためでなかったとしてもきっとこの作品を観たことだろう。けど、私が見た限り、『コラライン』が上映されていた映画館の観客の大部分は10歳以下の子供達とその両親で占められていた。私は単純に、こういった映画は広範囲での公開を保証するほどに充分なマーケット需要があるとは思わない( もちろん『ポケモン』のような例外はある。私はこれを映画館で真剣に観たよ。昔の話だけどね。それにあの時はポケモンカードという魅力的な特典もあったし! )。あるいは、アニメ = より子供向けのカートゥーン、という認識がアメリカでは存在するのと、CGIフェストではアニメ映画は上映されないという理由で、これらは子供達が観に行きたいと思わせるほどアピールしないんじゃないかな。

LordRedhand ( USA )
私自身は宮崎 / スタジオジブリが好きだから、評価が低いというのは新鮮な意見だね。とはいえ、宮崎 / スタジオジブリの映画は今や芸術映画として扱われていて、そうなると上映規模が限られちゃうんだよね。個人的な好みは『猫の恩返し』( ジブリ )や『カリオストロの城』、あるいは『千と千尋の神隠し』とかだけど。

Mr. sickVisionz
私はアニメはここアメリカでそれなりのマーケットを持っていると思う。2000館で上映されたら凄く成功したといえると思うけど、これらの映画が「公開された」というだけでもそれなりのものだと思う。基本的に外国の映画でありながら、それらの作品はたいていアメリカだけで総収入の半分を稼いでいる。
マーケットが無いことが問題なのではなく、マーケットが無いと担当者が考えていることが問題なのだと思う。こういったアニメ映画のいくつかは、30館程度でしか上映されていないにも関わらず100万ドルの興行収入を得ている。だからといって3000館で上映すれば1億ドルになるかといえば、そう簡単な話でもないだろうけど、それでも例えば『@Aナルト@A』のような作品を1500館で上映すれば、1500~3000万ドル程度の収入は見込めるだろう。これはその映画が作られた国における興行収入を上回る数字だ。

これでも驚くほどの数字ではないかもしれないけれど、これが莫大な宣伝費を費やさずとも観に来てくれるアニメファンから得られる収益であれば立派なものだろう。

sk1199
ディズニーが彼の映画を自社製作の映画のようにプロモーションしないのは、市場から得られる利益が少ないというのが理由の一つにあるんじゃないかな。自社の映画なら宣伝して得た利益は全て自分のものになる。それをすることで自分の食い扶持が減る可能性があるなら、どうしてその( 宣伝 )のために自分のお金を投げ捨てるようなことなどするだろうか。

David.Seth ( USA )
映画の配給に関する契約の具体的な内容は知らないけど、もしディズニーにお金が入ってこないのであれば、そもそも何故映画の権利を買ったりするの? というか、ディズニーはアメリカにおける興行収入やDVDリリースの収入の全てを貰えるんじゃないの? 誰かこの手の話に詳しい人いない?

LKK ( USA )
DVDがどれだけ売れているかという情報も合わせて考えた方がいいんじゃないかな。どこに売り上げデータがあるのか知らないけど。映画自体は公開される映画館が限られているから、DVDの販売数を見た方が一般的なアメリカ人が彼の映画をどう思っているか、その実態がよくわかると思う。私は『ハウルの動く城』以外の宮崎映画は全てDVDで観た。もしDVDの売り上げ( 可能ならレンタル数も )を知ることが出来たら、彼の人気をより正確に知ることが出来るだろう。

Descent123 ( USA )
彼の映画はどれも魅力を感じないな。私はティーンや大人向けの映画が好みだ( 『アップルシード』、『妖獣都市』、『攻殻機動隊』、etc. )。

Beltane70
何人かの人が既に書いているけど、宮崎映画は他のアニメーション映画と同様に、宣伝の不足や限られた上映館数のせいで大きな成功を収められないでいる。これはアメリカでリリースされるほとんどのアニメ映画に当てはまること。

私が住んでいるところでは『千と千尋の神隠し』はアカデミー賞を受賞してようやく上映された。



ポニョはアメリカではどうだったんでしょう。そういえばまだ観ていないです。早くレンタル出ないかな。





4860520076風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡
宮崎 駿
ロッキング・オン 2002-07-19

by G-Tools
[ 2009/05/19 23:28 ] 海外の反応 - アニメ | TB(0) | CM(97)
プロフィール

Author:よしずみ
リンクフリーです。募集中です。電脳世界の離れ小島は寂しいです。

検索フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。